FC2ブログ

未亡人風呂-濡れ肌(著:天崎僚介、フランス書院文庫)

2015/9/24 発売

未亡人風呂-濡れ肌

著:天崎僚介フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

お湯のなかで紅潮する柔肌、濡れそぼつ下腹の茂み……
三回忌の夜、入浴する美和子の熟れきった女体が、
ずっと抑圧していた航平の邪欲を呼び覚まさせ、昂らせた!
「美和子さんの濡れ肌、色っぽすぎる。もう我慢できない」
浴室で狂ったように性悦を貪り、絡み合う牡と牝。
その痴態をもう一人の未亡人・沙耶香に目撃されて……
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 「未亡人+風呂」に面白味のあるストーリー, 2015/10/7
前作『義母風呂』以上に情交シチュエーションとしての風呂がフィーチャーされた3作目。というか、あまり必要とは思われない場面でもわざわざ風呂場へ移動している感すら漂う固執振りだが、各ヒロイン宅の風呂場に旅先(旅館)の浴場といった変化は見られる。これに2人の未亡人を義理の姉妹としたことで面白いストーリーに仕上がった作品と言えよう。

【美和子】主人公の恩師にあたる大学教授が夫だった34歳の未亡人。その三回忌に主人公と再会するが、和装の喪服姿と白い肌で印象づけられる淑やかな美しさによって主人公は再び魅了されることに。と言うのも過去に主人公とは一度限りの関係があったからだが、それが話の要になっていく。

【沙耶香】大学教授の妹につき美和子とは義妹の間柄となる27歳は主人公と同い年。自身も1年前から未亡人だが、実は主人公への未練を残していたことで旺盛な嫉妬心と美和子への対抗心を次第に見せることに。スタイルの良さと溌剌とした性格で美和子とは好対照なもう1人のヒロインと言える。

最初は美和子がメインかと思うが、沙耶香とのダブルヒロインとした方が後にしっくりくる。何かと素っ気ない態度を見せる美和子の理由が後に判明して「なるほどねぇ」となるからだが、それがこれまでの官能小説ではあまり見られなかった未亡人の操と言えるからでもあろう。主人公との過去も含めて美和子が抱える「秘密」は歪みし夫婦愛であり、主人公への好感は持ちながらも最後まで矜持は保たれるのである。その代わりにストレートな感情をぶつける沙耶香が主人公への想いをさらに深めていく。

美和子の態度にせよ、その理由にせよ、諸々の疑問や違和感が最後に全て氷解する小説的な纏まりの良さで読後感は持ち直すのだが、何だか久し振りに見た愚鈍な主人公の振る舞いが鼻につく。そのくせ下心はしっかりあって、いざヤる段になると途端に積極的なゴーイングマイウェイになるのを最終的には未亡人が母性で包み込むとはいえ、「何でこんなヤツに美女が揃って寛容なのか?」といった心持ちにもなるので、もう少しは気の利いた主人公の方が良い気もした。

ついでに言えば今回の顛末の主謀者とも言える教授(美和子の亡夫)が何故か好人物に扱われる結末も不思議な感じがしたのだが、次第に経験を積んでいく主人公に翻弄されてしまう官能描写が場面も多くてどれも濃厚だったので「ま、いっかぁ」といったところか。
『未亡人風呂-濡れ肌』のレビュー掲載元


前作に引き続いて風呂にフォーカスした作品となっておりますが、今回は最初から狙ってきましたよね。(^^)

◆前作 - 義母風呂(2015年1月)



一度だけ遺影の前がありましたけど、後はぜぇ~んぶ風呂ww

あれ、なんでわざわざ風呂に入る?という場面もありましたwww

何が何でも風呂場で交わるというのも悪くはなかったですよ。



にゃらさんのブログに本作の紹介記事があります。
誘惑官能小説レビュー 天崎僚介「未亡人風呂【濡れ肌】」





あと、メインヒロインは夫から開発済みというのも前作と同様の設定でした。

そのせいか今回も情交描写が素敵にいやらしいのですが、これをストーリーの起点にもしていましたね。

ですから、遺影の前で交わるのもヒロインの背徳を煽るために主人公が仕掛けるのではなく、夫に対する1つのけじめみたいな、そんな意味合いがあってヒロインが用意したシチュエーションだったりします。



で、ナゼか最後は善人になる夫(笑)……これは不思議な読後感だったなぁ~。



まぁ、主人公のKYっぷりが今少し加減されていたらもっと良かったんですけど、それでもデビュー作をご紹介した際に記した「天崎僚介……その御名前、しかと覚えましたゾ!」との文言は間違っていなかったと改めて思えるクォリティだと思います。

◆デビュー作 - 音楽室の女教師-放課後の甘く危険な旋律(2014年6月)





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 天崎僚介

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天崎僚介「未亡人風呂【濡れ肌】」

天崎僚介「未亡人風呂【濡れ肌】」 (フランス書院文庫、2015年9月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 【あらすじ】 約2年振りに母校に呼び戻された航平は恩師の三回忌で夫人の美和子と再会した晩に離れにある浴室で情交に至るものの、かつて一度だけ結んだ関係の真意が理解出来ずにいた。しかし翌日恩師の妹から兄嫁との情交を問...

コメントの投稿

非公開コメント

風呂への執着はみごとです

DSK さま

>何が何でも風呂場で交わる

本当にその通りの作品ですね。風呂の形はいろいろありましたが、ここまでこだわると気持ちいいですよね。

脚本家の三谷幸喜さんは脚本を執筆する際に自分にある条件を課すそうです。
大河ドラマの「新撰組」では「一話完結」
王様のレストランでは「レストランの中だけで話を完結」
など、そうすることで新しいアイデアなどを湧かせるように自分を追い込むそうです。

交わりのシーンの中に風呂の描写をいれることで最後まで飽きないようにできていると思いました。

ダブルヒロインで、しかもどちらも「品」がある女性が官能の世界に溺れていくところが見所なので、ご指摘の通り主人公は愚鈍ではなく、もう少し品があった方が交わりや主人公とヒロインたちの人間関係が引き立ったという気がしています。
主人公や亡夫も大学関係者という設定なので「品」と「性欲」との上手いバランスが必要な作品だったと思います。

熟未亡人は亡夫によって開発もされているだけでなく、心から身を捧げていたため主人公との交わりが贖罪的な意味を持っていた感じも興奮できましたし、若未亡人が徐々に開発されていく様も対比できて良かったと思いました。
欲張りを言えば若未亡人が元々から好きだったとはいえ、溺れていく速さが早すぎたかなと思いました。

熟未亡人は二人の元から去る決意をして、最後にハーレムシーンを描いているのですが、強引な亡夫に調教されてしまうぐらいなのですから、ハーレム状態をこれからも続けていくというような感じで終わると読後感がもっと良かったかなと個人的には思いました。

趣向を凝らす難しさ

DSKです。
コメントありがとうございます。

>主人公や亡夫も大学関係者という設定なので「品」と「性欲」との上手いバランスが必要

そうなんですよ。
大学関係者なのになんでそんなおバカなことばっかり言ってるの?という気になるのですが、実はコレ、ヒロインが反応するからでもあるんですよね。ヒロインがスルーしていると読者もスルーしている部分はあると思います。

>ハーレム状態をこれからも続けていくというような感じ

どうせ愚鈍な主人公(笑)なのですから、最後はいっそこと「行かないでくれぇ~!お願いだぁ~!」と泣き叫ぶのもアリだったかもしれませんねぇ。

それで「しょうがないわね」となって、心の中で亡夫にそのことを報告しながらハーレムエンドでも良かったのかもしれません。

結末で皆揃って亡夫(若未亡人の兄)へ向くのは通常のエンディングとは一味違う形を苦慮した結果なのかもしれませんが、読んでる方は「別にそんなことしなくても、いつも通りでいいよ」みたいなところもあって、表現する側と受け止める側の感覚の違いが出るところでもありますね。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2