FC2ブログ

2周年が過ぎてたw

DSKです。
日頃のご閲覧ありがとうございます。

2013年9月3日に開設した当ブログが2周年を迎えていたことに10日以上経ってから気づきました。(汗)

いやぁ〜、早いものですねぇ。



この2年間を振り返ってみますと、官能小説を618冊、官能コミックは191冊、合計809冊の官能書籍を紹介して参りました。平均すると1日1冊以上のペースでしたが、今はレビューのストックが尽きておりますので(^^;)、今後はマイペースで関心の向くままに、ありのままに(古い)桃色煩悩琴線に触れる書籍や話題を提供していきたいと思います。



3年目に突入した当ブログをよろしくお願い致します!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメント

非公開コメント

おめでとうございます♪

こんばんわです。

こちらも記念日?だったんですね、おめでとうございます♪

意外とお互いブログ開設日は近かったんですねぇ。
かなりのハイペースで更新されてたので、もっと運営期間が長かったイメージがありましたが、2周年だったんですね。
…末恐ろしい(汗)

お互いマイペースで頑張りましょう♪

ありがとうございます♪

DSKです。
コメントありがとうございます。

>かなりのハイペースで更新

書籍サイトへ投稿したレビューをベースにブログ記事を書くというスタイルにしたものですから、そのレビュー(ストック)があるうちはとにかくブログへの移行作業のように進めていました。(笑)

これからは書籍の紹介に留まらず、官能的な話題を様々に提供できたらと思っています(という名のネタ探しw)。

今後ともよろしくお願い申し上げます。m(_ _;)m

新しい扉を開く出逢いに感謝

DSKさま

ブログ三年目のスタート。
おめでとうございます。

また、2年の間積み重ねてこられたことは私のような官能小説ファンにとって貴重な存在です。
本屋も少なくなってきて、青少年保護育成条例などが厳しくなり黒本コーナーも本屋から姿を消すといった状況では、通販に頼るしかなく、その際の道しるべになっているのではと思っています。

さらに先日のtokyo graffitiのように、サブカルである官能小説がカルチャー誌へ進出するきっかけ作りなどを演出されていることに頭が下がります。
(個人的にはtokyo graffitiという雑誌が面白く気に入りましたので、次号も購入してみようと思いました)

このような新しい扉を開くきっかけに感謝をしつつ、これからもブログを拝見していきたいと思います。

世の中はいろいろ騒がしいですが、淡々とサブカルの輪が広がっていくことを祈っています。

励みになります

DSKです。
コメントありがとうございます。

>本屋も少なくなってきて、青少年保護育成条例などが厳しくなり黒本コーナーも本屋から姿を消すといった状況では、通販に頼るしかなく

そもそも書店のレジで面と向かって買うには不向きなジャンル(^^;)ですから通販というのは最適な手段ではあるのですが、存在そのものがどんどん影のごとき扱いになっていく部分には懸念しますよね。

喜怒哀楽と申しますが、本来なら「喜怒哀楽エロス」だろうに!と思うのですがww

そんな中で拙ブログが何かしらの道標になるのでしたら、それに勝る喜びはありません。
ありがとうございます。m(_ _;)m

今後ともよろしくお願い申し上げます。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2