FC2ブログ

ジョギング奥さん-艶尻(著:葉川慎司、フランス書院文庫)

2015/7/24 発売

ジョギング奥さん-艶尻

著:葉川慎司フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

むっちり張り詰めたふともも、弾むEカップのおっぱい、
ランニング中の男たちを釘付けにする「誘い尻」……
悩ましすぎるフェロモンを漂わせる熟妻・まどか。
彼女は蒼太が高校生の時から憧れていた「先生の奥さん」。
成熟した美肉のすべてを手に入れたい、独占したい!
清楚で優しい奥さんは、豊満女体が刺激的な最高の人妻!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 恩師の妻との許されぬ関係, 2015/8/17 発売
表紙カバーイラストやタイトルで示すほどジョギングの場面は多くなく、艶尻とするほどお尻にフォーカスしている訳でもないが、陸上を志している大学生の主人公(21歳)が高校時代にお世話になった恩師の妻【まどか】(42歳)に恋しているところから始まる話。主人公を憎からず想っている娘【紗奈美】(19歳)が途中から出てきて三角関係(というか主人公の二股)っぽくなり、最終的には嫉妬心から娘には負けない態度を見せ始めて2人仲良く母娘丼の流れである。本来なら娘こそ主人公には相応しいと考えてはいる母と理解のある娘によって修羅場的な奪い合いもない、終始一貫した優しいテイストも含めて全体的には2009年の『人妻初体験−先生の奥さん』(著:星野聖)と良く似た印象を受ける作品である。

冒頭から想いを告げられているだけあって、情交の割と早い段階から母性のような愛情のような好意を主人公に向けるまどかだが、それにしては一度きりとつれなかったりもして一見するとブレているようにも見える。以前より母同然のように接して世話も焼いてきた主人公に向ける「母」の慈悲と、夫ある身という「妻」の矜持。それらが再び覚えた愉悦によって揺らぐ「女」の性。こうした3つの立場を巧みに活かした感情表現によってブレているように見えるのだとすれば作者はしてやったりかもしれない。揺れながらも妻の立ち位置を貫こうとするまどかと、それを何とかして翻したい主人公の執拗な求愛とが優しくせめぎ合う。そんな良さが淫猥度たっぷりな官能描写とともに描かれている。

元より主人公へは淡い想いを抱いていたフシのある紗奈美は積極的(挑発的?)な一面を見せるも主人公が押しに転じると恥じらいを見せ始めるような感じ。次第に恋仲へと発展していく中ではまどかの存在もあって負い目を感じ始める主人公だが、そもそもまどかという恩師の妻を寝取っている負い目もあるため、ここで二重の背徳を得てしまう深みが物語としてあったように思う。ただし、終盤で紗奈美が主人公とまどかに対して寛容なのは最初から主人公の想いを知っていたからだが、それによって展開としてはやや起伏に欠ける印象となるかもしれない。

そんな流れであっても紗奈美と主人公の関係を知ってからは変化も起こるまどかであり、嫉妬心から不意を突いて逆夜這いをかけるような可愛らしい積極さも見せたりする。最後は2人仲良く主人公を愛していくことを決意するに至るのだが、3Pの最後が紗奈美で終わるのは、まどかをメインヒロインに見ているとちょっぴり違和感が残るため、作者はダブルヒロインとしているのかもしれない。

優しいテイストに溢れた愛情と官能の物語とすればイイ感じに興奮しながら癒されもする作品と捉えることができる良作と言えるであろう。
『ジョギング奥さん-艶尻』のレビュー掲載元


家政婦生保レディ と続きましたが、今回ヒロインの職種は関係ない3作目ですね。

そして、ここまで10~11ヶ月のペースで上梓されてますから兼業作家さんか筆名兼任作家さんなのかな?といったところなのでしょうねぇ。



筆名兼任作家……う~む、本作はどうにも下記にご紹介している作品との類似性を感じますから、もしかしたらもしかして、なのかもしれませんねぇ。(^^;)ドウカナー?



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラ。
誘惑官能小説レビュー 葉川慎司「ジョギング奥さん」

愛好家Sさんのブログに投稿されている本作の紹介記事はコチラ。
4095『ジョギング奥さん【艶尻】』葉川慎司、フランス書院/フランス書院文庫、2015/07 発売●あらすじ高校時代から恩師の妻に恋心を抱いていた青年が、三年ぶりに再会した恩師の妻に想いを打ち明け情を通ずるも、その後の逢瀬には応じてもらえない中で、妹のように可愛がってきた恩師の娘とも深い仲になってしまう。●登場人物【加賀美蒼太】21歳。かつての駅伝の名門校、S工業大学四年? 大学駅伝の予選が三カ月後に控えている。...
4095『ジョギング奥さん【艶尻】』





どちらにせよ本作のように愛情を前面に出してくる作品は好きなんですよ。

まぁ、恩師の妻を寝取ることの是非はさておき、やっぱね、好きになった女をゲットするためには本作の主人公くらいアタックしないとダメですよね。(^^)

そんな必死さの伝わる良さがありました。



【関連作品】
◆人妻初体験−先生の奥さん(著:星野聖)
2009/1/23 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
(こんなに綺麗な奥さん、先生にはもったいないよ)
こぼれ落ちそうなバスト、くびれた細いウエスト。
39歳の人妻に注がれる、高校生の熱いまなざし。
映画のような初体験を夢見る16歳に奇跡の夜が!
経験豊富な熟女に女体のすべてを教わった少年は、
ついには寝ている先生の傍で彼女を抱こうと…。
(引用元:Amazon)

人妻初体験-先生の奥さん
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-557.html



本作を読んでる最中から思い浮かんでいた作品ですね。

なぁ~んか雰囲気が似てるんですよぉw





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 葉川慎司

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葉川慎司「ジョギング奥さん」

葉川慎司「ジョギング奥さん」 (フランス書院文庫、2015年7月、表紙イラスト:川島健太郎) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) ジョギング奥さん【艶尻】 [Kindle版]葉川 慎司フランス書院2016-03-11 【あらすじ】 同窓会の帰りに恩師の家に遊びに来た蒼太は3年振りに恩師の妻であるまどかと再会し、変わらぬ美しさに惹かれ告白...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2