FC2ブログ

隣りの人妻-蜜戯の園(著:霧原一輝、イースト・プレス悦文庫)

2015/7/10 発売

隣りの人妻-蜜戯の園

著:霧原一輝イースト・プレス悦文庫


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

家電メーカーに勤める48歳の菊地陽介は、妻と大学生の娘の三人家族。隣家の白井家とも仲は良好だ。白井家は、36歳・恒平と32歳の・智美の夫婦と、恒平の父親である喜一とが同居する三人住まい。何気ない交流のたびに、隣家の人妻を意識するようになった陽介だったが、ある日、ただならぬ様子で智美が訪ねてくる。妻と娘は旅行中で不在、よく見ると智美のブラウスはボタンが引きちぎれ、ひどく怯えていて……。幸せな二つの家族を取り巻く、欲望と淫気を赤裸々に描いた衝撃作!(引用元:Amazon)


★★★★★ 隣合う2家族の入り乱れた関係が艶っぽく描かれた力作, 2015/8/5
2013年9月〜2014年8月に全6回のシリーズとして電子書籍で発売された作品を文庫化したもので、白井家と菊池家という隣合う2家族が入り乱れる醍醐味と、それぞれの視点で描かれていく展開の妙が実に面白い作品である。

【菊池家の夫×白井家の妻】
熟年夫婦の上手くいかない夜の営みから始まり、お隣さんである白井家の妻【智美】との不意に訪れた関係に至るまでが菊池家の夫【陽介】の視点で描かれる。普段の貞淑さと昂ぶってからの淫蕩さという智美のギャップがいやらしさを後押ししているが、多くを語らない智美の態度が以降への引きを強くする効果をもたらしている。

【オンナが解放される菊池家の妻】
上司の不倫現場目撃に端を発しながら上手くいかない夫婦の営みの中でも遊び気分で行った軽い緊縛プレイが背景となって、さらには夫の浮気への疑惑もあって、自分に興奮してくれた夫以外の男の意外なほど巧みな責めに翻弄されてしまった菊池家の妻【佐知子】の視点によるオンナとしての再発見が淫猥に描かれる。また、これが契機となって、同様に自分を女として見ていた「第2の男」への取引含みの誘惑が次の伏線となるであろう気配を漂わせているのはさすがの構成と言える。

【板挟みの苦悩を抱える白井家の夫】
流れが菊池家から白井家に移っていく中で視点は夫【恒平】に変わるが、職場の部下とも浮気中な様子。しかし、その理由は菊池家と同様に白井家も夫婦の営みが上手くいっていないからであり、同居している父親がその元凶のようである。頭の上がらない父の処遇に苦慮している半ば自業自得な板挟みでもあるのだが、そんな閉塞感を打ち破ろうともがく恒平が智美を責め立て、智美も諸々の負い目という枷を外して乱れるいやらしさがある。

【お年頃(?)の悩みを抱えた菊池家の娘】
引き続き恒平の内面に迫りながらも、それを菊池家の娘【優佳】の視点で、優佳の悩みも盛り込んで展開する巧みさに唸ってしまう。20歳の娘さんらしさが全開な清らかさを感じさせる情交に仕上がったのは作者の慈しみだろうか。一見して清楚な娘さんにも年相応の、そして人には言えない悩みがあることを描きながら、同時に恒平もまた時には人間味を垣間見せる1人の素敵な男であることを描くことができたのは、自暴自棄に陥った恒平でも決して落ちぶれてはいなかったことも一役買っているようである。

【エスカレートする不倫と義父との関係が変わる白井家の嫁】
陽介とのめくるめく情交で全てを忘れてしまいたいほどに溺れながらも、それを他人に知られてしまったことから考えを改めようと思った矢先に今度は義父の秘めていた劣情が現れるという連鎖が白井家の嫁【智美】の視点でかなりいやらしく描かれる。庇護欲を抱かせる佇まいが無自覚な魔性にも連なる魅力と、どうしても抗い切れない肉欲への憂いがコンパクトに纏められている。

【抑えられぬ欲望が家庭内不倫にまで至る白井家の嫁】
智美のどうしようもなく抑えの効かない肉欲への渇望を描くにあたり、とうとう義父の【喜一】の視点で退廃的な情交がじっくりねっとり描かれるに至った。恥じらいながらも破廉恥な庭仕事中のアプローチから2人きりな昼下がりの情事が淫猥度たっぷりに続く。

そして、変わらぬ日常という仮面を被り続けるような両家の関係が逆襲を企てる男の一撃で……?という結末には破滅的悲劇のテイストを感じさせるものがあった。昨今の甘い着地に馴れた読み手には意外と感じるオチかもしれないが、この2家族がこのまま生活を続けることがあってもよいのか?という作者なりのメッセージと受け取ることもできよう。
『隣りの人妻-蜜戯の園』のレビュー掲載元


元は『特選小説』(綜合図書)で連載されたのを2013年9月~2014年8月に電子書籍で全6回のシリーズ短編として発売された『隣家の園』を紙の書籍で改めて発売した作品のようですね。

電子書籍シリーズ:隣家の園〈全6回〉(愛COCO!)
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-160.html




霧原作品には過去(2010年10月~2011年12月)にも同様のパターンがあります。

電子書籍シリーズ:蜜のしたたる宿〈全8回〉(愛COCO!)
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-938.html




連載を担当される先生ならではの発売方法なのかな~?と思いますけれども、文庫が出てから電子化されるのとはちょっと異なる、分割のシリーズ短編として出ていたのが後にひと纏めされて文庫化されるというのは試みとしてちょっと面白い気がしますデスね……連載漫画が単行本化されるのと似ているような。

漫画に比べて普及が進んでいないと言われる小説(書籍)の、電子化への1つの方策として悪くないと思いますよ。



【新作情報】
◆嫁の手ほどき(竹書房ラブロマン文庫)
2015/8/19 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
◎淑やかな嫁が義父に性のレクチャーを…
◎名手がおくる斬新なる禁断エロス登場!
五年前に妻を亡くした五十二歳の安西寛之は、会社を早期退職し、枯れた生活を送っていたが、友人たちと呑んだ際、恋人を作ると約束してしまう。そして、恋人づくりの活動を始めるが、精力も減退し、男としての自信も喪失している寛之には荷が重かった。そんな姿を見た嫁の遥香が、恋人づくりの手助けを買って出る。最初は服装や会話の指摘だったが、義父の精力を甦らせるために、自慰行為を見せたり、フェラチオをしたりと、嫁のレクチャーは淫らなものへとエスカレートしていくのだった…!書き下ろし禁断回春ロマン。
(引用元:Amazon)



ここ数作は再び嫁ヒロインの回春路線が続く霧原作品ですが、今回はいつにも増して激甘な予感がしますねぇ。(^^)





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : イースト・プレス悦文庫 霧原一輝

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2