FC2ブログ

淫授業-黒い下着の叔母(著:露樹満、フランス書院文庫)

1993/11/23 発売

淫授業-黒い下着の叔母

著:露樹満フランス書院文庫


Amazonはコチラから。

叔母・沙也子のスキャンティは濡れそぼっていた
甥の一物で貫かれ、蹂躙されたいと願って……。
身をすり寄せて勉強を教える叔母から牝香が漂う。
露わになる乳房、太腿、そして黒い下着……
受験の特別授業が淫授業へと変わる時、
二人は恥も外聞も理性も捨て去り性獣になった。
(引用元:公式サイト


★★★★★ 美しくも哀しい禁忌の相姦物語, 2015/8/2
デビュー作『妻は実母』が1985年10月なので「黒本」黎明期の1人と称してもよかろう。その後は1年に1作前後のペースで上梓が続いた通算7作目が本作である。28歳の人妻高校教師にして叔母であるヒロイン【沙也子】と、教え子でもある主人公との美しくも哀しい相姦禁忌の官能物語はまさに哀歌・挽歌(エレジー)と言える趣だった。

中盤辺りから同級生の女子生徒が一時的に登場するが、これは沙也子と主人公の想いを再確認させるための役割の方が強く、官能面も含めて明確にヒロインと呼べるのは沙也子であろう。叔母と甥、教師と生徒……海外出張中の夫がいる身でもあることから許されない関係だと憂うものの、肌身に感じる安心感や次第に募っていく愛情のような想いに揺れ動く沙也子の心情がずっと描かれていく。長らく夫が側にいない空閨も後押しする。主人公もまた叔母と甥という関係を超えて沙也子への恋情を募らせていく。しかし、冒頭で描かれるのは好色な体育教師からの理不尽な凌辱である。この体育教師は所々に出てきては下衆な振る舞いを繰り返しており、最後は物語の結末をも担っている。

最後の方でようやく結ばれておしまい、という展開が当時の主な作風なのだが、本作ではその後にお互い(特に沙也子)の心が解放された形で貪り合うような情交が描かれている。この作者の特徴で台詞を多用するような直接的な情交描写ではないものの、お互いの心が遂に真正面から向き合い、絡み合うクライマックスは切なさも湛えた2人の実質的な行く末ということもあって美しく淫猥に爛れている。そして、急転直下の悲劇によってドラマはさらに哀しい高みへと上っていくのである。

なお、沙也子の夫に実の母との親子以上の関係があるのは後の作品『二人の美母・魔性の血淫』にも同様なシチュエーションで見ることができる。
『淫授業-黒い下着の叔母』のレビュー掲載元


公式サイトを確認しても2015/8/6現在で電子書籍化されていませんから、現時点では古本を探す以外に入手の方法がない1993年の作品であります。Amazonの画像がちっちゃいのしかないものですから無理矢理引き伸ばしましたww

先日、拙ブログで初めて紹介した1994年作品がありましたけど、本作もまた初めて紹介する1993年作品となりました(通算608冊目)。

……まぁ、新作の合間合間に時間を見つけてはせっせと旧作も読んでるDSKなのでありますw



まだ7作目の露樹作品ですからセリフ控えめの状況説明主体な情交描写で正直物足りないのは事実なのですが、下衆な同僚教師に凌辱される冒頭になかなかのインパクトがありまして、ストーリー的にも実によろしかったことから突然の悲劇となる結末にもドラマ性を感じました。

読み返すほどにじわっと良さが滲み出る旧作、といったところでしょうかねw




DMM.make DISPLAY


関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 露樹満

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2