FC2ブログ

ヅマちち(著:葵ヒトリ、MDコミックスNEO)

2015/3/28 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

人妻堕ち、ここに極まる。ただひたすら人妻エロスを描き続けてきた著者が遂に辿り着いた、窮極無比のヅマワールド!! ほとばしるほど淫猥な、こぼれおちるほど管球句で、むせかえるほど濃密で、超弩級ヒトヅマ凌辱劇、開幕。(引用元:Amazon)


★★★★☆ そろそろ別の顔も覗かせてほしいところ, 2015/5/7
前作『メタモルフォーゼ-セレブ妻の性宴』(キャノプリCOMICS)から1年4ヶ月振りだが短編集としては『熟妻ハニー』(メガストアコミックス)以来の2年4ヶ月振りとなる新作(全10編)。この期間に描かれた作品が並ぶので僅かながら画風に変化もあったりするが、さほどの違和感はない。ただ、キャリアを積めば相応に変化していくのは致し方ないとはいえ気になるのは以前と比べて画風そのものと言うか筆致が変わっていることだと思う。良い意味で人妻らしく崩れた女体描写なのであろうが、全体的なタッチには粗さが目立つようになった印象。変な描き癖でもついてしまったのかもしれないが、例えば個人的に名作認定している『ヒトノツマ』(イズミコミックス)の頃に比べて美麗さは少々失われているとも感じる。

また、人妻路線に絞ってしばらく過ぎた現在では、これはこれとして安定した1つの手法が確立されたと思うので、人妻ヒロインは程々に残しつつ、そろそろ毛色の異なる世界も見てみたい。巻末にはテイストの異なる作品『雨宿り』が収録されているが、これは以前の作風で久し振り感こそあれ新味は無いものの、結末にも違いがあることから受ける読後の印象は他と一線を画すものがあった。その意味では後ろ向きな発想かもしれないが過去のテイストをリブートするのもアリかもしれない。

本作収録の各話については良し悪しにバラつきがある印象。優しい(けどちょっとズルい)義父の執拗な愛撫に屈する『しあわせな週末』や唯一の前後編で寝取られ感が白眉だった『LOVE IS ALL』といった好印象な作品があれば、営業マンが持参する玩具で一人遊びに昂じる『月曜日の妻(カモ)』は結末こそ捻りがあるものの全体としては面白味に欠ける。あとは『夏のゴキゲン』に出てくる勝気な人妻は良かったのだが相手の軽薄さが鼻につくとか、つまり「中には光るのもあるし全体として悪くないんだけどなー、何かちょっと足りないなー、何かちょっと違うなー」から突き抜けないもどかしさを感じてしまうのはファン故の重箱の隅突きだろうか。その方向性自体は桃色煩悩琴線に触れることこの上ないだけに初見ならば相当な興奮を誘われるとは思うのである。
『ヅマちち』のレビュー掲載元


ここ最近の葵センセの作画なんですけど、本作のタイトルがまぁ『ヅマちち』なのですが……人妻+乳なのは明白ですが……その乳の熟女感がどんどんエスカレートしているようでしてw

巨乳なのは良いんですけど……ありがたいことなんですけど……さすがに少々だらしなくない?ww

そんな気がしておりますデス、はい。



いや、レビューにも記したように漫画家のタッチが変わっていくのは当然だと思います。

上手くなっていくものです。

でも、時にデフォルメが過ぎて「以前の方が美麗じゃね?」と感じることも少なくなく……。



やっぱり丁寧に描かれてるなぁ~と感じさせてくれる漫画が好きですね。





葵ヒトリ
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 葵ヒトリ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2