FC2ブログ

人妻静子のどうしようもない疼き(著:みき姫、ニチブンコミックス)

2013/6/19 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

高級住宅街に棲む誰もが羨む静子の暮らし、だが徐々にその日常は浸食され始めていた。転職後大阪に単身赴任をした夫に対し芽生えた浮気疑惑。それはやがて確信へと。涙ながらに夫の部屋を出た静子は隣人・喜多と出くわす。十も離れた年下の男。やりきれない思いは隠されていた静子の「疼き」を爆発させ、二人の関係はどんどん深みに……!! 絶好調みき姫がまたも女の「仮面の下の欲望」を暴き出す!! (引用元:Amazon)


★★★☆☆ ストーリー展開重視で官能面がやや割を喰ったか, 2015/4/30
みき姫」名義で本格的に独立して以来、幾つか作も重ねたことで今回はストーリー展開にこれまでとは異なる何かを盛り込もうとしたのだろうか。実際に違いが感じられる結末ではある。ただ、それが影響したのか定かではないが、官能面での物足りなさは否めず、ちょっと勿体ない形になってしまった印象である。

夫の浮気に端を発する妻の悲しみと虚しさからの結果的な腹いせであり、その一線を越えてはいけないと逡巡を繰り返すところなどは良かったと思う。娘にも影響を及ぼして家族がバラバラになっていく哀れも表現されており、登場人物それぞれの思いと想いも描かれていた。

ただし、ろくでもない夫が一番悪いのは明白ながら、家族が崩壊一歩手前にまで落ちるのを助長したのは誰か?家庭を大事にしようとしていながら実は保身を第一と自覚せずとも意識していたのは誰か?となれば妻ばかりに同情を向ける訳にもいかず、それが本作のテーマとはいえ、ギリギリまで妻の矜持を保とうとしていたとはいえ、その背徳感はやや減退していたように思われる。

また、一度は「あちら側」へ自ら堕ちてしまった妻ならば「こちら側」に戻るのも自らの意思でなければならず、それを諭してくれた存在はいたし、多少は改心した様子の夫ではあったけれども、そもそも戻るに値する夫だったのかな?といった疑問も沸いた。

凛とした妻の気高さを示すべく正面からの見据えた表情を多用した作画は印象的だったが、そんな人妻へ迫るには男が(いろいろな意味で)ちょっぴり若かったかな。
『人妻静子のどうしようもない疼き』のレビュー掲載元


師匠たる艶々先生の路線はイイ感じに継承しつつ独自の視点、とりわけ女性からの視点をさらっと盛り込むところにみき姫先生の良さはあると思っているのですが、その独自色の盛り込み方……その方向性と量ですよね……が今後の躍進で鍵を握るところじゃないかな~?とも感じています。



『序破急』で言うところの「破」に入り始めているので、これまで培ってきたモノをどれだけ打ち破って独自の色を打ち出して行けるのか、そして、その後に到達するであろう我が道を進む「急」にはどのようなモノが生まれているのか……。



なんかエラそうなこと言ってて恐縮するばかりですが(汗)、楽しみに期待しているんですよぉ。





みき姫
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : みき姫

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2