FC2ブログ

微熱看護(著:鷹澤フブキ、悦の森(無双社)文庫)

2010/4/22 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

右腕、右脚を骨折して不自由な入院生活を送る高校二年の広海はなぜか贅沢な個室病棟で、今日も夢美を待っていた。事故のお詫びというにはあまりに熱烈な美人議員秘書の口唇、秘唇の奉仕。さらには、担当の巨乳看護師梨乃の淫靡な介護にまるで少女のように喘がされてしまう。議員の娘の美人姉妹までが個室病棟に顔を出し、ませた妹・美織のいけないおねだりに…。(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 程良いフックを効かせつつもシンプルなストーリーは心地良いが若干の物足りなさも, 2015/2/16
右腕と右脚を骨折して入院というのは、同じ右側なので松葉杖が使えずベッドで寝ている期間が長引くのと自慰ができない(左利きの男は自家発電も左動力なのだろうか?)という点で面白いと思った。主人公が入院する原因となった交通事故に物語の核心を盛り込んだストーリーはある程度の予想がつくものの面白味はあり、それに付随する人間模様を絡めたヒロイン達の構成も悪くはなかったが、その展開の行く末が至ってシンプルなために、良い恋愛ストーリーではありながら官能的な盛り上がりにはやや欠けるところもあって、全体としても若干の物足りなさを感じた作品と言わねばならない。

舞台が病院なのでナース、それも30代前半の看護師長が出てくるのは想定内ながら、加害者として議員秘書が出てくるところで「おや?」と思わせ、次には何故か議員の娘とその妹が出てくるところにストーリーの妙がある。クールでいかにもデキる女という20代後半の秘書は常に平身低頭で謙虚なのだが、それが過度なところに理由があり、本心を打ち明けたいのに打ち明けられない18歳の娘(姉)や、事故とは別のところで内心思うことがある妹(何と13歳の中学1年生)といった具合に、それぞれの思惑や秘密があってこの3人はそれぞれ少しずつズレている。

また、清楚なお嬢様として完璧なるが故に姉妹の一方とは情交シーンがなく恋物語の純粋なヒロインでしかないのだが、17歳の主人公と恋仲になりながら交わらないという意味で官能小説らしくなく、裏を返せば他方とはかなり大胆でチャレンジングな官能描写があることを意味している。マドンナメイト文庫にも作品がある作者ならばさもありなん、と言えば分かる御仁も少なくなかろう。しかも、予想以上におマセなので好みも分かれるところかも。ただ、姉妹らしい年頃の悩みもあって憎めない面もある。

女性が優位に立って男(主人公)を妖艶に翻弄する描写が多いのは作者らしくもあり、官能的なクライマックスでは「アンタもかい」という看護師長との繋がりも、ついでに言えば30代前半の若さで看護師長に抜擢されている理由も見えたのだが、結局のところ、サブヒロイン達としか交わらないために愛情を傾けた情交が希薄(というか皆無)なところでどうしても物足りなさが生じてしまったのかもしれない。ベッドから動けないために騎乗位が多くなることも含めて。
『微熱看護』のレビュー掲載元


出版された当時(2010年)は「無双社文庫」だったのが今は「悦の森文庫」にレーベル名が変わっています。

なので、拙ブログでは『悦の森(無双社)文庫』という表記としました。

加筆・修正+改題の再販本を多く出してきたレーベルという印象ですが、本作は書き下ろしです。



表紙カバーに描かれた女性はたぶん議員秘書だと思いますが、女性にもアピールするイラストデザインですよね。

そして、Sチックな女性が主人公を挑発気味に誘惑していくのは鷹澤作品らしいところですが、本作はむしろ控えめな方かと。

ついでに言えば、作品全体のテイストも鷹澤作品にしては控えめというかおとなしいと思っていたら、1年生JCとの情交が盛り込まれていました。(^^;)

昨年までランドセル背負ってたかと思うと……その先はお好みで。(笑)





鷹澤フブキ 悦の森文庫 無双社文庫
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 悦の森文庫 無双社文庫 鷹澤フブキ

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2