FC2ブログ

彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻(著:山口陽、フランス書院文庫)


彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻 (フランス書院文庫)彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻 (フランス書院文庫)
(2012/02/23)
山口 陽

商品詳細を見る

★★★★☆ 捻りを利かそうとの展開と結末だが根本変革を望みたい, 2013/1/18
彼女はもちろんのこと、その母(未亡人)や姉(新妻)と絡んでいく、むしろ彼女よりも絡んでいくのは悪くない。思わぬ出会いからお互いが求めあい、許されぬ関係を彼女の母と育む中で彼女の姉が出歯亀的に割り込んでくる展開も、最後は彼女自身も巻き込まれるような形で主人公を頂点とする関係に発展していく結末も悪くない。とりわけ本作では彼女の母との関係にフォーカスした大胆な幕引きとなっている点で相応に捻りを利かそうとの意図も感じる。官能場面も描写もしっかり用意され、高校生主人公のムスコに悩ましくも淫らに乱れてしまういやらしさに溢れている。本作は「黒本」の誘惑作品として及第点もしくはそれ以上の出来映えとは思う。

しかし、基本的な部分において本作は「黒本」の累計的な展開と結末に沿っているからこそ安定感を得ながらもどことなく物足りない……そんな印象にもなると思う。いや、様々な部分で趣向を凝らそうとの意思は感じるし、予定調和結構!官能要素が充分なら結構!という基本スタンスでもあるのだが、それはそれとして小説なりのドラマ性もある程度は欲しいと考えた場合、ぶっちゃけてしまうと、ハーレムエンドを前提とし、それを年端もいかないティーンな主人公(しかも最初はチェリー)が担う「黒本」誘惑系の基本構成を踏襲する以上、その枷によってどうやっても最後は似たような読後感と印象になってしまい、そして、そんな似たような作品が連発されるといったイメージへと繋がるのだが……。これに対して何かしらの根本的な変革が望まれると考えてしまうのは高望みだろうか?

もしかしたらタイトルに過剰な期待を抱いた結果かもしれず、そうであれば本作が矢面に立ってしまったようで申し訳ないところでもあるが、そろそろ「黒本」の若手~中堅辺りから革新的な「黒本」作品の登場を望みたいところである。
掲載元
------------------------------

これ、白状しますとそれほど書くことがなかったんです。(汗)

いや、作品としては全然悪くないですよ?むしろ良好ですよ?

しかし、「黒本」に限らずレーベルのテンプレ展開って読み続けると飽きるんです。(大汗)

これも確か似たようなのを連続で読んじゃったからだと思います。m(_ _;)m

フランス書院文庫 山口陽
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 山口陽

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2