FC2ブログ

玲子先生と麻貴先生-顧問女教師を調教したあの日(著:但馬庸太、フランス書院文庫)

2013/7/23 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

(先生を絶対逆らえないようにしてやる!)
水泳部顧問・玲子の熱心な指導を逆手に、
居残りレッスンで垂涎ボディを貪り尽くす。
書道部顧問・麻貴を無防備な背後から襲い、
獣の格好に拘束して熟肉を奪う超絶クンニ地獄。
25歳と34歳を僕専用に躾ける、最狂の学園調教!
(引用元:公式サイト)


★★★★☆ 責めに抗う教職の矜持と覚えた愉悦との狭間, 2015/1/25
但馬作品を幾つか既読の諸兄には伝えることが無いくらい普段通りの但馬作品である。ただし、普段ならば学生主人公が大半なことで学校が舞台となることも多いのだが、今回は2人のヒロインも共に女教師としたことで普段以上に学校を意識した内容とも言えるだろう。官能場面は全て校内および関連施設という徹底したシチュエーションである。教師と生徒という許されざる関係へ引き摺り込まれることに抗う矜持と、それでも次々と植えつけらていく愉悦との狭間で懊悩するヒロインの悩ましさがしっかり描かれた作品である。

【玲子先生】 保健体育の教師にして水泳部の顧問は25歳
普段から生徒を苗字で呼び捨てにする勝気さがある若手教師は水泳であと一歩のところまで登り詰めた経歴のアスリートでもあり、それだけに真面目で謹厳実直でもある。クールな美貌は憧れの的であり、全体の半分を超える4章を用いてじっくり責め立てられるメインヒロインと言える。部活動だけでなく体育(水泳)の授業でも生徒達のすぐ傍というシチュエーションで羞恥プレイを絡めた責めを浴び、声も出せずに悶絶させられている。しかし、カラダは肉欲に堕ちてもそれを自覚しようとはせず、教職の矜持を保ってなかなか堕ちない玲子先生。これが諦念にも似た心持ちで我慢の限界を超え、ココロのタガを外す(というか手放す)のはもう1人の女教師が登場してからである。

【麻貴先生】 国語教師にして書道部顧問の34歳
恋人になってほしいとの想いが歪に強過ぎたことから悪魔少年に変貌してしまう主人公だが、それでも無垢な気持ちもあって、恋愛についても自分なりに考えたりしている。それがまた独善的な屁理屈なのでますます凌辱の色が強まるのだが、そんな主人公が狙いを定めた2人目のターゲットが麻貴先生。玲子先生と学園を二分するマドンナであり、玲子先生とは対照的に温和で可愛げのある先生として描かれている。また、玲子先生の半分(2章)で纏められていることや、クライマックスでの立ち位置などからも麻貴先生は明確にサブヒロインであろう。籠絡の手口は玲子先生の時とほぼ同じながら、シチェーションの違いと麻貴先生に付された隠れ属性によって変化がつけられているのは巧みと言える。

最終的には2人の先生が鉢合わせてお互いの状況を知るところとなり、観念するかのように隷属していくのだが、この直前の僅かな時間経過によって、いつの間にか麻貴先生の方が先に出来上がっていたのは面白味のある演出だった。ついついおねだりしてしまう麻貴先生の羞恥が可笑しくもありつつ、そのギャップが玲子先生にも驚きを伴って伝播していくことで矜持という羞恥の根源からの解放という本作のテーマを最後まで破綻なく描くことができたように思う。
『玲子先生と麻貴先生-顧問女教師を調教したあの日』のレビュー掲載元


表紙を見る限り、というか、どう見ても『顧問女教師を調教したあの日』がメインタイトルで、「玲子先生と麻貴先生」はサブタイトルだと思うのですが、そして実際にAmazonやhontoでは「メインサブ」の順で表記されているのですが、おそらく「先に書いていある方から順番に記載」といったルールでもあるものと思われる出版元のフランス書院文庫では「サブメイン」の順になっても構わないのでしょうね。

ということで、フランス書院公式サイトの表記に準じてみました。

……正直、あまりしっくりきませんけどね。(^^;)



さて、但馬作品ですが、相変わらずの安定振りですw

それでも舞台や設定には忠実で、今回も女教師という属性に徹したシチュエーションでガチンコな凌辱描写がてんこ盛りであります。

安定した作風をベースにしながら作品毎に味付けをちょっぴり変えているところが但馬作品の魅力と言えそうです。



愛好家Sさんのブログで紹介されている本作の投稿記事です。
1946『玲子先生と麻貴先生 顧問女教師を調教したあの日』但馬庸太、フランス書院/フランス書院文庫、2013/07 発売●あらすじ水泳部顧問の女教師に憧れを抱く少年が、勢いで迫って手コキをしてもらい、厳しく強い印象だった女教師の被虐的な様に昂ぶりを覚え、想いが歪んで凌辱するに至り、書道部顧問の人気女教師にも欲望を向ける事になる。●登場人物【唐沢浩介】童貞。黒城高校二年。水泳部のキャプテン。【柴崎玲子(れいこ)】2...
1946『玲子先生と麻貴先生 顧問女教師を調教したあの日』







但馬庸太 フランス書院文庫
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 但馬庸太

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2