FC2ブログ

六人のいけない人妻(著:常盤準、マドンナメイト文庫)

2014/12/11 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

昼下がり、電話が鳴った――。一本の電話をきっかけに、平凡な人妻が淫らに堕ちていく。専業主婦、セレブ妻、女教師たちが隠している、夫には見せない本当の顔とは!?おいしい人妻たちのエロスを描いた極上の傑作短篇集!(引用元:Amazon)


★★★★★ 不意の訪れから始まる昼下がりの情事な短編集, 2015/1/18
読んでいる途中から気づいたのだが、各話が全て『昼下がり、電話が鳴ったー。』で始まっている。巻末に初出掲載の記述が無いために書き下ろしと勝手に判断しているが、こうした「縛り」を課して執筆するアイデアは面白いと思う。この書き出しからも推測できるように、人妻の昼下がりの情事をテーマにした全6編の短編集である。

セールスマンや宅配業者、あるいは通っている診療所の医者といった、専業主婦と接点のできやすいタイプから職場の元上司に教え子のような仕事で接点のある(あった)タイプ、そして同窓会で再会したかつてのクラスメイトという過去の繋がりまで、人妻の周辺を取り巻く「夫以外の男」がほぼ網羅されている悩ましい設定。

その中で、電話を受けることから始まる、つまり、少なくとも序盤のヒロインは総じて受け身で自らは不倫など望んでもいないのに、ふとした出会いからときめくものを覚え、押され気味ながら関係を持つに至り、逆に終盤ではヒロインの方が積極的にのめり込んでしまう展開をメインとしている。そんな文字通りな昼下がりの情事にして、タイトル通りにいけない人妻達の末路は滑稽ながらシニカルでウィットを感じさせるものが多く、読物としての面白さもあった。電話を受ける際のちょっとした違いで人妻のキャラを描き分けているのも巧みであり、各話の冒頭で読み手を「掴む」機能も果たしていたように思う。

そんな情事の始まりから終わりまでを描いているだけに、各話30頁強から50頁弱という少ない紙面に反して官能要素は高い印象。夫の帰宅を気にする場面がほぼ毎回出てくることからも窺えるような物語との相乗効果のある、官能小説ならではの描写だったのがその理由かもしれない。
『六人のいけない人妻』のレビュー掲載元


どの話も『昼下がり、電話が鳴ったー。』で始まることが分かれば、表紙カバーイラスト(ええイラストやのぅ)が受話器を握っているのも納得ですよね。

中身ときちんとリンクしているカバーイラストは良いです。

絵師さん(あるいは担当編集者)がきちんとお仕事されているように感じます。



さて、収録されている6編ですが、これが粒揃いでなかなか良いです。(^^)

不倫なんて気にも留めていなかった人妻がふとしたきっかけからトキメキを覚え、漠然とした日常の、何となく感じていたようないなかったような潜在的な不満から溺れていき、そしてノメリ込んでいく感じがどの短編にも滲み出ていました。

そんな怠惰なひとときが瞬時に崩れ去るような結末に至るまでをコンパクトに纏めたストーリー展開も冴えていましたし、何より官能描写が良かったですわ。(^^)





常盤準 マドンナメイト文庫
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 常盤準

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2