FC2ブログ

人妻強奪-夫の目の前で…(著:佐伯秋彦、フランス書院文庫)

2009/8/24 発売

人妻強奪-夫の目の前で…

著:佐伯秋彦フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

(あなた許して。こんな姿にされてしまって)
背後からの突きに合わせて自ら尻を揺らす妻。
抜き差しされる結合部からは淫らな恥音が……
貞淑な人妻を淫獣に変える男の狡猾な手管。
痴態を見つめる夫は不可思議な興奮に囚われていた。
菜穂子、真梨子……暴かれる人妻の本性!


★★★★★ ストレートなタイトルに偽りなしの短編集, 2015/1/12
これだけ直球ど真ん中なタイトルを冠した自信が窺える短編集。巷のNTRスキーな御仁ならば既に読了済みかもしれない2009年の作品だが、それでも敢えておすすめしたい寝取られ物語、全5編である。1編で60~70頁のボリュームがあって思いのほか読み応えがあり、官能場面も相当な興奮を誘うものだった。

第1章 菜穂子 三十四歳の秘密「夫を助けたかっただけなのに……」
失踪した妻を探す夫。その行方は理不尽で無慈悲な場所だったが、単に攫われただけでない見せ場もあって悪くない。夫からの視点で描かれるために寝取られ感はたっぷりながら話の経緯や理由などが分からず最初は「何だかなぁ」といった心持ちにもなる。しかし、それは次の話で晴れる。

第2章 清美 二十八歳の変心「見ないで、犯されて感じる私を」
全く別の話ながらその関連性が後半から透けて見え、クライマックスに至って第1章とは対の関係になっていることが分かる構成が秀逸。清美の視点で描かれることで第1章の妻(菜穂子)も同様に堕ちてしまったのかと思えば腑に落ちる趣向である。

第3章 真梨子 三十八歳の不貞「ごめんなさい、今夜は帰れないわ」
章題のように真梨子が呟く場面はないが、序盤の電車痴漢から中盤の雲行きが怪しくなる流れを経て結末に至る、つまり全編に渡って軽くミスリードされているような意外性の連続に唸ってしまう個人的本作白眉の一編。破滅的ながら被虐の美が咲き乱れる官能描写も興奮度の高いもの。

第4章 美佐子 二十五歳の痴態「嫌なのに……私は逃げられない」
この一編のみヒロインが兄嫁。正体不明の男に嬲られ、抗いつつも悶え始めてしまう姿に劣情を覚えるのはこれまでとさほど変わらないが、その凌辱者が判明し、挑発されてからの、これまでとは異なる主人公の行動が違いを生み出している。ヒロインを兄嫁にしたのも納得。

第5章 香苗 三十二歳の過去「私の恥ずかしい姿を見てほしいの」
出てくる男共の下衆っぷりで言えば本編が随一であろう。最後を飾るに相応しい外道な話だが、これはたぶん寝取られと言うより「寝取らせ」要素を軸にした『寝取らせられ』と呼ぶべきテイストではなかろうかと。

短編集なのに「章」で区切られているのは違和感もあるが、寝取られという共通のテーマによる統一性を持たせたかったものと推測する。仄暗く救いも無い話ばかりだが、それだけに路地裏でひっそり佇む徒花のごとき被虐の官能美が儚く写し出されているような、そんな気にもなった作品集だった。
『人妻強奪-夫の目の前で…』のレビュー掲載元


DSKの中で佐伯秋彦先生と言えば短編作家。

実際はそうでもないのかもしれませんが、そんな印象です。

そして、以前に読んだ『狼の放課後-女教師レイプ名簿』が正直イマイチだったので今回はどうかな~?と思いながら読みましたが……



今回は良かったです。

すんげー良かったと言っておきたいw



NTRスキーな皆さん全員集合~!とお声掛けしたくなる内容でした。

こうなると目下の最新作も気になってくる始末ですわ。(^^;)



◆目下の最新作
2013/6/26 発売

七匹の人妻-つけ狙われて


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
(誰かが私を見ている……ずっと見張られている……)
マンションの窓外に亜矢子が感じる不吉な視線。
夫が出張でいない夜、人妻の前に姿を現わした凌辱者。
リビングに押し倒され、下着を引き剥がされる35歳。
抉り込まれる肉茎、悲鳴はいつしか嗚咽に変わり……
澪香、由貴、ゆり子……飢狼に狩られる七匹の美妻!





ただ、こちらだと7編収録でしょうから各編のボリューム的にどうかな?などと読む前から思ってみたり。(汗)

寝取られってやっぱシチュエーションの盛り込みが少ないと薄っぺらくなっちゃうと思うんです~。

でも、Junpei F. さんのブログ記事を拝読すると何だかよさげ……あれ、ますます気になってきちゃったよ!w



Junpei F. さんのブログ記事
あなたの彼女は巨乳ではないし、あなたは巨根ではない件。 「七匹の人妻【つけ狙われて】」(佐伯 秋彦) - 人妻官能小説の紹介・感想・レビュー!



……これは Kindle Unlimited の出番かww





※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 佐伯秋彦

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2