FC2ブログ

いかにして母は女を解放したか2(著:御手洗佑樹、マグナムコミック)

2014/12/25 発売

いかにして母は女を解放したか2

著:御手洗佑樹、マグナムコミック


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

息子の友人・桐野との関係を精算する為に苛烈なセックスを強いられる春香。悦び痴態を晒す春香を目の当たりにした息子・静也にも屈折した感情が芽生え、母に対する「男」としての欲情を募らせていく。肉体の疼きに抗えず、ついに一線を超えてしまう春香と静也。そんな彼らに桐野が告げた衝撃の真意とは……。静也の初体験、そして桐野の秘められた過去を描く番外編と、本編の後日談も完全収録した御手洗佑樹の描く淫欲の母子物語、ここに完結!!(引用元:Amazon)


★★★★★ 全てを乗り越えた2人が辿り着いた相姦の神髄, 2015/1/8
前巻が『いかにして母は女を解放したか』とタイトルのみで続巻の気配が見られなかったことにより「後半は単行本化されるのだろうか」と思っていたが杞憂に終わって何よりである。いよいよ母子相姦へと至るクライマックスと、思いのほか纏まり良く収まって溜飲の下がる結末を見ることができた。

春香:「母」を解放して「女」になってから再び息子の元へ「母にして女」として帰ってくる。
静也:春香の息子が発する心の叫びは母子相姦の本質を伝えるものでもある。

【第9話】
前巻のクライマックスにして物語全体の折り返しでもあった前話であれほど危機的に演出されていた「危険日の中出し」がまるで何事も無かったかのように次の場面へと移っているのは「?」だが、新たに登場した教育係の女性によって官能的には本巻随一の責められ方で悶絶ここに極まる春香である。この教育係の女性は別の形で後にも登場する。

【第10話】
事の次第を知ってしまい自暴自棄になった静也との相姦、その序章が第10話の後半から始まる。母を求める静也の言動は哀しみを湛えた自問でもある。

【第11話】
風呂場から寝室、翌朝のキッチンへと続く静也の執拗な押しに戸惑う春香。母子の心がすれ違うところに助け舟が現れる。

【第12話】
ここから絡まり合った状況の是正が行われ、終わりに向けて動き出す。

【第13話】
いや、それは犯罪でしょ、といった春香の行動だが「母」としての最後の意地ということか。そして、ここから相姦のクライマックスが始まる。涙ながらに呟く静也の台詞は母子相姦の真意そのものであり、第10話から続く自問への自答でもある。そのストレートな想いに全てを悟った春香も再び「女」を解放する。

【第14話】
全てを乗り越えた2人の情交が延々と続く。春香がこれまで味わってきた性技と快感が全て凝縮されたかのようなシーンの連続は、それまでの男の存在を静也という「新たな男」によって塗り替えられるようでもある。

【最終話】
夜通し続いた激しい情交は朝を迎えて第2ラウンド。お尻まで責められる春香だが、再び前に挿入するならきちんと洗ってからにしようネ、などといったツッコミもしたくなるところ。ここから一気に全てが収まる結末へと向かうが、そこにあるのは外道にも残っていた良心なのか、外道にも戻ってくるべき「母」が戻ってきたからなのか。

正直なところ、そんなにことが上手く運ぶだろうか?といった都合の良さも無いではないが、性根の腐り切った真の悪者はいないとの作者のメッセージにも感じ取れる幕の引き方は悪くなかったと思う。前巻で広げた風呂敷を徐々に畳んでいく展開でもあったために道筋も整理されて読み易かったのも好材料。もっとも、この悪夢を仕掛けた少年(桐野)の手の平に最後まで乗っていたように見ることもできるのだが、そんな桐野“悪魔”少年が誕生してしまう秘話は後のエピソードで描かれる。


平穏な相姦生活を続ける春香と静也の3年後が描かれている。成長した静也はもちろんのこと、凄味すら感じさせる妖艶さが増した春香のしっとりとした色気を描き分けているのは秀逸なところ。どうしても必要なエピソードではないが、あると2人の幸せなその後を知ることができて良い。

前編・後編
前日譚として、今回の顛末の張本人だった桐野少年の過去が前後編として描かれる。桐野の歪み切っていた心は自発的なものではなかったことが判ると共に、同じく「母」が「女」を解放して(実際は解放させられて)戻ってこなかった場合の悲劇が描かれている。本編を読み終えた後だけに深みも増すエピソードである。
『いかにして母は女を解放したか2』のレビュー掲載元


個人的には艶々先生やみやびつづる先生の後を継いでほしいと密かに期待している母子相姦の旗手ですから、本作が単行本として完結できて何よりでした。(^^)

あれだけの悪童がそうも手の平を返すかな?と思わなくもない面もありましたけど、物語としては上手く纏まったと思います。

あと、本巻第13話のような、いくら同情の余地があると言っても、母の矜持を見せる場面だったとしても、やっぱり犯罪行為と見られてしまう描写はこれからさらに名が知れてくると描けなくなるでしょうから、今のうちに描けるだけ描いておきつつ今後は異なる展開も模索しておいた方がいいかも、と要らぬ老婆心ww



今回は本編15話+アフターストーリー+外伝といった構成でしたけれども、いずれは3巻(24話)もしくは6巻(48話)の長編に挑んでほしいですね!



前巻の投稿記事はコチラ
いかにして母は女を解放したか 2014/3/25 発売
http://dsk18.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

 ← 1巻の立ち読み



関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 御手洗佑樹

コメントの投稿

非公開コメント

熟女感、満載でした

DSK さま

前々から気になっていたのですが、ようやく読了しました。

熟女の描き方もこんなスタイルの女性がいたらいいなという感じでしたし、自分の子どもと同級生に堕とされていく過程で、より大胆になっていくのが好印象でした。
特に、むにゅというのでしょうか、胸やお尻の柔らかい感じが熟女感を一層引き立てていたと思います。

物語の展開も、まだまだ幼くなよなよとしていた主人公が、一見同じ穴の狢っぽい女性との出会いをきっかけに成長を遂げていきます。さらに最後、悪童が「お前も改心するんかい」(笑)という展開も読後感をよくしてくれたような気がします。

年上の女性との出会いをただの交わりとするのか、自分の成長の糧とするのかで、その先の結果を大きく分けるということを母子相姦という禁断の物語から読み取れる珍しい作品でした。

漫画を避けていましたが、久々にいい作品に出会えました。DSKさんのレビューのおかげです。ありがとうございました。

ありがとうございます

DSKです。
コメントありがとうございます。

御手洗先生の描く、ちょっとえげつない感じを盛り込んだ背徳感がツボでして、これによって結末にギャップを生み出すことができるのが特徴的かと思っています。

ストーリーや構成、作画の全てにのびしろを感じますから、今後の活躍に期待する先生の1人ですね。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2