FC2ブログ

友だちのママ・美乳交姦(著:名鳥悠、フランス書院文庫)

1999/7/23 発売

友だちのママ・美乳交姦

著:名鳥悠フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

少年が見たのは衝撃的な光景だった!
自分の母を背後から貫いているのは親友の真一。
美乳を背後から揉まれ、恍惚に喘ぐ「女」は、
今まで見たこともない淫らな母親の姿だった。
フラフラと家を出た少年はある決意を抱く。
見てろ、ぼくだって真一のママと姦ってやる!……
(引用元:Amazon)


★★★★☆ W主人公・Wヒロインの交姦が冴える, 2014/12/23
名鳥悠」名義では唯一の作品だが、2人の少年がそれぞれ他方の母に好意を抱いて交姦に至るという寝取り・寝取られの醍醐味を味わえる作品として印象に残るであろう。双方に実母との相姦はなく、あくまでも友人の母のみが対象となっているところにイマドキ(2014年)のフランス書院文庫では味わえない良さがある。

【真一】 前半の主人公(15歳)で高校一年生
【隆史】 真一の同級生(15歳)で真一の友人

<裕美子>隆史の母(39歳)で可憐な人
<陽子> 真一の母(38歳)で妖艶な人

「真一×裕美子」の前半と「隆史×陽子」の後半とに大別される構成だが、そのアプローチとして真一が子供の頃に目撃した裕美子と夫との夜の営みや、今は未亡人となった裕美子の新しい結婚相手候補の存在などが序盤では背景として描かれ、幼い頃から憧憬の念を抱いていた真一の心が友人(隆史)の母への想いなのだと気づかせる伏線にもなっている。また、裕美子への劣情を妄想する場面も少なからずあって、そうした諸々の感情が裕美子を求めるに至るのだが、清楚な奥ゆかしさのある裕美子には若干のMっ気もあることが判明してからは羞恥プレイも交えつつ若さに任せた責めを見せ始める真一である。息子の友人として接してきた真一の変化に戸惑い、押されながらも昂ってしまい、次第に自ら求めてしまうに至る裕美子の被虐的な官能も興奮を誘うものである。

そして、そんな2人の関係を知って憤りを感じるのが隆史である。自分の母を奪われたとする隆史の感情は次に友人(真一)の母へと向かうのだが、ここでは隆史の心の奥底にある母への想いを陽子が汲み取ることで前半とは趣を異にする関係にしているのが上手い。空閨もあって隆史にカマを掛けつつ誘っていく陽子が艶っぽく、また、美容院を営む陽子の部下として【夏江】という33歳の人妻を登場させて3Pを盛り込む変化もつけていた。その代わりと言っては何だが、隆史や陽子の心情もしっかり描写していることもあって肝心の官能描写には物足りなさも残る。

この2組の行方がどうなるのかと思ったが、結末は意外に(良い意味で)あっけらかんとしたものだった。最後にようやく出てくる学校の、しかも屋上を上手く活用しての修羅場でもない肯定的な鉢合わせは新鮮でもあり、本来なら許されない背徳の関係ながらもこれはこれで良いのかな?と思える幕引きには妙な爽快感すらあった。要するに母交姦にして息子交姦は双方にとって然るべき結果だったということなのであろう。
『友だちのママ・美乳交姦』のレビュー掲載元


母子交姦を真正面からがっつり描いた、DSK的隠れ名作ですね。

母と友人の関係を前半でしっかり描いてから、それを窺い知ってしまった息子の寝取られと憤りを挿んで矛先が友人の母へと向かう後半という構成で2組の入れ子母子カップルをしっかり描いたと思います。

この何とも言えない関係が最後にちょっと意外と言いますか、当時(1999年)ならば罰当たり的な悲劇の結末もアリだと思うのですが、これが実にスカッとした肯定的な幕の引き方でして、これで読後の全体的な印象が変わりましたね。



関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 名鳥悠

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2