FC2ブログ

双熟〈ツインズ・ラブ〉(著:上高野御池、アクションコミックス)

2006/10/12 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

あこがれの美女が、何と双子の姉妹だったなんて…!? 顔立ちも、ナイスなボディラインもウリふたつだけど、性格は正反対、お互いが張り合って恋のライバル。男の子をめぐっての骨肉の争い…肉体を駆使してのバトルが続く!! (引用元:Amazon)


★★★★☆ 最後の詰めの甘さが全体を押し下げてしまっている, 2009/11/9
恐ろしいほど爆乳な表紙だが中身はここまでではなく、むしろ熟れた果実を思わせる美麗なお姉さん達である。また、想像できるような双子の単純な入れ替わりに留まらず、同じ容姿ながら正反対な性格が若い頃は逆だったという設定がなかなか上手だと思った。これにより、清楚で奥ゆかしい姉に一旦官能スイッチが入ると妹よりも積極的で激しく求め始めるいやらしさが効いている。間違えられるのを嫌って片方が髪型を変えるという意表を衝く面白さもある。

基本は真面目な主人公の奪い合い展開で、嫉妬を絡めて妖艶に誘惑を仕掛ける双子がかなり良いのだが、全9章のうち、双子の妹が3人目のヒロインとして現れる第8章(実質的な最終章)の結末と、双子の過去を描いた第9章で少しおかしなことになってしまい、作品全体をダメにしてしまっているのが激しく残念である。

要は蛇足の2連発。特に過去編だから致し方ないのであろうが、このテの作品に主人公以外の男を2人も出されては読み手としてあまり嬉しくないのである。色気たっぷりのお姉さん2人と主人公で充分だったのに余計なことをしてへんてこりんな結末にしたものである。

主人公との同居生活を説明するための妹の登場だったり、過去編の男2人がどちらも主人公によく似ていることで双子の未来(主人公との出会い)に繋げようとする意図は理解できるのだが、その代わりに何だか腑に落ちない、納得しかねる複雑な感想に至ってしまうのである。

これはおそらく早い段階で3Pに移行してしまい、その後に奪い合いを描いたことに原因があるように思う。これにより話の着地点を見失ったように見受けられるのである。双子で主人公を共有するのは最後の妥協点なので描き方が逆なのではなかろうか。第7章まではホント良かっただけに勿体ないと思った。
『双熟〈ツインズ・ラブ〉』のレビュー掲載元


「うえたかの おいけ」と読む上高野御池先生の作品ですが、レビューでは我ながらまぁ重箱の隅を突きまくっているものの(^^;)、それでも星4つですから、その部分を除けばホント良かったんだと思います。



しかし、紙媒体(コミック)の増刷は今後おそらく無いであろう2006年の作品が電子コミックで存続しているってのはありがたいことではありますし、何より過去資産の使い捨てから蓄積に移行していく良さもあると思いますよね。

歌謡曲がJ-POPと呼ばれるようになってから「流行歌」という言葉が消え、昔の楽曲であっても歌い続けられているのは懐メロとは異なる高みにありますから、官能分野においてもそんな蓄積の時代が到来するかも、いや、既に到来しているのかもしれませんね。

上高野御池
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 上高野御池

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2