FC2ブログ

耽溺れる…-喪服義母・制服義妹(著:仁科一樹、フランス書院文庫)

2009/9/24 発売

耽溺れる…-喪服義母・制服義妹

著:仁科一樹フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。

(こんなに濃いなんて、それにすごい匂い)
呑みきれなかった精液が、喪服を飾るレースをけがす。
夫を亡くした三日後からはじまった悪魔の性調教。
高校生の貪欲な肉茎が、この家のすべてを塗り替えた。
遺影の前で美臀を並べ貫かれ美牝へ堕ちる33歳と16歳。
「離さない、義母さんも優花も僕だけのものだから」
(引用元:Amazon)


★★★☆☆ 調教が続くだけの後半にもう一捻り欲しい, 2009/11/2
マドンナメイト文庫でデビューした作家の次作がフランス書院文庫というのはかなり珍しいのではなかろうか。33歳の義母とその娘(義妹)16歳を調教する悪魔主人公(義息)18歳の開発・調教話である。義母や義妹の心情描写を主軸に書かれているので、女から牝に堕ちていく過程が被虐的である。

亡夫の葬儀当夜(あらすじには『三日後から』とあるが、序章の章題が『葬儀の夜に』である)にいきなり義息から襲われる冒頭から義母の陥落までの前半は素晴らしい流れ。突然の襲撃で混乱し困惑する義母だが、その秘密の本性が決定的に示された亡父の遺品によって拒絶の手段を絶たれ、好いように扱われてしまう展開が悩ましくも艶めかしい。ところが、この義母の本性によって前半で早くも完堕ちしてしまうため、残念なことに後半があんまり面白くないのである。

愉悦に浸るあまり、義息に向かって思わず敬語でおねだりしてしまい、はっと我に帰るような演出もあるのだが、どちらにせよ後半はどうしても義息からの調教が続くだけの展開になってしまっている。途中から娘が堕ちるまでを挿み込んで、しかもそれを義母に見せ付けるような形にして展開に起伏を持たせてはいるが、そもそも主人公にメロメロな娘なので、義母と主人公の関係を知って激しいショックは受けるものの、母と同じ血筋だからと案外あっさり納得してしまい、すぐに母娘揃ってのご奉仕である。最後までなかなか堕ち切らない流れであれば義母の抵抗と拒絶が最後まで描けたように思えて残念である。

あと、語尾が『~されるのね』や、『~なのね』ばかりな義母の独白表現にも一工夫が欲しいところ。藤堂慎太郎作品を思い出してしまったのは、ある意味皮肉である。嗜虐的な主人公にかしずく被虐的なヒロインが好物な諸兄にお薦めする。
『耽溺れる…-喪服義母・制服義妹』のレビュー掲載元


2009年1月に『奴隷なカノジョ』(マドンナメイト文庫)でデビューされてから同年9月に「黒本」で本作を上梓、その後は再びマドンナメイト文庫から2010年10月に『玩具なカノジョ』を出されてから音沙汰がなくなってしまった仁科一樹先生の作品です。

2016/9/20 現在でもご自身のブログに動きがありませんから、官能方面でのお仕事は長期休暇中なのでしょうか。



全く以てどーでもいい余談ですが、メインタイトルを「耽溺れる(おぼれる)」と読ませるのはイケていたのに、表紙カバーの中央にある作者名を白で囲って黒字としたのは、そのまま白ヌキ文字だった方が断然洒落ていると思いました。

……ホント、どーでもいい話でしたね。(^^;)タラッ





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 仁科一樹

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2