FC2ブログ

竹書房文庫版のリアルドリーム文庫?

新刊の検索などをAmazonでつらつらとしておりましたらば、下記のような作品が目に止まりました。

リアルドリーム文庫作品で見られるような「イラスト」という項目が著者欄にある竹書房文庫作品です。

「黒本」でも一時期は記載されていた「イラスト」著者名ですが、表紙だけでは……と思ったのか今はありません。

なので、ジュブナイルポルノかリアルドリーム文庫、あとはライトノベルのように表紙だけでなく挿絵も盛り込まれている小説には設けられている項目だと今は解釈しておりますが……。

※hontoに「イラスト」著者名の記載はありません。



2014/12/25 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

今日が終わっても…私は元に戻れるの…?
西村亮太と咲菜は28歳のおしどり夫婦。夫に愛されて幸福な咲菜だったが、たった一つの不満は亮太の精力が淡白なことだった。そんな咲菜はふとしたキッカケから、かつて同僚だった翔二に脅迫され、彼に抱かれることになってしまう。夫が与えてくれない快楽を味わい、少しづつ翔平との情交に溺れはじめる咲菜。そして亮太もまた、パートナーを他人に抱かせて興奮するスワッピング趣味の男と出会い、新たな興奮に目覚めてゆき…!? 妻を寝取られる陰惨な興奮、他人に抱かれる鮮烈な快楽。背徳に揺れる夫婦がたどる、切なく甘い寝取られラブロマン!
(引用元:Amazon)





「著者:月野京、イラスト:甘詰留太」のコンビで描かれた作品なのですが、興味深いのは2013年にも同じコンビで作品が出ていて、他に「月野京」名義の作品が無いことです。

その2013年の作品がコレ。



2013/9/12 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。

平凡な青年の守田友彦は、ご近所の姉ゴ肌な椿乃麻里子と互いに意識しあいながらも、あと一歩が踏み出せない微妙な関係。そんなある日、友彦は奔放な綾音に見初められてSMプレイの手ほどきを受ける。マゾの綾音を縛って淫らな肉体と快楽を味わう友彦だったが、やがて麻里子もまたマゾ願望を抱えていると知り、彼女に縄をかける背徳の欲情が抑えきれなくなって……!?(引用元:Amazon)





DSKの目視(^^;)では「イラスト」著者が併記された竹書房文庫作品は他に無く、この2作品だけが異質なんですよね。

そして、甘詰留太絵師は官能コミック方面で多数の作品を出されていますが、月野京先生はこの2冊だけ。

さらに、その2冊の「イラスト」は必ず甘詰留太絵師……ますます異質なんですよぉ。



これはもしや竹書房文庫から出されているリアルドリーム文庫みたいな挿絵入りの稀有な作品なのか?



などと勝手に妄想しておりますが、読まれた方はどんな内容か教えてプリーズw

あらすじを読む限りは表紙のテイストに反して意外とハードな気もするんですよねぇ。

う~む、謎だ…………。

月野京 甘詰留太
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房文庫 月野京 甘詰留太

コメントの投稿

非公開コメント

2作とも買ってます。
中身はけっこうハードな官能小説でした。
もっとも私はそれがいいのですが。
イラストもなかなかエロくてハードです。
一章に一枚入ってます。
おすすめです。

DSKです。
コメントおよび作品情報ありがとうございました。

やはり挿絵が入った作品でしたか。

竹書房作品としてはホント珍しい部類に入りますよね。

内容もなかなかよさげで気になります~。
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2