FC2ブログ

新妻【贖罪】-私は牝になる(著:北都凛、リアルドリーム文庫)

2009/9/30 発売

新妻【贖罪】-私は牝になる

著:北都凛リアルドリーム文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。〈携帯版〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

夫が起こした事故をきっかけにして、
卑劣な中年男に肉体関係を迫られる人妻・美帆。
(ごめんなさいあなた。こうするしかないんです……)
一度肌を許すと、ずるずると関係を続けることに。
リビングで、寝室で、ひなびた旅館で。
襖一枚隔てた隣に夫がいながら、快楽に溺れてゆく。
(引用元:公式サイト)


★★★★☆ 軽い凌辱と粘着質な開発・調教, 2009/10/23
長編としての前作が『新妻と誘拐犯-密室の48日間』(フランス書院文庫)なので随分久し振りな気がする。そして随分ライトになっている。ヒロインをじっくりねっとりじわじわと堕としていく過程が肝の作風に変わりはないので、ある意味これがイマドキの凌辱作品なのかもしれない。つまり、前作のようながっつりハードで無理矢理な内容を期待すると肩透かしである。

極めて王道な設定にストーリーに結末、特に前半はあまりにウブなヒロインの弱い抵抗振りと、その割に早い絶頂にイマイチな印象もある。69までの第一章から正常位(第二章)、後背位(第三章)、対面座位(第四章)、騎乗位(第五章)と変化も乏しい。

しかし、まるごと1章かけて1つの体位での交わりに持ち込むまでの過程がかなりいやらしい。時を変え所を変えて執拗かつ様々な迫りと責めで追い込むのである。この辺りはなかなかナイスと言える。弱みを握られていることであからさまな抵抗も拒絶もできないヒロインも、その心こそ折れないのだが、理性に反して昂ぶる官能に困惑しながら翻弄されていく様や、次第に慣れてしまい、狂わされて訳が分からないまま受け入れていく変化を上手に描いている。この中盤の流れは狡猾な中年男からの実にねちっこい開発と調教であり、未知の愉悦を覚え込まされたヒロインは各章で必ず絶頂に達して中出しされている。

そして、クライマックスとなる第六章では一転して後背位~まんぐり返し~お尻という連続技で盛り上げるのだが、ここでストーリー的にも絶妙な捻りを2度効かせた、ちょっとしたどんでん返しで深みを持たせている。ここに至ってようやくヒロインの心も完全に堕とすことに成功するのである。また、これらを補う挿絵も抜群である(絵師さん GRIFON 氏だったのね、納得)。読了後には「悪くないな」と思えるし、何より実用度は高い作品である。
『新妻【贖罪】-私は牝になる』のレビュー掲載元


北都凛先生の凌辱にしてはソフトに入って、ソフトなまま進んでいくなぁ~と思っておりましたらなかなか激しいクライマックスでイイ感じの盛り上がりを見せた作品ではないでしょうか。

レビューではいろいろと書いてますけど割と好きな作品として印象深いですよ。

やはりね、1人ヒロインがじっくりねっとりいたぶられるいやらしさ。「新婚=初心」という設定にして未知のめくるめく快感を注ぎこまれ続けるいやらしさですよねぇ。



絵師さんの「三顕人」は旧名義「GRIFON」の時代にお世話になった方々も少なくないのではないでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 北都凛

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2