FC2ブログ

H two(著:天野雨乃、メガストアコミックス)

※右側は紙媒体(コミック)の表紙。
2008/8/19 発売

H two

著:天野雨乃、メガストアコミックス


Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。〈電子コミック〉

業界震撼の"H"再び...4年ぶりのコミックス。カラー32P+描き下ろしあり!! 随所にカラーページが挟まるお得な仕様。(引用元:Amazon)

【最高のメス豚が群れ集う…。】女子校生がキモおやじのいいなりに…女キャスターがカメラの前でチンピラ達のおもちゃに…新婚人妻が夫のいない間に義父汁で…――輪姦。屋外露出。寝取られ。ラバースーツ。奴隷。調教。犯される事が悦びになるまで続く、獣欲の楽園!(引用元:DMM.R18)


★★★☆☆ 超絶美麗な描写と変態趣味は本作でも健在, 2009/10/21
前作から察するに作者の印象は「超絶美麗な女性を描く変態作家」なのだが、これは本作でも揺らがない。つまり、本作も前作と同様に無慈悲でバッドで変態的に突っ走っている作品である。

まぁ、タイトルからしてこれは充分に予想可能なことではあるのだが、続編としての何かしらの上乗せはあまり無く、大量の素材を前作と本作の2冊に分けたような印象でもあり、ストーリー展開からくるいやらしさや破壊力についてはむしろ前作の方が上。なので少し辛口になってしまうのだが、それでも前作の数字に倣って色に拘った遊び心のある各話のタイトルやカラー4頁のSSに光るものはあるし(【皇女 エレナ】はブサイクな王子といい、珍しいコメディ落ちといい実にナイス!)、相変わらずの美しさと麗しさで描かれる女性の悩ましくも艶めかしい様を堪能することはできる。

また、本作にも大きい方の粗相があって作者のよほどの排泄好きも窺い知れるが、今回は全身ラバースーツという、これまた趣味全開にして正常(?)な読み手を困らせる作品がある。ラバーで包まれた肢体では昂ぶらない人のためか裸体を並べてイメージを補完しているが、このために同じポーズの女性を時に2つずつ描かなくてはならないのに、それを厭わず作品として完成まで漕ぎつけているのはある意味天晴れというかさすがだと思った。どちらにせよ好きな人には堪らない作品だとは思うが、やっぱり万人向けではないと言わねばなるまい。

あと、要素に欠けるところは特に無いと思うのだが、なぜか実用にだけ欠けるところがある。いろいろな意味で不思議な作品という言い方もできると思うのだがいかがだろう。これだけ美麗な女性を描くのだから、良い意味で没個性なフツーの作品を見てみたいのだが、これだけマニアックでディープなのが好きな作者では無理っぽいなぁ。
『H two』のレビュー掲載元


紙媒体(コミック)にあった胸の♡マークはデザインだと思ってましたけど、カモフラージュだったのですか。

つまりは書店で置かれた(平積みされた)時にどうか、というのが1つのガイドラインであることが判りますね。

ならば、電子コミックの方が「攻める」こともできるということですよね!



前作『』の記事にも書いた「鬼才」との表現に偽りなし!という天野ワールドが本作でも炸裂していますw

そして、レビューに記した『超絶美麗な女性を描く変態作家』も偽りなし!



…………あの、ほ、褒め言葉ですから!(^^;)タラッ



ベクトルは異なるのですが、なんか、こぅ、まぐろ帝國先生と根っこの部分で同じくしているような世界観ではなかろうかと……。(^^;)チガウ?





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 天野雨乃

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2