FC2ブログ

嫌い=好き(著:板場広し、MUJIN COMICS)

2007/7/24 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

好きでもなんでもなかったはずの谷口と、なぜかセックスしてしまった妙子。二人の関係はどんどんエスカレートしていき、教室、廊下、屋上と場所を選ばずにヤリまくります。妙子の友人、裕美まで巻き込んで3Pにまで展開しちゃって、3人の関係はどうなっちゃうの・・・?その他、COMIC真激に掲載された「妹ボタン」など、人気連載と読みきり作品を一挙に収録!(引用元:DMM.R18)


★★★★★ 中編に光る存在感あり, 2009/8/19
女子高生のカワイイ系な表紙に反して中身は凌辱に次ぐ凌辱で壮絶に絶頂を迎えたり、無慈悲な結末だったりする結構ハードな、一連の板場広し作品と同等の内容だが、特に本作の中枢を成す中編2連発が素晴らしい。

【嫌い≒好き(全4話)】
毛嫌いする同級生から執拗に迫られ続け、半ば無理矢理に合体、中出しを繰り返され、最後は降参気味に恋仲となる話。あからさまに嫌悪しながらも実は結構優しい一面もあって、なんだかんだ言いながら男の求めに応じてしまうヒロインが可愛らしい。パッとしない男でも愚直に、ストレートに愛を叫び続ければいつか伝わるんだなぁ、などと非現実ながら思ってしまったりもする。コメディチックな要素もあって楽しい作品でもある。

【落員(全3話)】
うだつの上がらない担任教師をからかったばかりに逆襲にあい、凌辱を繰り返される話。同じく厳しい態度で接してくる同僚女教師が陰でヒロインの父親と不倫していたり、そのおかげでヒロインの母も肉欲的に堕ちていて爛れた生活をしていたりといった複雑な要素が絡み合って切なくも無慈悲な結末に至る。これら女性陣全員と担任が関係を結ぶのは当然ながら、最後は「なんだかすげぇーな」という自習時間でのヒロインが少し可哀想なくらい。

他にも兄嫁と密戯を繰り返す【変容】(兄嫁の最初の姿が恐ろしく妖艶な美しさ)や、ゲームをしながら妹と結ばれる【妹ボタン】、デパートの下着売り場に勤める主人公がドSな女性警備員と女王様的情交を結ぶ【Watch man】、友人の母(これまた若くて妖艶)が、友人不在の隙に主人公を誘惑する【花芽】といった、どちらかと言うと艶っぽい短編が並ぶ。「板場作品で読むとしたらどれにしよーかな?」という諸兄には充分過ぎるほどおすすめ出来る作品である。
『嫌い=好き』のレビュー掲載元


成年コミック【18禁】で作を重ねて名を上げた漫画家先生が青年コミック【非18禁】へと進出していくのは、幅を広げるという意味でも、あるいは商業的な側面からもステップアップの道筋かと思いますが、そんな道筋の中で板場広し先生が次第に板場広志先生へと移行していく頃の作品であります。

なので、作画は可愛くなっていくけど中身はハードといったギャップもあったり。(^^;)

タイトル作が「=」と「≒」を使い分けることでニュアンスのビミョーな違いを出しているのはイカしてますよね。



【新作情報】
◆ふれたい素肌(バンブーコミックス) 2014/11/25 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。



発売2日前なのに書影もあらすじも見当たりませんが(^^;)、11/25に青年コミックで新作が出る模様。

板場広し
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 板場広し

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2