FC2ブログ

隣家〈となり〉の四姉妹(著:上原稜、フランス書院文庫)

2009/7/23 発売

隣家〈となり〉の四姉妹

著:上原稜フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

来て……見て……さわって……貫いて……
隣家の窓辺で揺れる、フェロモン漂う美尻。
手を伸ばせば届くところにある禁断の林檎。
玄関先の挑発、窓辺の黒下着、リビングの逢瀬……
顔も、容姿も、××も違う四姉妹との禁戯。
美しき隣人に導かれ、僕は大人になってゆく。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 溢れる愛情と艶めかしい官能がバランス良く融合した傑作, 2009/7/27
やや甘ったるさこそあるもののヒロイン4姉妹の溢れる愛情と激しく艶めかしい官能とが高い次元で融合し、各ヒロインのドラマと実に上手くミックスされた傑作と断言したい。作者の「黒本」デビュー作『最高の楽園-四人のお姉さまと寝室』に設定や進行が似ているが、内容は大幅にレベルUPしている。なので、このデビュー作はもちろんのこと、同様の雰囲気が漂う一連の巽飛呂彦作品(誘惑系)にハマッている御仁にはど真ん中ストライクな作品と言える。

温和で癒し系の長女、ドS女王様な次女、やや舌っ足らずな話し方で奔放な三女、真面目で少し地味な生徒会長の四女(生娘)……この4姉妹は主人公の隣に住む幼馴染みで、とりわけ四女とは恋仲目前という間柄。この四女はなかなか可愛らしいツンデレなのだが、ドSな女王様(次女)が主人公との関係の変化により急激に超のつくツンデレに化けるため、ツンデレスキーな諸兄には堪らないエッセンスも散りばめられている。

主人公も基本的には四女に想いを寄せているのだが、次女との秘密の過去(これにより主人公の初体験が結構驚きの低年齢だったりする)があったり、三女が巻き込まれたトラブル回避のために関係を持ったりしてしまう。その後も、仲睦まじい次女との関係に焦りを募らせた四女が「高校生デビュー」な、健気な振る舞いを見せたり、哀しい過去を持つ長女の「女」を主人公が目覚めさせたりするドラマが続く。このドラマ部分がなかなか練られており、時には少しハラハラするような隠し味も仕込まれたストーリーの果てに(四女に負い目を感じながらも)主人公への愛情が開花していく他の姉妹達である。この深くて溢れる愛情が心地よい。最後は象徴的な装いに身を包んだ姉妹達が主人公を迎える幸せ感たっぷりの結末である。
『隣家〈となり〉の四姉妹』のレビュー掲載元


ふと思ったのですが、最近(2014年)って純然たる姉妹がヒロインの誘惑作品が減ってません?

妻の姉(妹)みたいなのは出てきますけど、三姉妹や四姉妹といった多人数の姉妹って一時期のブーム的なノリがあったんでしょうかね。



にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
上原稜「隣家(となり)の四姉妹 」(フランス書院文庫、2009年7月)ネタバレ有り。御注意下さい。【あらすじ】隣に住む1つ上の夏実を想いつつ、その姉の涼子と隷属的な関係を続ける優弥。いずみや夏実、更には長姉の真弓とも関係を持った優弥が下した決断とは…。【登場人物】水野優弥17歳。高校2年生。考古学者の両親は遺跡発掘の為、彼ひとり国内に残したまま海外に住んでいる。小学6年生の時に涼子の主導で童貞喪失した。西園真...
上原稜「隣家(となり)の四姉妹 」





今は彼女の母的なノリですもんねぇw





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 上原稜

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2