FC2ブログ

innocent children(著:みやびつづる、TSUKASA COMICS)

2000/12 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

熟女が●学生ぐらいの少年を犯してしまう話が中心です。台詞まわしが非常に上手く、エロ度を高めています。年上好きには興奮間違いなしの作品。(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ 作者らしい理不尽な凌辱メインだがラヴコメも多い, 2009/7/4
【innocent children】
【innocent children 2nd(全3話)】
我が子(雅之)とその悪友達に調教される実母のハードな話。雅之の母は最初から堕ちており、悪友達からの激しい緊縛凌辱が延々と続く。【2nd】では真面目でおとなしいクラスメイトの母が雅之達に襲われる。いかにもな教育ママが堕とされてしまい、最後は緊縛目隠しで強制相姦の憂き目にあう。

【四姉妹物語】
作者初のロリ作品らしく、特に次女と三女の画風が全然違っていて、こんな可愛らしい娘も描くんだと少し驚く。無節操な話ではあるが、実は四女がいないのに『美人四姉妹がいるって評判なんだから!!』というオチが笑える。

【誘惑☆よしのママ】
これも笑える話。どんどん勝手にエッチな方向へ解釈して娘の彼氏を誘惑する素敵な母である。オチも最高。

【発情蟲(さ・か・り・むし)】
いわゆる触手モノだが、設定と触手の用い方に一捻りがあって良い。オチも秀逸。

【寝正月】
【露天風呂(前後編)】
どうやら『艶母』の【蝉時雨】【冬ぬくし】、そして『続・艶母』の【夏色】、これらの続編のようである。恵太と美樹お姉ちゃんのおバカなコメディが相変わらず冴えている。今回の美樹お姉ちゃんは、居眠りしない代わりに恵太に迫る展開になっていて、2人の関係が進んでいるようではあるが、肝心の恵太が美樹お姉ちゃんの母にちょっかいを出して面白いことになっている。

【美作商店会(前後編)】
商店会の妻はみんなの妻という何とも艶めかしい話。新しく引っ越してきた、電気店を営む主人公が八百屋の妻を寝取る前編と、主人公の妻が商店会のみんなに寝取られる後編である。激しい集団プレイの果てに壮絶に堕ちて商店会の一員として仲間入りが認められる展開には、小さなコミュニティ、つまりムラ社会の陰湿な縮図をも想起させる怖気を感じる。
『innocent children』のレビュー掲載元


ぞっとするほどの陰湿さと開けっ広げな淫猥さが同居しているという点においても鬼才・みやびつづる先生の幅広さと奥深さが同時に味わえる作品と言えるのかもしれません。

シリアスなのはホントに壮絶なんですけど、面白いのはホントに笑えるんですよねぇ。

収録作品のテイストに統一感がなくて散漫といった印象との見方もあるでしょうけれども、それぞれの作品がハイレベルですから、やはり読み応えのある作品だと思いますよ。



ただ、実際のところ本作の元本は既に廃番の扱いですので、MDコミックスから出ている再販本を入手するのが正攻法かと。しかし、発売から10年を経て再販されるってのもなかなか凄いですよね。

【再販本】

2010/6/25 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。
母と子と…震えるほどに…熱い「絆」…。完全復刻シリーズ・みやびつづるコレクション!(引用元:DMM.R18)



再販本では『イノセント・チルドレン』とカタカナをメインタイトルとしているので検索などでは注意です。

みやびつづる
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : みやびつづる

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2