FC2ブログ

秘め尻なぶり(著:庵乃音人、竹書房ラブロマン文庫)

2014/5/14 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「いやらしい娘だ。恋人を連れてきておきながらほったらかしにして、義理の兄のチ×ポでこんなに感じてるのか」最愛の恋人が、そんな恥辱的な言葉に興奮し、目の前で醜い男に抱かれている―。石津晶太は恋人の朝倉結希が義兄の森村に抱かれて激しく乱れる、背徳的な光景を目撃してしまう。結希は姉の詩帆ともども森村に調教され、彼の肉奴隷に堕ちていたのだ。激しい嫉妬と異様な興奮を知ってしまった晶太は、森村から詩帆を奪おうとするが、それは四人の業深き男女たちの肉宴の始まりに過ぎなかった。寝取る征服感と、寝取られる興奮。鬼才が描く背徳の媚熱ロマンチカ!(引用元:Amazon)


★★★★☆ 作者と編集者のタッグが放つ寝取り・寝取られ略奪路線はさらなる淫靡さを孕んで, 2014/10/19
庵乃音人×竹書房ラブロマン文庫のタッグでは以前に『誘惑SM調教ロマンチカ』と銘打って、これまでのレーベルの殻を破るかのような大胆な作風で4作品を上梓したが、1つ前の作品『おためし艶妻』からはさらにエスカレートした寝取り・寝取られを軸とした略奪を本懐とする路線に挑戦しているようである。その第2弾とも言える本作は随分とパワーUPした印象である。

結希:序盤から中盤のヒロインとなる26歳の恋人。
詩帆:大和撫子な風情で魅惑的な34歳の人妻は結希の姉。

森村:詩帆の夫にして結希の義兄は醜悪な容姿の中年多汗症男ながら別の顔も……。

貴菜:終盤のサブヒロインとして活躍させられる(?)22歳で生娘の後輩OL。

結希がメイン格となる序盤から中盤の主人公は常に劣勢であり、森村の手管によって骨抜きのメロメロにさせられている姉妹の痴態を早々からまざまざと見せつけられる敗北者でもある。裏では「ご主人様」然と振る舞う森村の、全てお見通しとばかりな態度が実に腹立たしく、体ばかりか心までも奪われている様子を目にした主人公の焦燥に読み手もいたたまれなくなる展開が続く。この森村の図らいによって奇しくも詩帆を囲んだ3Pが実現する中盤のクライマックスは皮肉でもある。

こうした流れの中で結希から次第に詩帆へと心変わりしていく主人公が森村から詩帆を救い出そうとするのが中盤以降となるが、その略奪自体はあっさり果たされる。その動きもまた、そしてその行く末もまたお見通しな態度を貫く森村の自信がさらに腹立たしく写るのだが、ここでは歪んだ激しさを体験した、つまりは官能的な変態性を身につけてしまった主人公と詩帆の葛藤を炙り出しながら、それでも森村の思惑通りにはさせない意地を見せる主人公の奇策(?)によって物語は予想外の局面を迎えるのである。読んでいる最中や読了後すぐには多少の違和感もあった展開だが、しばらくすると貴菜の可愛らしい思考とキュートな言動も加味されて妙味が湧いてくるから不思議である。

完全に巻き込まれた形ながら、その素質を開花させられて仲間入りと相成る貴菜の存在は今して思えばなかなか面白いかもしれず、最後の最後までも性懲りと節操の無い態度でいい悪役だった森村も含めて良く練られた構成だったと思う。結希の行く末には賛否が分かれるかもしれないが、そこまで求めるのは欲張りだろうか。
『秘め尻なぶり』のレビュー掲載元


いやぁ~、庵乃先生と竹書房ラブロマン文庫の担当編集の方は相当に攻めてますね!責めてますね!

ラブでロマンな官能小説を標榜してますから、どちらかと言うと誘惑路線の愛情物語が軸になっているイメージもある訳ですが、それを畳返しのごとくひっくり返し、打ち破ろうとさえしているようにも思えてきます。

ナイスチャレンジング!

だって、ここ最近では稀に見るほどの腹立たしさではありませんかね、森村氏ww



この寝取り・寝取られシリーズも第2弾ということで、本格的にシリーズ化するのでしょうか。

楽しみです。(^^)



庵乃音人先生ご自身のブログに投稿された本作の自著解説はコチラ。
拙作『美肉じこみ』でとりあえず完結させた誘惑SMロマンチカシリーズに続いて、前作『おためし艶妻』からスタートさせた庵乃版異常性愛媚熱ロマン。『おためし艶妻』が意外にも(意外でどうする)各方面から大変好評で、「寝取られものは当たらない」という業界の定説に一矢報いた“寝取られ大好き”庵乃先生(だって世の中の女性って、自分の妻や恋人を除けば、後は一人残らず寝取られてるか、これから寝取られる運命にあるわけで...
竹書房ラブロマン文庫最新刊『秘め尻なぶり』表紙画像公開





……などと言ってますが、実は第3弾が既に出ていますw

◆よろめき熟妻
2014/10/6 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
資産家の跡取りの向坂透は、かつて美しい熟女の使用人・江原水希を愛したものの、周囲の思惑により二人の恋を無惨に引き裂かれてしまう。時を経て、幼馴染の綾音と結婚して冷徹な経営者となった透は、思いがけなく水希と再会するも、彼女はすでに人妻となっていた。それでも水希を求める透は、ついに彼女を今の夫から寝取る計画を実行してしまう。水希もまた背徳に身を灼きながら、略奪される快楽に媚肉を濡らすのだった。一方、透に愛されない綾音は、部下の田村と密かな逢瀬を重ねてしまい…!? 愛を求めて彷徨う孤独な男と女は、寝取る哀しみと寝取られる愉悦の果てに、絆を見出せるのか?鬼才が生み出すあらたな官能ジャンル〝泣ける略奪愛〟が花開く!



この第3弾……かなりキテます。

ここまでやるか、というくらいキテます。



【電子書籍の目下最新作】

◆眠れる熟女(ウラマド電子書店) Kindle版
2014/10/28 発売
お求めはコチラから。
Gカップのたわわに実った乳房、むっちりと脂の乗ったお尻、悩ましい括れたウエストー。男は会社帰りに「宿」に寄り、恍惚となりながら熟女に抱擁し、そっと呟いた。「母さん……」

ウラマド電子書店とは(Amazonより)
人気作家の書き下ろし作品を取り扱う、電子書店です。これまでアンドロイドアプリとして展開してきましたが、ついにAmazonでも販売します!これまでウラマド電子書店でしか読めなかった特別な作品を続々と公開していきますので、是非ご期待ください。



◆嫁くらべ(総合図書 - 愛COCO!)
      2014/10/10 発売
お求めはコチラから。
50代の俊幸と大窪は昔からの悪友で、最近は互いに息子の嫁話に花を咲かせていた。ある日、大窪が三十路の熟女嫁・美由紀と淫らな関係にあることを知る俊幸。さらには「よかったら3Pをしてみない?」と誘われ、獣のような痴態を見せる美由紀に溺れていくのであった。後日、大窪から「今度はそっちの嫁・奈々ちゃんと3Pしようぜ」と提案される。25歳とまだ初々しく清楚な嫁・奈々が息子の浮気に苦しんでいるのを俊幸は前々から不憫に思っていたのだが、結局大窪に押し切られてしまい、奈々を強引に眠らせて二人で犯すのであった!



電子書籍も少しずつではありますが価格のイイ感じな作品が増えてきているようですね。特に『嫁くらべ』は短編ですから価格面だけを捉えれば「官能小説の100円ショップ」と称していいのかもw

庵乃音人 竹書房ラブロマン文庫
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 庵乃音人

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2