FC2ブログ

美獣三重奏-未亡人と二人の美娘(著:田沼淳一、フランス書院文庫)

2008/12/22 発売

美獣三重奏-未亡人と二人の美娘

著:田沼淳一フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「結莉ちゃん、奈月ちゃん、ご、めん、ね……ああっ」
未亡人の肉孔をミシミシとこじ開ける張りつめた亀頭。
空閨に突き込まれるたび、口唇からは悦楽の嗚咽が……
美女だらけの家で無軌道に暴走をはじめる一匹の狂犬。
愛娘の部屋で、玄関で、亡き夫と過ごした夫婦の寝室で、
15歳と16歳、二人の娘とともに、由起は美しき牝獣へ!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 背徳的な「堕とし」に甘い成分を塗した絶妙な作品, 2009/6/28
全体的な作風こそ背徳的で強引な「堕とし」の展開だが、これに何とも甘いコーティングを施した特異な雰囲気を醸す作品である。田沼作品らしいワルさを見せる主人公だが、深い愛情と顛末後の覚悟も責任も持ち合わす一面も同胞している。

予想だにしない展開を主人公が導き、それに困惑して拒むものの翻弄され、メロメロにされ、かしずかされ、そして最後にはうっとり幸せ気分にさせられてしまうヒロイン達にあって、そのメインはズバリ母。主人公の彼女の母である。

この母を籠絡する前提として、彼女である娘(姉)は最初から堕ちており、真面目な娘の牝な痴態を母が覗き見てしまうところから物語が始まる。驚きながらも疼き出した母が抗えず扉越しに自ら慰めて絶頂を極めるまでが全体の約1/3。ここまでをじっくりねっとりしつこいくらいに描写しているが、まだこれは序章に過ぎない。続く母へのアプローチから本懐を遂げるまでに同じく1/3くらいかけて、困惑して抗おうとする理性と愉悦を覚えてしまう感性とがひしめき合いぶつかり合う母の心境と、その絶世の美貌と超絶な魅力に屈伏しそうになりながらも負けずに母をモノにしていく主人公の責めが繰り返し綴られる。遂に合体を果たした時の興奮はかなりのものである。

そしてもう1人の、素直じゃない娘(妹)も瞬く間にモノにしてしまう。これも妹が内心主人公に惹かれているのを巧みに利用してはいるのだが、その無垢な可憐さを賛美もする主人公である。

ただ、最後に至って急に今までの歪んだ愛の行為を消し去るかのような心暖まるドラマ展開を迎えるのが、違和感ととるか静かな感動ととるか、好みが分かれるかもしれない。しかし、凌辱一辺倒ではない、実に作者らしい独特の愛欲絵巻を(田沼作品としては)ライトに仕上げた作品ではなかろうか。
『美獣三重奏-未亡人と二人の美娘』のレビュー掲載元


虐待気味にイジめられていたヘタレな少年主人公が逆襲的にヒロインを襲う相姦凌辱のテイストが多かった印象のデビュー当時に比べると、「この女を俺のモノにしてやる」感じにギラギラしているのは変わりませんが、表出する主人公のキャラは随分と変化してきたな~と個人的には感じた作品ですね。

しかし、まぁ、序盤からねっちりした愛撫をメインとする官能描写の濃密なこと!



Junpei F. さんのブログで本作が紹介されています。
彼女の美熟母を恋人にするという倒錯感あふれる、“彼女の母”ものの決定版。 「美獣三重奏―未亡人と二人の美娘」(田沼 淳一) - 人妻官能小説の紹介・感想・レビュー!





合体に至るまでは割とページを費やす田沼作品ですが、代わりに本作でも挿入寸前のギリな描写で女の愉悦を増幅させ、遂には陥落へと導くまでがすんごくいやらしいですわ!w

これはもぅ田沼先生にしか描けない世界なのかな、と思ってみたり。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 田沼淳一

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2