FC2ブログ

うちの嫁(著:霧原一輝、二見文庫)

2009/5/25 発売

うちの嫁

著:霧原一輝二見文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

家長とその息子たち、という男ばかりの家の長男・伸也の妻として嫁いできた和美。そのうえ、夫である伸也は、出張で留守にしていることが多かった。若い女性の同居で受験勉強に身が入らない三男、未だに「男」を捨てきれず、若い夫婦の寝室を覗く舅……危険がいっぱいの竹内家で、果たして貞操は守られるのか……俊英による書き下ろしエンターテインメント小説!(引用元:Amazon)


★★★★★ 家族内の紅一点が狙われる, 2009/6/24
【竹内和美】
ヒロイン。27歳。家族の男達全員から迫られるお嫁さん。最初は拒むが次第に豹変して自ら妖艶におねだりしてしまう本性の持ち主。清楚でお淑やかな容姿とのギャップで男達を虜にしてしまう小悪魔的側面がある。そして結末では本当に小悪魔だったことが判る。

【竹内達夫】
和美の義父。53歳。威厳のある父親風情だが、和美と三男との情交を覗き見て和美を詰問、脅迫まがいに迫り合体(この時の理屈が身勝手で笑える)、その後も肉体関係を続ける。それ以前に長男と和美の交わりを覗いたり、三男から和美を横取りしたり、緊縛したりと結構やりたい放題。父という立場からすると何だかとってもダメな人に見えてくる。

【竹内伸也】
28歳の長男。和美の夫。出張で不在がちの夫という王道的設定。和美との夜の営みを達夫が覗き見たことから物語が始まる。

【竹内健二】
25歳の次男。アルバイトやバンド活動に精を出すフリーな人。普段は家に寄りつかないのに終盤にやって来て和美に荒っぽく襲い掛かる。

【竹内智己】
19歳の三男。予備校生。和美に最初に襲い掛かる人物。凌辱気味に迫るが、智己の境遇への同情と夫不在の淋しさから逆に包み込まれて筆下ろししてもらう。その後も関係が続いたが達夫に横取りされる。

狙われるヒロイン・覗き・凌辱・誘惑・緊縛といった相反する要素を満たす設定が本作の良さを決定づけている。智己には年上の優位を見せつけて艶めかしく、達夫とは老練な手管に翻弄されて健気にと、相手によって変わるのも実にいやらしくて良い。達夫視点での寝取られ描写もあるが、「お父さん、自分を棚に上げて何憤ってるの」という感じなので(寝取られスキーな方々には物足りないかもしれないが)地雷な諸兄には丁度良いくらいだと思う。欲を言えば和美の本性が判ってから男達全員で和美を責め立てる逆ハーレムな4P(伸也も加えて5P?)があっても良かったかも。あまり多くない頁数にきっちり纏めた良作である。
『うちの嫁』のレビュー掲載元


DSKの場合、レビューの書き方として官能小説ならばフツーに文章で始める時もあれば途中で登場人物の紹介を入れる時もあります。そして、本作のように最初から人物紹介を主とした書き方をする時も稀ですがありますね。

こうした書き方に定義は特にありません。

なんとなぁ~く書き始めていったらこうなった、ということの方が多いです。

ですから、書き始めたら当初の思惑とは違った方向に進んだとか、登場人物から思わぬセリフが飛び出してきて方向が少し変わったとか、そういった、書いていく途中で生じたことに触発されて文面が変化していくことを作家先生方が仰るのは何となくですが解ります。レビューでも書き終えてみたらなぁ~んか最初にイメージしたのと違うなぁ、でも、書きたいことは盛り込まれてるからまぁいいっか。ってのはありますもの。(^^;)



そんなレビューに関しては、おそらく作品の中で目立っている要素が書き方が無意識に決められているのでしょう。

物語が重視された(ように感じた)作品はストーリーを追う感じでレビューも書き、人物が目立っていれば人物紹介も盛り込む。そして、本作のようにメインヒロインを取り巻く人物との関係を主軸とした作品になると人物をメインにしつつヒロインとの繋がりを入れていく……そんな感じですかねぇ。(^^;)ジブンデモヨーワカラン



さて本作ですが、あらすじを読んだ時点でツボだと思いました。(笑)

しかも、舅に夫の弟2人といった家族の野郎ども全員から狙われる嫁だなんて、官能小説としては「まぁ、なんということでしょう」と言いたくなるくらい素敵な構成ではありませんか!www



そして、読んでみたら、これがまぁことごとく自分好み。(*^^*)



下の弟に襲われつつも次第に自分から誘惑し始めたかと思えば舅の老練な手管には翻弄され、最後は上の弟からも荒々しく責められる……う~ん、素晴らしい!

雑多な要素をそれぞれに活かした幅広い官能描写を描きながらも全体としては纏まっていて凄く良かったですし、これはさすがと唸ってしまいました。ですからレビューもちょっぴり趣向を凝らして記したつもりです。



それだけ霧原作品の中でも印象深かった一冊ということですね。(^^)





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 霧原一輝

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2