FC2ブログ

音楽室の女教師-放課後の甘く危険な旋律(著:天崎僚介、フランス書院文庫)

2014/6/23 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

「硬くて熱いわ……苦しいのね、先生が手でしてあげる」
いつもは鍵盤を弾く白い指で少年の肉茎をしごく詩織。
優しいけどセックスだけはさせてくれない音楽教師。
教育実習生・里奈の登場で27歳の胸中に嫉妬の炎が生まれ……
鍵のかかった音楽室、放課後の特別レッスンが始まる!
膨らんだ青い欲望すべてを叶えてくれる僕だけの先生!
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 新人さんのデビュー作ならば上出来な官能面の濃さ, 2014/10/5
端的に申せば新人さんらしからぬ濃密な官能の場面と描写が盛り込まれた作品である。メインとサブに分けた3人ヒロインの取り扱いも悪くなく、情をこそ交えるもののサブはサブとしての立ち位置を明確にすることでメインを持ち上げつつ主人公の想いも尊重する振る舞いを見せている。奥ゆかしく生真面目なメインは主人公の誘いになかなか乗らず、終盤まで堕ちないところを埋める前半の活躍もある。とりわけサブの1人は性に奔放で積極的なのである。こうした全体の構成はなかなかのものと言わねばならず、何よりサブも含めた大半の情交が校内で行われるいやらしさがあった。

話の本線となるメインの音楽教師と生徒たる主人公との関係については、音楽教師が見せる抵抗に含まれる意味合いに恥じらいと拒絶の2種類がある中、若干だが主人公の引き際の悪さを感じることが時折あった。リアルな男女のやり取りとしては現実味こそあるものの、このバランスを欠くと鼻につく主人公と写り兼ねない。終盤で観念した音楽教師が堕ちてからの淫らギャップは出ていて良かった。

全員勢揃いとなってからの4P的な情交クライマックスも、それ自体は申し分ないのだが、エピローグが単なる続きとなっていたのは少々勿体ない。サブ2人とは元より時限付きの関係との理由があったので、これを活かして最後はメインの2人によるエスカレートした「その後」を盛り込んだ方が愛情物語としての深みが増したかもしれない。
『音楽室の女教師-放課後の甘く危険な旋律』のレビュー掲載元


デビュー作としては官能場面も多かったですし、何よりそのほとんどが校内といういやらしさもありましたし、最終的には主人公の想いも成就されるというストーリーも良かったと感じましたね。

レビューではいろいろと重箱の隅も突いてますが(^^;)、全体を通した印象は全然悪くなかったです。



天崎僚介……その御名前、しかと覚えましたゾ!



次もまた同系統の誘惑路線を続けるのか、それとも本作で見せた羞恥のテイストを活かした凌辱路線へと幅を広げるのか、次作以降の動きにも注目したいと思います。



にゃらさんのブログで紹介されている本作の記事はコチラ。
天崎僚介「音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律」(フランス書院文庫、2014年6月、表紙イラスト:喜多啓介)ネタバレ有り。御注意下さい。【あらすじ】1年前に音楽教師として赴任して来た詩織に淡い想いを抱き、放課後にピアノレッスンを受ける順。そんな中彼女の後輩で教育実習生の里奈から誘惑され、転校間近のクラスメイトの結衣から告白され、三股を掛ける事に。【登場人物】佐伯順峰星高校に通う2年生の少年で医師を志し...
天崎僚介「音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律」

愛好家Sさんのブログでも本作が紹介されています。
4014『音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律』天崎僚介、フランス書院/フランス書院文庫、2014/06 発売●あらすじ意中の女教師と性的戯れをする関係にまでなった少年が、教育実習生に初体験させてもらい、転校前の思い出が欲しいと恋の告白をしてきた美少女と関係を持ち、最後までさせてくれなかった女教師とも結ばれる事になる。●登場人物【佐伯順】童貞。峰星高校二年。結衣のクラスメイト。ピアノ部所属。医者の一人息子でち...
4014『音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律』





ラストの部分について軽~くネタばれしつつ補足してますから、読んでも別に構わない方は↓の「続きを読む」をクリック!(^^)





天崎僚介 フランス書院文庫


【補足】

2人のサブヒロインは以下の通り。

その1 - メインの音楽教師の学生時代の後輩であり、慕ってもいる教育実習生。
その2 - 主人公のクラスメイト。後半で転校することが明かされる。



つまり、学校にいる期間が最初から限定されていて、いずれは去ることが明白な教育実習生と、同じくいずれ転校することが決まったクラスメイトですから『サブ2人とは元より時限付きの関係』とレビューに記した訳でして、であるならば、官能クライマックスとして4Pを描いた後のエピローグは、サブヒロイン2人が去った後も続くメインとの秘密の関係を綴った方が時間経過も感じられるし、何よりここでさらにエスカレートした行為やシチュエーションでも盛り込まれていたらもっと良かっただろうな~、ということでありますデス、はい。(^^)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 天崎僚介

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天崎僚介「音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律」

天崎僚介「音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律」 (フランス書院文庫、2014年6月、表紙イラスト:喜多啓介) ネタバレ有り。御注意下さい。 2016年7月6日レビュー再編集。 作品紹介(公式ホームページ) 音楽室の女教師 放課後の甘く危険な旋律 [Kindle版]天崎 僚介フランス書院2015-03-31 【あらすじ】 1年前に音楽教師として赴任した詩織...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2