FC2ブログ

放課後☆エンジェル(著:八月薫、Xコミックス)

1994/12/31 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<9分割の電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

リアリティある絵からエロスが香り立つ八月薫の傑作短編集上巻。家の事情で風俗で働くことになった友子だが、実は処女で…「ニード・ユア・ラブ」。憧れていた保健の先生に保健室で襲いかかる…「カプリチオ」。お嬢様と使用人の青年は、野外で密会し…「甘いアザレア」他、短編多数収録!(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ 少女漫画チックな美麗画風がストーリーとのミスマッチを生み出す, 2009/6/19
女性向けコミックに描かれたのではと思わせる細い筆致の華奢な学生ヒロインが多数出てくる中に妖艶な保健の先生や、もっと妖艶な寮長さんが彩りを添える作品(全8編)である。ラヴでハッピーな結末が多い。

【ニード・ユア・ラブ】
借金返済のために風俗で働くというヒロイン(生娘)が、ひとまず友人の兄に「女」にしてもらう話。急展開の面白いオチだが借金問題は何一つ解決していない。

【Desire】
女子高生2人の百合気味作品。1人が先生とデキていて保健室での濃密な情交をもう1人が覗き見て昂る展開。

【カプリチオ】
美人でクールな保健教諭に恋慕する高校生の話。バツイチという噂には別の理由があって切ない描写も加えながら心地よいラストを迎える。

【甘いアザレア】
お嬢様と下男(馬の飼育係)とのロマンスという欧風テイストな作品。結婚前日の密戯が描かれている。

【ナタデココ】
学園モノらしい恋愛要素を散りばめながら結ばれて恋仲となる幼馴染みの話。お互いの軽い嫉妬を内包した、少しだけ挑発的な会話が微笑ましい。

【だって好きって言ってるじゃん!】
軽薄な彼氏が抱いてくれない理由が微笑ましい作品。自棄になったヒロインが他の男に誘われてホテルに連れ込まれるのを「偶然」見ていた主人公が男ながら可愛らしい。頁数が少し多いせいか2段階の山場がある。

【トップ・シークレット】
彼女の部屋(女子寮)に忍び込んでの密戯が寮長さんにバレるオチなのだが、これがまた実に勿体ない終わり方である。これは前後編にして是非とも妖艶な寮長さんのお姿を後編で拝見したかった作品。

【シークレシィ】
完全な百合作品。1人がやや消極的なのだが片方が引っ越してしまうことを知ってタガを外す展開である。なぜか校舎裏みたいな場所の、しかも外で落ち葉にまみれて私服同士なので、よくよく考えてみると「あなた達なかなか大胆ね」という変わった設定だったりする。
『放課後☆エンジェル』のレビュー掲載元


拙ブログの各投稿記事(先頭)にある表紙の画像は基本的にAmazonから引用しますが、この作品のように旧作だと時折小さな画像だったりします。

そんな時はDSKのおせっかいスイッチが入って(笑)、大きな画像を探してきてはUPすることもあるのですが、ナゼか成年コミック(18禁)では画像のUPが許されていないこともあり、本作も該当していました。

なので、小さな画像表示のままで申し訳なくもありますが、この小さな画像、よく見たら自分がUPしてた。(汗)



そして、1つ訂正があります。

以前に『汁〈つゆ〉だくお姉さま』(著:さかき栞、富士見コミックス)という作品を紹介した際に、『収録されている全編に一言コメントするスタイルでレビューを記したのは本作が最初で最後じゃないですかね』などと調子こいていましたが、本作のレビューも全8編に一言コメントの形式でした。(大汗)

し、失礼をば。(^^;)





八月薫
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 八月薫

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2