FC2ブログ

ごほうび…あげる(著:常盤準、廣済堂文庫)

2014/7/17 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

大学受験に失敗した拓実は、東京の予備校に通うために叔母の家に下宿することになった。家には従姉妹の志穂と夏穂の美人姉妹がいた。女子大生の夏穂が家庭教師をしてくれることになったが、課題をクリアするとキス、ボディタッチと褒美がエスカレートしていき…。傑作青春官能ロマン!(引用元:Amazon)


★★★★☆ ごほうび過ぎて受験勉強どころではない主人公, 2014/10/1
大学受験のために上京した浪人生主人公が居候するのは伯母(父親の姉)の家。そこの娘姉妹(従姉妹)との関わりが本線となる作品である。その妹の方が家庭教師を勤めるにあたり、勉強を頑張ったら「ごほうび」がいただける展開である。

【志穂】 娘姉妹の姉でOLの27際。おっとりして奥手な性格。結婚間近の彼氏アリ。
【夏穂】 娘姉妹の妹で大学生の21際。積極的で奔放な性格。主人公包囲網の中心。
【優美香】夏穂の後輩で主人公と同年齢となる大学1年生(19際)。
【文代】 隣に住む36際の人妻。息子アリ。夫は仕事で帰りが遅い。

ヒロインは4人もの大所帯だが、家庭教師として接する夏穂が中心的存在であり、とりわけ前半は夏穂がメインかのような出番の多さである。元より幼い頃からの知己であり、憎からず想っていることもあって、勉強の「ごほうび」をダシに主人公を誘惑し、関係を結ぶまでがじっくり描かれている。表面的な態度と心の奥底では異なる欲求があることを仄めかし、軽く抵抗するような素振りを見せながらも感じ始めれば大胆にもなっていく「女の二面性」みたいなものを官能面の軸としているようであり、他のヒロイン達にも同様の言動が見られる。

夏穂や優美香といったハタチ前後の若いヒロインには建て前よりも本音が前面に出てくる積極さを演出しながら、志穂や文代といった社会人のお姉さんでは逆に彼氏や夫の存在からの憂いや葛藤といった面を先に出し、それでも昂ってしまえば抗えないギャップを見せているのはさすがの巧みさだと言える。前半こそ夏穂との関係の進展を盛り込んだことで官能面が若干弱かった印象だが、他のヒロインとも絡み始める後半では「ごほうび」の存在が薄れていく一方、情交に次ぐ情交のいやらしさが最後まで続いている。

シチュエーションやプレイそのものではなく、欲情した際の積極性が次第にエスカレートしていくヒロイン達の淫猥さが全面に描かれた作品であり、この乱れた姿が本作の肝でもあるのだが、優美香は居ても居なくてもよかったかな?と思えることと、物語として得るものが希薄に写ることで、見方によっては「単にヤリ捲ってるだけの小説?」といった印象にもなり兼ねない点が少々惜しまれるところか。
『ごほうび…あげる』のレビュー掲載元


年上お姉さんが家庭教師となって、成績が良くなったらご褒美 あ・げ・る という王道の設定を常盤先生がどのように仕上げるか楽しみでしたが、次第にエスカレートしていく方向を主軸にしたようであります。

その家庭教師役は従姉の夏穂なのですが、感じ方や昂り方が少しずつ積極的になっていく、そのちょっとした変化が良かったです。(^^)

ただ、ちょっぴり残念だったのは、ここ最近の常盤作品ではクライマックスで趣向を凝らした3Pが見られて面白かったのですが、それが無かったことですかね。

常盤準 廣済堂文庫
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 廣済堂文庫 常盤準

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2