FC2ブログ

艶欲(著:みやびつづる、TSUKASA COMICS)

1997/10/25 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。

みやびつづるの得意とするキャラクターはズバリ人妻。脂が乗って、肉感的でトロトロに熟れた人妻をなんともいやらしく描写している。快楽に堪えきれず思わず声が洩れちゃうって感じの表情がたまらない。(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ デビュー登場の荒削りな勢いと作者らしさの片鱗が窺える, 2009/5/19
『第一雅綴集』とあるように作者初の単行本である(全10編)。さすがに現在の特徴的な熟女像ではなく(そもそも本作には熟女が出て来ない)スラリとした女教師、姉とその友人、OL、同級生、若妻がヒロインである。

本作のメインは『欲』(全5話)。生徒に恋した先生がのめり込み、嫉妬に狂って誘惑する話なのだが、いわゆる「あなたは私のモノ」が、次第に「私はあなたのモノ」に変わっていく先生の心情が痛々しく、悩ましく、そして切ない。一時は袖にされて自暴自棄な肉欲(生徒のことを忘れるため)に溺れるのだが、どうしても忘れられないと気付いてからの後半はかなりのラヴロマンス風味。生徒も真っ正面から先生と向き合うようになるハッピーエンドである。最後はかなり可愛らしくなる先生だけどちょっと重いかな。続く名作『艶母』の原型になったのではと思える作品である。

中世欧風ファンタジー(?)な【鎖】は典型的な寝取られ。捕われ、鎖に繋がれた夫の目の前で美貌の若妻がヤられまくりの末に堕ちてしまう救いの無い話である。

【恋結び】は、姉の友人に恋した主人公の甘酸っぱい想いに、姉と友人との秘められた性癖が重ねられた面白い話。実は友人も主人公を憎からず想っているのに自分を卑下して恥ずかしがっており、思わぬ展開で本懐を遂げた後に安心したのか心地よく寝入っている姿が何だか妙に微笑ましい。

タイトミニのスーツ姿が艶めかしい【誘う女】にさしたるストーリーは無いが、電車痴漢(痴女)から始まる恋の予感といったところか。タイトルはおそらくこの映画から。

地味な同級生がバイト先のビデオ店にエッチなビデオを借りに来る【哀願 愛玩 愛願】は、関係を持った後の、ヒロインのおとなしくもエスカレートしたおねだりが笑える結末である。

隣の若妻をペットに貶める【猥婦】は最初期の作品。さすがに画風も発展途上だが勢いは感じる。
『艶欲』のレビュー掲載元


鬼才みやびつづる先生の記念すべき処女短編集です。

しかし、この頃から単行本とは縁遠かったのか、デビューされてから本作の出版まで1年くらいを要したとか。

それでも次に出る『艶母』の萌芽も見られますし、何よりみやび先生のセカイが早くも構築されていますから、そこはサスガといったところでしょうか。



ただ、この作品も今は既に廃刊の憂き目につき、MDコミックスNEOから再販本が出ています。

2008/02/25 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18の電子コミックはコチラ。
これぞ本物の「女教師エロ漫画」男子生徒に惹かれ、しだいに火が付き、疼き出す女の部分。女教師は、生徒の陰茎を喉でくわえ込み、全身に絡みつくドロドロの精液を飲み尽くす。雄と雌の匂いの中で、やがて妖艶に浮かび上がる女の果実…真っ赤に色づき、飛び散りしたたる濃厚な淫密…それでも女の色欲はおさまらない…女の艶を描く最高峰みやびつづるの単行本、いよいよ配信。(引用元:DMM.R18)



そして、この作品はアニメ化されています。

2007/04/25 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。<ダウンロード・ストリーミング>
みやびつづるの初連載作が極ミニモザイクでついにアニメ化。禁じられた関係に身を焦がす女教師の姿を艶かしく綴る。自らの教え子・也矢に恋心を抱く瑞穂。いつしかふたりは、背徳の性戯に溺れてしまう。(引用元:Amazon)


みやびつづる
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : みやびつづる

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2