FC2ブログ

そして恋をする。(著:九部玖凛、芳文社コミックス)

2009/4/16 発売
Amazonはコチラから。

ファミレスのバイト募集でやって来たのは昔の家庭教師で初体験のお姉さん。あの頃の思いが抑えられず…。勢いでエッチしてしまった幼なじみと一夜を共にすることに…etc。オムニバスのキャラクター達が、少しずつ繋がりながらストーリーを展開して行く、読みごたえもある意欲作!


★★★★★ 前話の脇役が次話でヒロインになる恋のリレー, 2009/5/14
実に見事な恋のリレーである。【time say good by】(全2話、ヒロイン:佳奈)→【一週間の壁】(全2話、佳奈の仲良し友達:理香)→【冬の季節は…】(全2話、理香の姉:葉月)→【春の匂い】(全3話、葉月の彼氏(?)の妹:菜花)とバトンが渡っていく。この4人は他のエピソードでも脇役として出てくるため、この4エピソード(全9編)が1つの世界で繋がっているという趣向である。

特に前半の2エピソードの絡ませ方が巧みで、それぞれの結末(オチ)がリンクしていて笑える。佳奈と理香が揃って恋した相手が同じ人だったり、葉月繋がりで理香と菜花が一緒にショッピングに行ったりもしており、なかなかよく練られた演出もある。

さらにはタイトルがまた絶妙かつ秀逸で、『そして恋をする』の「そして」の前にドラマがある。これは切ない恋心や失恋だったり、見えざる壁、はたまた現実逃避や自堕落な生活だったりするのだが、これをヒロインや主人公が乗り越える、あるいは乗り越えようと決意するドラマであり、そして……恋が始まる、すなわち「恋をする」のである。ただし葉月だけは次の恋が描かれておらず、何だか当て馬的なポジションで可哀想。残りのエピソードがハッピーエンドだけに際立ってしまっている。

画風は作者らしい特徴的な美麗さに溢れているが、肝心の情交描写が淡白で物足りないのが残念である。これは同じ掲載誌の『精一杯の恋(著:春輝)』にも見られており、おそらくストーリー展開(ドラマ性)に重きを置く方向性なのだろう。この点において本来なら星1つマイナスなのだが、このリレー方式と作品の世界観が見事だったので星5つ献上したいと思う(ホントは情交シーンにも相応に頁を割いて欲しいんだけどな)。
『そして恋をする。』のレビュー掲載元


最初の話でヒロインだったのが次の話では脇役で出てくるようなリレー方式で話が繋がっていく展開好きだなぁ~。

しかも本作はその繋ぎが絶妙と言いますか、とってもよく出来ていたと思います。

確かに官能面での物足りなさはありましたが、九部作品では最も印象的ですね。



しかし、本作は2014/10/8現在でも電子書籍化されていないのか、もちろん紙媒体は流通していませんので、現状では廃刊状態と言わねばなりません……う~ん、残念!

九部玖凛
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 九部玖凛

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2