FC2ブログ

秘惑のまなざし-熟れ肌三姉妹(著:絹田青児、竹書房ラブロマン文庫)

2013/9/4 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

美熟女三姉妹の家に下宿する敬太郎は、出来心から長女の友貴子の着替えを覗いたのがバレて、一ヶ月以内に部屋を追い出されることになってしまう。後悔する敬太郎だったが、偶然手に入れた古いデザインのロイド眼鏡をかけると、友貴子だけでなく次女の亜彩子、三女の奈菜子までもが股間を濡らして彼に迫って来るようになったのだった!不思議な眼鏡の力によって、グラマラスな長女、強気な次女、アスリート美人の三女たちの媚肉を堪能しつくす敬太郎。だがそんな中、眼鏡の力が通じない女性が現れて…!? 鬼才が描く汁気たっぷり美女ハーレム巨編!


★★★★☆ 展開がファンタジーな官能ファンタジー, 2013/9/17
ヒミツのアイテムでヒロイン達がメロメロ……というのは時に安直な展開に陥りがち。本作でもギリギリの部分は正直ある。しかし、ここにはさほどイケメンでもない男の願望のようなものが込められていると見るべき部分もあり、他力本願ながら美人三姉妹とのめくるめく情交を経て、遂には男としての自信をも得ていく主人公の物語とも受け取れる作品である。

一度就職してから大学生となった主人公(25歳)という設定に大きな意味は見出せないが、年齢的には下宿先の三姉妹(35歳・31歳・28歳)とのバランスは現実的となっている。清楚な長女と奔放な次女はそれぞれ人妻であり、三女は独身でクールなキャリアウーマンという布陣も悪くない。

ふとした覗きから話は始まり、これに怒った三姉妹が一度は主人公を追い出そうとするのが展開の本線なのだが、本作の鍵を握るヒミツのアイテムと、これに付加されたヒロイン達の様々な「属性」が形勢逆転の契機となっているのは、アイテム頼み一辺倒に陥らない展開の妙であり配慮とも言える。まぁ、それでもアイテムのパワーでたちどころに虜となってしまうのだから、このテのストーリーはやはりチャレンジングなんだなーと思えてしまうのも否めないところではあるが……。

各ヒロインのエピソードとしてもきっかけは同じなので、本作は長女から順に堕としていく過程を楽しむ必要があると言えよう。官能要素は良好であり、とりわけ全9章のうち前半4章を割いて描かれる長女は、展開の説明を兼ねていることもあってなかなかイイ感じ。堕ちた後の爛れた関係もしっかり用意されており、専業主婦らしい昼下がりの情事としてキッチンでの裸エプロンを盛り込むところはベタながら興奮度はやはり高い。ただ、いくら奔放とはいえ次女は少しヤリ過ぎにも思えた。こういう3PはAVで観るに留めておきたい。

そして、この物語の結末は意外な形で訪れる。男を上げた主人公を示すためではあり、官能的にも良いのだが、見方によってはメインヒロインとされる三姉妹がお膳立ての役割でしかない印象にもなってしまい、読み心地としてはやや複雑でもある。
『秘惑のまなざし-熟れ肌三姉妹』のレビュー掲載元


一介の素人レビュアーが申すのも何ですが、本作の場合、覗きがバレて追い出されそうになる設定は良好なので、例えばですが……



<清楚でおっとりな人妻長女>
覗かれた当人だから一番強くあたらなくてはならないけど、主人公を無碍に放り出すのも何だか可哀想……(悩ましい感じ)

<奔放フリーダムな人妻次女>
お姉ちゃんのいやらしいカラダを覗きたくなるのも分かるよ……だから、追い出されたくなかったら……(ちゃっかり取引)

<勝気で体育会系なOL三女>
本編で見られた、あからさまな嫌悪感を露にする抵抗……(正攻法)



こんな感じで三姉妹のキャラに沿った変化があってもよかったのかな?
なぁ~んて思ってもみたり。(^^;)

もっとも、ヒミツのアイテムで大逆転!を演出するために一旦はキライになってもらう必要があってのこととは思いますが、特に好きでもないところから始めれば、その後にアイテムの効果でラヴラヴのメロメロでイケるとも思いまして……。

竹書房ラブロマン文庫 絹田青児
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 絹田青児

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2