FC2ブログ

フランス書院文庫創刊30周年企画!

来年(2015年)で創刊30周年を迎えるフランス書院文庫

これを記念する企画が公式サイトで始まっています。



フランス書院 創刊30周年記念
8ヶ月連続 スペシャルウェブ小説




どんな企画内容かと言いますと……

編集部厳選の「伝説的作品」をウェブ小説のスペシャル版として、8ヶ月連続で毎週掲載、未電子書籍化の作品もご用意し、販売もおこなう予定です。



どうやら第1~第4弾として2作品ずつを2ヶ月かけて紹介することで計8ヶ月となるようです。



そして、その第1弾に選ばれた伝説的2作品ですが、まずはコチラ!



◆『飼育』(著:蘭光生
1996/4/23 発売
Amazonはコチラから。

綿密な姦計で誘惑された高校教師・稲垣真紀。
清艶な処女の美しき肢体が徹底的に飼育される。
犬のように犯され、アヌスを貫かれるうち、
真紀のなかで眠っていた「淫乱の星」が目覚めゆく…。
一人の美女へ限りない憧憬と妄執、体験をこめて綴る、
レイプの帝王・蘭光生の秘められたヰタ・セクスアリス。





確かに伝説的だw



と言いますのも、本作は1996年4月発売のナンバー「0690」ですが、この作品は元々1986年4月に発売されているのです。



1986/4/23 発売
Amazonはコチラから。
綿密な計画によって誘惑された高校教師。
清艶な処女の美しい肢体が男の手で徹底的に飼育される。
犬のように犯され、菊座を貫かれて、
眠っていた“淫乱の星”が目覚めはじめる!
一人の美女に、限りない憧憬と妄執と体験をこめて綴った
これは、蘭光生の秘められたヰタ・セクスアリスか?



当時のナンバーが定かでないのですが、おそらく「0054」「0055」「0057」「0058」のどれかではなかろうかと。

あらすじも表現が少し変わっていますね。

10周年を迎えて再販でもされたのでしょうかね。(^^;)



そして、もう1作品が……コ・チ・ラ!



◆『母〈ママ〉』(著:鬼頭龍一
1985/4/23 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍>

禁断の母子相姦でしか味わえない肉悦が、
貞淑な母と純粋な息子を狂わせた!
大きく股をひろげ、息子にすべてを晒す母に、
今やためらう気持ちはなくなっていた。
「周一、ママの……アソコにキスして」
夫のいない昼下がり、二人は今日も……





いやぁ~、きましたねぇ~!(^^)

創刊時の第一陣として出された中の1作でナンバー「0003」ですよぉ~!



しかも、この作品も本来は……と言うことができまして、何とフランス書院文庫の前身にあたる「フランス書院オリジナル」から1982年に出されています。

1982年 発売
Amazonはコチラから。
母とでしか味わえない甘い禁断の行為に酔う息子……義母と、継母と、実母と…禁忌を越えたロマンスの行方。八人の精鋭がジャンルを越えて優雅に描く。



第1弾に相応しい黎明期からのチョイスと言えるのではないでしょうか。

この企画からしばらく目が離せませんね!(^^)



※各作品のあらすじはAmazonから引用しています。
蘭光生 鬼頭龍一 フランス書院文庫
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 蘭光生 鬼頭龍一

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2