FC2ブログ

サディスト-加虐性愛者(著:LINDA、別冊エースファイブコミックス)

2000/12 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック - フルカラー>

僕はいつもの癖で、最終電車の最後尾に乗った。そこで、向かいに座っているセーラー服の女の子が、僕の目を気にする風もなく自慰に耽っている。いつしか隣りに移った僕の手を、彼女は自分の陰部に導き、激しく求めてきた。彼女の熱気にあてられた様に、僕は自分の一物を掴み出すと、彼女の中へ…。男の暴力と凌辱にさらされる少女達の短編集。「最終電車」他に「美幸」(前編)(後編)「旧友三人」「Brother」(前・後編)「人形(オモチャ)」「ねこびと」「電脳遊戯」を収録。(引用元:DMM.R18)


★★★★☆ まだ方向性が定まっていないからこそ多様な作風が見られるデビュー作, 2009/4/21
作者初の単行本である。全7作(9編)に冒頭4頁と中程に8頁のカラーイラストという内容。そのほとんどが緊縛されていたぶられる美少女というイラストが作風を象徴している。当然ながら今に比べて粗削りな画風だが、作者らしいムッチリ柔らかそうな肢体の女性達はこの頃からしっかり描かれている。

可哀想なシチュエーションで責められる展開が多くて読み手の嗜虐性を刺激するが、ストーリー展開にムラがあって纏まりに欠けたり意味不明な結末だったりする作品もある。作品的に一番の出来は【Brother(前後編)】だろう。実弟を密かに愛する姉が酷い目に会う哀しく切ない展開から最後は弟に想いを告げて結ばれる背徳の愛情物語である。

美しい娘の「初めて」を恋人の目の前で奪う実父が鬼畜外道な【人形(オモチャ)】の背徳感と寝取られ感はなかなかのもの。捨て身の頑張りが全く報われない娘が不憫過ぎる。【美幸(前後編)】、【旧友三人】も寝取られだが、美幸の行動は全くもって理解に苦しむ、というか理解不能である。

むしろ婚約者の親友が寝入ったスキに合体しちゃう旧友(かつての恋人同士)や、拾った猫が【ねこびと】に変身して恩返しの「ご奉仕」をする話の方が、いやらしくも微笑ましくて好印象に思う。ベタだがホラーテイストな【最終電車】や、バーチャルマシンで想像の快楽を味わう【電脳遊戯】(訪問販売に殺到する団地妻達がシュール)といった一風変わった作品もある。

さすがに初期の作品らしく、意気込みがまだ描き切れていないところも見受けられるが、だからこそ感じられる勢いや思い切りの良さがあるように思う。
『サディスト-加虐性愛者』のレビュー掲載元


変な物言いになるかもですが、LINDA先生も早キャリア15年になろうかというベテランの粋に達したのですね。

なんか、そんな感覚ないなぁ~。(^^;)

でも、まぁ、このデビュー作の作画を見れば初々しさもあったりで、やはり時の流れは感じますねぇ。



堕ちていくダメな女を描き続けている点においては今もブレていないLINDA先生ですが、初期のトンがった感じが個人的には好きです。

LINDA凄ぇよ、LINDA!!

と叫びたくなる作風でしたね。





【最新作】

◆好きな娘に限って…(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
2014/9/20 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
DMM.R18はコチラから。


LINDA
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : LINDA

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2