FC2ブログ

ガラスの女神(著:朝森瑞季、バンブーコミックス)

2007/6/16 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子コミックはコチラ。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

さえない大学生の圭太は、同級生の美女・ほのかと運命的な出会いを果たす。ほのかに上手く想いを伝えられないまま、ひょんなことから後輩の彩と付き合うことになるが…。ふたりの間で揺れる男心を等身大&エッチに描いた、三角関係キャンパスラブコメディがここに誕生!!


★★★★☆ 三角関係の学園モノだが今のところは後輩が優勢, 2009/3/17
大学生の主人公【佐倉圭太】と出会った同級生【栗宮ほのか】とその後輩【穂波彩】による三角関係の話だが、この作者が描く可愛らしい女の子が学園モノに合っていてイイ感じの作品である。また、三角関係にしてはヒロイン2人が奪い合うのではなく、ほのかとの恋が始まりそうな時に彩が電光石火の早業で圭太と恋仲になってしまったために、結果として先を越された形になっている。

圭太はこの2人とは別々に出会っているのだが、ほのかとは心の部分で自分と同じ感覚を見出す「精神的な運命の出会い」を感じたのに対し、踵のとれたパンプスを直してあげた女の子と後に再会するという「物理的な運命の出会い」をした(と思っている)のが彩という対照的な違いを見せているところが面白い。

また、この2人の性格も対照的で、イケイケ押せ押せな彩に圭太を引っ張り回され、内心はいざ知らず表向きほのかは圭太と彩の2人を応援するポジションにいる。そのため圭太は彩とばかり交わっていて、ほのかとは第1話のみである。ほのかを応援する立場で読むと歯痒くて仕方ない。圭太も良いヤツなのだが、彩の押しに弱いヘタレなので、この関係がズルズルいきそうな気配である。

時折彩を飛び越えて圭太とほのかが心を通わすシーンがあってかろうじて少し溜飲を下げることができるが、実は彩も性根が物凄く良い娘なので何とも悩ましい。この先どういった展開になるのか分からないが、できればほのかも彩も幸せになるような展開を(難しいのは承知だが)期待してしまう。最後に付け足しみたいで恐縮だが、パイズリが印象的な情交シーンも(ほとんどが彩だが)可愛げのあるいやらしさでなかなか良い。
『ガラスの女神1』のレビュー掲載元




2008/3/17 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子コミックはコチラ。
DMM.R18はコチラから。
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

同級生の美女・ほのかへ惹かれつつも、後輩の彩と交際を続ける圭太。圭太は‘彩の彼氏’でいるために、ほのかへの想いを断ち切ろうとするが、遊びに来た従姉の登場で事態はどんどん複雑に…!?好きだけど素直になれない恋ゴコロが絡み合ってますます目が離せない!!可愛コちゃん満載の三角関係キャンパスラブをご堪能あれ!!


★★★★★ 従姉の後押しや恋敵(?)の登場が圭太の真意をくすぐる第2巻, 2009/3/29
ヘタレ圭太の心情に変化を与える新キャラの登場が物語を面白くさせている第2巻。従姉の【純】は、その出会いからして当初からほのか支持派。圭太とほのかの自然な振る舞いを見て確信を得るのだが、この2人がそれぞれ「彩」という壁に対してどうすれば良いのかわからずにいることにも気付いていくもどかしい展開である。

つまり、圭太の気持ちはほのかに未練を残しながら彩の想いも無碍にできない、前巻から引き続きの状態が前半である。そのため本巻でも彩との情交がほとんどで、これではほのか成分が無くなるとばかりに夢オチでほのかが出てくるくらいである。

彩の想いに答えよう、ほのかを忘れようと努め、積極的に迫る圭太の責めに乱れる彩が艶めかしい前半に比べて、後半になると彩の姿にほのかが重なるようになり、圭太の正直な想いがほのかにあることが具体的に描かれてくる。

こうなってくると、どういう展開で圭太とほのかがそれぞれ心の垣根を取り払うのかが気になってくるが、終盤で出てきたミスコン実行委員の先輩という院生の存在が圭太にとっていいカンフル剤になるかもしれない。
『ガラスの女神2』のレビュー掲載元




2008/12/17 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子コミックはコチラ。
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

彩との交際を続けながらも、ほのかへの想いを募らせ続けていた圭太。彩がミスコンに優勝した学園祭の夜、圭太とほのかは消し去れない恋心を互いに確かめあうが……。ドキドキ三角関係ラブの決着は!?ラブ&エロスあふれる展開が見逃せない、感動のクライマックス!!


★★★★★ 激しくぶつかり合う2人の深い想いが圧巻の完結編, 2009/3/27
これまで流されてばかりいた圭太がようやく自分の想いに正直なる完結編である。極めて王道的展開の安心感の中で圭太とほのかの想いが初めてぶつかり合い、深く激しくお互いを求め合う様がこれでもかと描写されている。

彩に対する罪悪感を覚えつつも、純情可憐なほのかが大胆に迫る圭太に戸惑い恥じらいながら答えていく姿がいじらしい。実は情の深い女の子だったことも伺わせる、ほぼ全編ほのか一色の本巻である。

逆に彩とは切ない結果になってしまうが、むしろ誰よりも早く自分の生き方を見つける方向に纏めた上手な結末と言えよう。最後まで健気で気丈に振る舞った彩もやっぱり良い娘だったし、全体を通してみても上質なラヴストーリーだったと言えるのではなかろうか。
『ガラスの女神3』のレビュー掲載元




後に実写版で映像作品化もされたくらいですから、おそらく朝森作品の中でも代表作と位置付けるべき作品でしょう。

典型的なヒロイン2人の三角関係展開で、物語全体としても前半は対抗ヒロインの方が幅を利かせているのですが、それだけにメインと心も体も繋がってからの濃厚な描写が圧巻でしたね……最終巻とか相当ないやらしさですよ。(^^)

またですね、この対抗ヒロインも実に良い娘でしてね……そのままにしておくのは勿体ないほどでしたわww

【実写版】

◆ガラスの女神(DVD、出演:朝日奈あかり、恵けい、竹書房)
2009/09/04 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。
さえない大学生の佐倉圭太。彼女もいないままにすごしていた彼が、同級生の美女・栗宮ほのかと運命的な出逢いを果たす。ほのかに想いを伝えられないまま、ひょんなことから後輩の穂波彩と付き合うことになる。しかも彩はほのかの後輩だったのだ!ほのかを想いながらも彩に振り回される圭太。友達の結婚式のために上京してきた従姉・純の悪巧みもあり、ほのかに想いを告げようとするが…。

◆ガラスの女神2(DVD、出演:朝日奈あかり、恵けい、竹書房)
2009/10/02 発売
Amazonはコチラから。
DMM.R18はコチラから。
同級生のほのかに思いを寄せつつも、ほのかの後輩・彩と付き合っている佐倉圭太。ある日圭太は、ほのかが男と仲良く歩く姿を見てしまい、ほのかへの思いを断ち切ろうとする。実は男は大学のミスコンの実行委員で、ほのかにミスコン出場を勧めていたのだが、ほのかは自分の代わりに彩を推薦する。彩はミスコンで優勝。喜びを共有し、誤解の解けた圭太とほのかは、ついに互いの気持ちを確かめあうが…。

AV女優さんが演じていますが、扱いとしては【非18禁】な一般作品です。


朝森瑞季
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 朝森瑞季

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2