FC2ブログ

美味しくたべてね(著:美野晶、竹書房ラブロマン文庫)

2014/7/7 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。

地方にあるメーカーの開発部に勤務する若手社員の龍一は、謎めいた薬膳料理店の女主人・紅蘭に誘惑され、思いがけず悦楽のひとときを過ごす。しばらくして女上司の園田玲子とともに再び店を訪れた龍一だったが、今度は紅蘭の作る料理を食べた玲子が、欲情丸出しで龍一に迫ってきた。普段のクールさとは裏腹に、情熱的に熟れた肉体をさらす玲子を思う存分味わった龍一。不思議なことに彼女以外の女性も、紅蘭の料理によって性感を高められるようだった。謎に満ちたチャイナドレス美人の紅蘭の正体は何者なのか。やがて明かされた真実は、龍一にとっては驚愕すべきものだった…!人気作家が描く、中華風誘惑ドラマ!


★★★★★ 単に料理店を舞台としただけでないアイデアあり, 2014/8/26
基本的な構成は過去の作品と大体似ている。構造的にはほぼ同じと言ってよい。しかし、そんな中でも何かとユニークなアイデアを盛り込んでくるのが美野作品の良いところであり、本作もまた単に料理店を舞台しただけに止まらない主人公とヒロインの過去が綴られている。

25歳の社会人主人公に対して直属の女上司【玲子】とその友人にして経理部門に配属されている【美鈴】という三十路越えの熟女2人に、庶務担当で美鈴と机を並べる22歳の若手社員【綾乃】というサブヒロイン3人体制は、物語の幅を広げるための各エピソードを受け持つ意味では割と適した布陣と言える。勝気な玲子が抱える過度なストレスだったり、美鈴の離婚の理由ともなった不感症だったり、彼氏に別れを告げられた綾乃の極度なダイエットだったりと、いかにも女性ならではの悩みをメインヒロイン【紅蘭】が供する薬膳料理で解決していく序盤から中盤までの流れは想定内ながら官能面との絡みも良好に進んでいたと思う。何より全7章立てのうち第二章から第五章までの4章でサブヒロイン3人との直接的な官能描写が計6度も描かれており、中でも玲子と美鈴とは章を跨いでも関係が続いていることで1章1ヒロインといった薄っぺらな展開では得られない奥深さを物語と官能の両面で感じることができた。

しかし、この中盤までのサブヒロイン達とのやり取りはお膳立てに過ぎない。過去の美野作品でも同様の構成ではあるのだが、第六章で明らかにされる主人公と紅蘭の、およそ官能小説らしくない過去の諸々を読むと、これまでの美野作品とは一線を画すスケールの大きさも感じられてくるのが本作の特徴と言えよう。まぁ、その節々にはファンタジーな設定も混じってくるので若干の苦笑い的微笑ましさも禁じ得ないのだが、官能小説の背景としてここまでアイデアを膨らませたことに感心したいと思う。

曖昧だった過去と現在が繋がった主人公とその本来の姿を心待ちにしていた紅蘭とが晴れてお互いに愛情を確認し合い、さらに深めていく終盤は、クールで落ち着きのあった紅蘭が恥じらい乙女のごとく様変わりしていくギャップが魅力である。当初はチェリーだった主人公も3人のサブヒロインとの逢瀬を重ねた結果、紅蘭を責め立てられるまでになっており、30歳の紅蘭を悶え喘ぎ捲らせる淫猥さがイイ感じでしっかり描かれているのは実に良かった。

作者の得意とする構成が今回は上手くフィットしており、登場人物のキャラ立ちの良さと物語の良さが噛み合ったことで官能面の底上げにも成功した作品の1つと言えるのではなかろうか。
『美味しくたべてね』のレビュー掲載元


今回もイイ感じの官能ラヴコメが描かれていた美野作品でした。(^^)

まぁ、主人公とメインヒロインとの間には「へぇ~」といった感じで、ちょっぴり切ない過去があったりもしますが、むしろ官能小説でここまでの過去設定をよく盛り込んだナァ~と感心もしたり。(^^;)

うん、逆にとってもラノベっぽいw

しかし、過去が蘇ってからの、ヒロインの浮かばれる感じと恥じらいの可憐な可愛らしさは良かったですね。

主人公もヒロインをちゃっかり美味しくたべちゃってますしね!(笑)



美野作品も最近はストーリー展開がすっかりパターン化されてきた感がありますけど、単なるマンネリズムには陥らないよう配慮されているのか、時にオモシロ設定(笑)も交えつつ様々な要素が作品毎に盛り込まれているので今のところは飽きずに楽しく読ませていただいております~。

竹書房ラブロマン文庫 美野晶
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 美野晶

コメントの投稿

非公開コメント

東洋の神秘

DSKさま

漢方に日頃からお世話になっている身としては、こんなところにも東洋の神秘が(笑)と思ってしまいました。
確かに美野作品のストーリー展開がすっかりパターン化されてきたというDSKさんのご指摘に共感です。主人公やマドンナの背景もなんとなく同じのような気もします。
それでも手に取ってしまうのは、美野作品に登場するヒロインの描写が私としては何となく相性がいいからかもしれません。

美野作品の魅力

DSKです。
コメントありがとうございます。

>それでも手に取ってしまうのは、美野作品に登場するヒロインの描写が私としては何となく相性がいいからかもしれません

物語の筋立てが似通ってくるのは、作を重ねてくるとある程度は致し方ないとは思いますから、その中でも違いを出すには登場人物の魅力が決め手だろうと思うのです。その点で美野作品の魅力は、その面白味のあるストーリー展開とともにまだまだ輝いていると思いますよね。

ではでは~!
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2