FC2ブログ

義姉体験-恋人は兄嫁(著:巨道空二、リアルドリーム文庫)

2008/9/24 発売

義姉体験-恋人は兄嫁

著:巨道空二リアルドリーム文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍 - 携帯版〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

憧れの兄嫁--いつも明るくて優しい綺麗なお義姉さん。
青年が恋した相手は、年の離れた実兄の嫁だった……。
「わたし、真二君に……慰めてほしいな……」
留守がちの夫に愛想を尽かした義姉が大胆行動!?
理性を失った青年は、Yシャツ一枚の無防備な人妻と、
欲望の赴くまま禁断の不倫遊びを開始してゆく……。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 2人だけで営まれる背徳の密戯, 2009/5/18
おフランスの「黒本」ばかり読んでいると逆に新鮮味を覚える主人公とヒロイン2人だけの濃密な物語である。主人公の実兄でもあるヒロインの夫も一応登場するが、背徳感を演出する位置付けで、ヒロインとの直接的なカラミ描写はない。あくまでも兄(夫)を裏切ることへの罪悪感の中で、それでも抗えない愛欲に溺れてしまうストーリーである。

他に相手がいないので、都合4度の情交シーンはどれもじっくりねっとり丁寧な描写で頁を費やしている。また、最初は夫に操を立てて拒むヒロインが、仕事優先で海外出張ばかりの夫に半ば愛想を尽かすように想いが決壊、ついに陥落する1度目、最後の一線を越えたことでタガが外れ、むしろ積極的に振る舞い始める2度目と、回を重ねる度にヒロインの心境の変化が描かれている。一貫して義姉に強い愛情を抱く主人公も自信と確信を深め、3度目ではさほどハードではないものの拘束具を用いてお尻を責めたり、海外出張から帰ってきて自宅で酔い潰れた兄(夫)のすぐ横で情交に及んだりする。

一時は疎遠になりかけた夫婦仲も改善されながら、主人公にも今後の夫不在時の相手をおねだりする結末には、主人公に対するヒロインの、夫と同等の愛情を感じさせながら、甘え上手な小悪魔的可愛らしさや浮気継続のしたたかさも同時に、しかも無意識的に垣間見せており、ヒロインの方が役者が一枚上のような気がする。

さほど起伏のある展開でもなく、大きなドラマもないが、無邪気さと妖艶さを兼ね備えた魅力的な兄嫁と、一途に想いを募らせる義弟の織り成す心と体の交わりがなかなか良い雰囲気を醸し出している作品である。
『義姉体験-恋人は兄嫁』のレビュー掲載元


二次元ドリーム文庫より幾つか上梓されていた巨道空二先生の、リアルドリーム文庫のデビュー作であります。

巨道作品って、1人ヒロインが多いから好きなんですけど(^^)、本作もまたメインタイトルに「義姉」を用いながらサブにも「兄嫁」と重複させるほど義姉(兄嫁)一辺倒の内容ですw



みきりっちさんのブログで紹介されている本作の記事です。
リアルドリーム文庫 義姉体験 恋人は兄嫁義姉体験 恋人は兄嫁 (リアルドリーム文庫 5)posted with amazlet at 10.03.04巨道空二 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 181722おすすめ度の平均: 2人だけで営まれる背徳の密戯Amazon.co.jp で詳細を見る憧れの兄嫁―いつも明るくて優しい綺麗なお義姉さん。青年が恋した相手は、年の離れた実兄の嫁だった…。「わたし、真二君に…慰めてほしいな…」留守がちの夫に愛想...
リアルドリーム文庫 義姉体験 レビュー





敢えてCGっぽさを残しているような挿絵の雰囲気も相まって、何とも言えないしっとり感が醸されていたように思いました。

印象に残っている作品ですね。





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : リアルドリーム文庫 巨道空二

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2