FC2ブログ

特別個室と僕-看護婦母娘 vs. 二人の先生(著:本藤悠、フランス書院文庫)

2009/3/23 発売

特別個室と僕-看護婦母娘 vs. 二人の先生

著:本藤悠フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「特別個室」は淫らな願望がすべて実現する最高の楽園!
僕の肉棒に頬ずりして優しく奉仕する二人の女教師たち。
白衣を脱ぎ捨て挑発ガーターで交合をねだる美母と姉。
21歳、25歳、29歳、37歳、年上の蜜香に満ちた部屋で続く
夢にまで見た光景だらけの、悩ましすぎる入院生活。
誘惑vs.相姦―甘く過激に導かれる、大人への青い扉。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 主人公への愛情と過剰なまでの欲望が乱舞する開き直りのヒロイン達, 2009/3/29
本作に登場する4人のヒロインに言っておきたい。「アンタ達、揃いも揃って聖職者なのに、その変態過ぎる破廉恥振りも大概にしておきなさいよ」と。ついでに主人公にも「君ねぇ、こんな絶世の美女達に囲まれて無条件に愛されてこっちがジェラシーだよ」と。つまりはそんな作品である。

前作にしてデビュー作『女教師母娘』でも繰り広げられた、自分の想いに正直なゆえに無節操に暴走する愛欲の乱舞が、本作でヒロイン倍増、破壊力も倍増で弾けまくっている。やや病弱(その割にムスコは物凄く元気)な中学生主人公に対し、養護教諭と担任の先生、そして実姉と実母(揃ってナース)がショタコン気味な「主人公大好き!」攻撃を仕掛けまくる展開が最後まで続く。積極的な先生組に対して、さすがに相姦の禁忌に阻まれて遠慮がちだった実姉が包み込まれ、最後に実母が巻き込まれる流れである。

それにしてもヒロイン達がことごとく欲望に忠実に振る舞う様が赤裸々で、もぅ呆れるというか笑えるというか、一体全体どうなってるの、という感じである。少しばかりくどい気もするが、主人公に対して正直に向き合う姿がはしたなくもいやらしい過剰反応を見せ、言葉だけで、あるいはムスコを握っているだけで絶頂を迎えるほどの感応振りにはある意味天晴れである。

しかも面白いのは、ヒロイン達がみんな自分が変態だと自覚していることである。そして実母の参戦によって『変態同盟』が完成し、この同志的連帯感がいやらしさに拍車をかけている。セリフも可笑しくて、ほぼ全編で笑いが込み上げてくる。

最後はもちろんみんなで仲良く乱れ狂うクライマックスだが、この後のエピローグでちょっと予想外の展開が待っている。なるほどそう来たかと思わせる、明るい未来を示唆する結末には甘さを越してクサさすら感じるが悪くない。
『特別個室と僕-看護婦母娘 vs. 二人の先生』のレビュー掲載元


本藤先生の2作目ですが、本作でもヒロイン達が主人公へのショタコン的愛情を変態的に振り撒いて暴走しておりますw

4人のヒロイン全員ですwww



にゃらさんのブログで紹介されている本作の記事はコチラ。
誘惑官能小説レビュー 本藤悠「特別個室と僕 看護婦母娘vs.二人の先生」





その兆候はデビュー作から既にあった訳ですが、続く本作でパワーUPの本領が発揮(笑)されてもまだ微笑ましいと言いますか、こちらも面白がって読んでおりました。

それが本藤先生本来の作風にして18番とも知らず……。(^^;)

いや、それはそれで面白いからイイんですけどね、ええ。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 本藤悠

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本藤悠「特別個室と僕 看護婦母娘vs.二人の先生」

本藤悠「特別個室と僕 看護婦母娘vs.二人の先生」 (フランス書院文庫、2009年3月、表紙イラスト:村山潤一) ネタバレ有り。御注意下さい。 2016年7月20日レビュー再編集。 作品紹介(公式ホームページ) 特別個室と僕 看護婦母娘VS.二人の先生 (フランス書院文庫) [Kindle版]本藤 悠フランス書院2012-08-17 【あらすじ】 夏休みを前...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2