FC2ブログ

四姉妹と迷える子羊(著:井荻寿一、バンブーコミックス)

2008/12/27
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

人生崖っぷちの青年・更科羊…。行き倒れた彼は美人社長に拾われ、美しき四姉妹が住む屋敷の執事となることに。そして、そんな彼に下された指令は三女の楓をモノにすることだった!?


★★★★☆ 三女を救おうとする姉妹と主人公の物語, 2009/3/15
野垂れ死に寸前の主人公を拾って執事という名の小間使いとして雇い、過去のトラウマで男嫌いになった三女を救おうとする話。タイトルからすると主人公が子羊ということだが作中では今のところ存外に扱われている。出会いからして最悪だった三女からは「ヘンタイ」と呼ばれるが、「ヘンタイっぽい男」に格上げされたり戻ったりしながらも、本巻のクライマックスである三女の監禁騒動を経て仲は進展している。三女がやや「狙われるヒロイン」なところがあるがキホンはハーレム展開と言えるだろう。

最終的には三女の男嫌いと同時に、実は感じやすい体質と併せての心と体の解放を主人公が果たせるかが読み所かと思う。画風については、いわゆる美女ではないが個性的な姉妹が奔放に主人公と絡む場面が多々あり、相応に官能的な描写もあって悪くない。
『四姉妹と迷える子羊1』のレビュー掲載元





2009/9/29 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

三女・楓の処女を奪うという指令を課せられた執事・更科羊。しかしその行く手には様々なトラブルが待ち受けていた…!!美人姉妹に振り回される、羊の運命は!?大好評の執事生活ラブコメディ第2弾!!


★★★★☆ ストーリーに厚みが出てきて面白さが増した, 2009/11/1
【蘭(長女)】 腹に据えかねた個人的理由が元で酔い潰れて羊とホテルに
【桔梗(次女)】 特記事項なし
【楓(三女)】 相変わらずのツン寄りなツンデレだが今回も羊との距離が縮まる状況に
【皐(四女)】 今回のメインヒロイン。羊への想いが高まり、ある事件を経て……

楓メインの構図に変わりはないが、他の姉妹との関係にもドラマが描かれることでストーリーに厚みが出てきた。まぁ、引き延ばしとの穿った見方で揶揄される可能性もあるが、せっかくの四姉妹なんだし、ただ無意味に体を重ねる軽薄よりずっと良いと思う。しかし、本巻のほぼ全編が皐のターンになるとは思わなかった。桔梗は言うに及ばず楓までをも隅に追いやる活躍である。そして、前巻の楓に続いて今回は皐にピンチ、つまり貞操の危機が訪れる。この一件を経て結果的には羊との関係がより深まる訳だが、こうなると完全に楓のライバルに躍り出ることにもなり、この三角関係の行方がちょっと楽しみになってきた。

これに対して楓とは小さなハプニングがあるくらいだが、積極的な皐に当てられる形での心境の変化により、何げに羊との仲は進展していたりする。後半にはまた侵入者か?という演出があって楓のデレ成分も噴出する。ただ、この全くもって素直じゃない楓が羊と皐の関係を知ったらどうなるのだろう。修羅場となるか対抗心を露にするか、あるいはその両方が訪れるのだろうか。

肝心の情交シーンは正直物足りない。連載への影響なのか背景などを端折って手数を減らしているように見えなくも無いのが残念。正常位ながらより深く結ばれようとする想いは伝わるので、ここはもうすこし臨場感が欲しいところである。なので星3つかなぁとも思ったが、物語が面白くなってきたので+1ということで。なぜか本シリーズ冒頭(第1話)のメイドさんが再登場してるし。
『四姉妹と迷える子羊2』のレビュー掲載元





2010/7/7 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子コミック>
DMM.R18はコチラから。<電子コミック>

四姉妹の三女・楓をモノにするという指令を課せられた執事・更科羊。それなのに他の三人と先に関係を持ってしまうありさまで…。しかし、ついに楓と一線を越える瞬間がやってきた!!いよいよミッション完成<コンプリート>!?愉快(?)な下僕生活ラブコメディ…完結巻!!


★★★★☆ もう少し続くかと思ったが……, 2010/10/11
このシリーズはもう少し続くと思っていたが、早くも本巻で完結である。全3巻が少ない訳ではなく、まだいかようにも話は膨らませられそうだったし、そのためのネタもあったようなのに半ば無理矢理終わらせた感じが漂う。そのためか、若干突拍子も無いエピソードも含めて、いろいろとかなり詰め込んでいるのだが、最後にズルっとずっこけるようなオチで読み手を軽く戸惑わせる結末にもなっている。それでも物語の骨子はギリギリ保たれてはいるので、まぁ、一応の大団円となろうか。もしかしたら作者の「本当はもっと続けたかったのになぁ」という想いが詰まった最終巻なのかもしれない。

ただし、最終巻らしく情交描写がなかなか多く、いやらしさも前巻よりはUPしていると思う。この意味では、エピソードだけでなくカラミも詰め込んだと言えるかも。何しろメインヒロインたる三女の楓との交わりが(ようやく)大フィーチャーされたので興奮度も上がる。それだけにもっと開き直った形でのラヴラヴも見たかったが、この2人の関係はこれくらいでいいのかもしれない。少々強引ではあったが、物語冒頭のシーンを思い起こさせる演出は悪くなかった。でも、サブヒロイン、特に四女の皐との関係などは未解決というか半ば放置してるんだよな。
『四姉妹と迷える子羊3』のレビュー掲載元





※あらすじは Amazon より引用。



ちょっぴりドキドキさせられる展開を絡めた恋愛ストーリーをよく描かれる印象の井荻寿一先生ですが、本シリーズはやや物足りなかったかなぁ~?と感じた全3巻ですね。

第2巻で広げ始めた風呂敷を第3巻で急速に畳み始めて畳み切れず、みたいな終わり方でしたから、何らかの事情が発生して3巻止まりになったのでは?と勝手ながら推測しています。

四姉妹も出す時点である程度の長期化が予想できますものね。



【目下最新のお仕事】
◆ひと肌脱ぎますっ!-新米編集まりかの受難(著:藤枝卓也、ぷちぱら文庫)
2014/2/27 発売
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
新人編集者であるまりかは、アダルト漫画雑誌『月刊エロイスト』に配属された初日からスランプ中の漫画家・御幣島文人の担当をすることになった。文人にやる気を出して貰うため、自身の身体を資料として差しだす決意をするまりかだったが、下着姿を見せるといったことからはじまり、胸揉みやオナニー、さらにはフェラへと、次第に要求はエスカレートしていって…!?



今のところ最新のお仕事はジュブナイルポルノの挿絵みたいですが、作画のレベルUP振りが格段に感じますよね。こぅ、なんか、とってもイイ感じにムッチリしてると言いますか……素敵にいやらしいww





井荻寿一
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

tag : 井荻寿一

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2