FC2ブログ

未亡人熟母の寝室-Secret Lesson(著:鏡龍樹、フランス書院文庫)

2002/9/24 発売

未亡人熟母の寝室-Secret Lesson

著:鏡龍樹フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。

「困ります……もうすぐ、菜摘が帰ってきて……あっ」
ソファに押し倒され、家庭教師に美唇を貪られると
口をつく艶っぽい吐息。未亡人の秘所は濡れていた。
母として生きてきた佳美の身体を最高の愉悦が……。
玄関先で、寝室で過ごす姦淫の時間、秘密のレッスン。
未亡人熟母の嬌声が響く、娘には知られたくない素顔。


★★★★★ 心も美しい娘が貞淑で妖艶な未亡人母を思いやる愛の物語, 2009/3/2
これは……!もしかしたら誰が何と言おうと、作者自身でさえ「ちょっと異色」と言おうとも鏡作品の最高傑作ではなかろうか。自分的には間違いなく殿堂入り確定である。

確かに鏡作品にしては主人公がオドオドしたウブな少年ではなく、むしろしっかり者の大学生であり「初めて」も終えている。この家庭教師の主人公が教え子の母(未亡人)を見初め迫っていく展開が異色である。それもいきなり風呂あがりの母とばったり鉢合わせして強引に迫り貞操を奪ってしまう。母の抵抗が弱過ぎる気もするが、もとより憎からず想っていたのだろうと推測すれば唐突な印象も多少拭える。

そして主人公が己の情欲のみで迫っているのではなく本当の本気だと示すセリフがあり、これが本作のカラーになっていく。家庭教師の時間前に逢瀬を重ね、年の離れた恋人同士になっていく展開がミラクルながら心地よい。ソファで迫り、娘の部屋で交わり、またまたソファで今度は後ろからとシチュエーションもいやらしくてグッド。いきなり玄関先で交わり、またもや娘の部屋へ移動して娘の服を着せて娘のベッドで2回戦突入といった背徳感たっぷりのシーンもある。乱れながらも恥じらいを捨てない母が艶めかしく美しい。

そして、早く帰宅した娘に情事を覗き見られる場面があるが、ここでこの娘の凄いところは、自分も主人公に恋していながら、ようやく見つけた母の幸せを尊重して身を退こうと考えるところである。娘とも関係を持つのだが、これは三角関係の泥沼を避けながら娘の最初で最後のお願いを聞き届ける唯一の策としての、1度限りの儀式であり、この儀式で娘は「初めて」を奉げる。その後、主人公の決心と娘の後押しが綴られるエピローグを迎える。

現実感は乏しいかもしれないが、この2人、そしてこの家族にとって最高の結末と言えよう。ああ、素晴らしい。未来の覚悟も自覚してよくぞ決意した主人公!である。
『未亡人熟母の寝室-Secret Lesson』のレビュー掲載元


この作品については一言だけ。

DSK的 鏡 作 品 最 高 傑 作 !

以上。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鏡龍樹

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鏡龍樹「未亡人熟母の寝室【Secret Lesson】」

鏡龍樹「未亡人熟母の寝室 【Secret Lesson】」 (フランス書院文庫、2002年9月) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 【あらすじ】 家庭教師の康宏は教え子の菜摘の家でその母親の佳美のバスタオル姿を目にして、衝動的に関係を持ってしまう。繰り返し佳美を抱く内に、その関係は娘にも知られるところとなるが…。 【登場人物】 ...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2