FC2ブログ

僕だけの未亡人叔母(著:新堂麗太、フランス書院文庫)

2003/8/23 発売

僕だけの未亡人叔母

著:新堂麗太フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

セックスが、麗子さんの女体がこんなに気持ちいいなんて。
上京して二週間、叔母に教えてもらうまで知らなかった。
男性器を包みこむ紅唇の心地よさ、熟女の秘部を貫く征服感。
大きく脚をひろげ、悩ましく喘ぐ叔母さんを独占したい!
未亡人の寂しさは、僕がいつでも癒してあげる。
純粋すぎる少年の想いに溺れる若未亡人叔母の私生活。
(引用元:Amazon)


★★★★☆ 物語が充実している, 2009/2/22
果たして官能小説にドラマ性が必要なのかと考える向きもあるだろうが、これは相応にあった方が良い、むしろあるべきと考える。ただ濡れ場だけを抽出するのならば、わざわざ小説を選ぶ必要はなくAVで事足りるからである。大っぴらに観賞出来ない環境の人もいるので一概には言えないが、それでも文字だけで数百頁も読むのだし、やはり小説なのだから物語の中に官能が、あるいは官能に至るための物語があって成り立つものだと思う。

なぜこんな講釈を垂れているのか、それは本作が普段の新堂作品でありながらドラマの部分に常ならぬ気配りをしたのか、実にスムーズな流れを感じたからである。

2人のヒロインが嫉妬心を内心剥き出しにして主人公を奪い合うのだが、それぞれとの密戯が発覚して双方が主人公に三行半を突き付けるところがいつもと少し違う。また、その後も普段なら主人公が反省した頃合いを見計らってヒロイン達が百合を見せつけて和解するパターンが多いのだが、本作ではここで(ベタだが)なかなかドラマティックな捻りをひとつ効かせて主人公の悔恨を演出している。これまでも、またこの後にも見られない流れである。さらにヒロインそれぞれにもドラマがあり、それが主人公との同居生活の中で影響を及ぼし、心と体の融合をさらに促す要素になっている。

ただ、タイトルからすると未亡人の叔母がメインかと思うし、実際にカラミも叔母との方が若干多い気もするが結末は違った形で迎える。デビュー作『若未亡人の寝室』に通ずるものを感じる作風である。

なお、物語の本線からはズレるが、この未亡人叔母は、後にその理由が判明するものの、男を取っ替え引っ替えしてパーティに出掛け過ぎと思う。実姉に肩入れしていると何てこともないだろうが叔母寄りだと何となく少し釈然としなくなる。あと、クライマックスの3Pが消化不良気味。
『僕だけの未亡人叔母』のレビュー掲載元


DSKが個人的に初期の傑作と位置付けている『熟母と家庭教師』に続く5作目が本作。この頃からしばらくの新堂作品はノッてると言いますか、内容が充実している印象ですねぇ。(^^)

デビューから2年目という勢いもあったのかもしれません。



にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
誘惑官能小説レビュー 新堂麗太 「僕だけの未亡人叔母」








関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 新堂麗太

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2