FC2ブログ

二人の熟夫人-狂った寝室(著:巽飛呂彦、フランス書院文庫)

2005/7/23 発売

二人の熟夫人-狂った寝室

著:巽飛呂彦フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「初めての相手が、わたしでもいいの?」
Fカップの乳房を両腕で隠し、大学生に囁く和季子。
「わたしを彼女だと思って、好きにしていいのよ」
柔尻をくねらせ、硬い肉茎を優しく包むひとみ。
32歳と36歳、同じマンションの熟夫人と重ねる密会。
夫のいない昼下がり、隣りの奥さまは美獣になる!
(引用元:Amazon)


★★★★★ 翻弄され嫉妬に狂う夫人, 2009/2/10
う~ん、何とも悩ましい。ストーリーの一部にどーにも許しがたいところがあり、趣旨というか美学(そんなものあったのか自分)に反する気がして躊躇うのだが、それを補って余りある充実の官能成分により星5つを献上すべきか否かで悩むのである(と言いながら星5つなのだが)。

2人のヒロインはメインとサブに分かれる。19歳の主人公を見初めた36歳の夫人との昼下がりの情事が終盤までずっと続く。夫が単身赴任でセックスレスだった専業主婦なので平日の昼はヤりまくりである。当初はウブだった主人公も次第にテクニックと自信をつけ、夫人を翻弄していくようになる。このアブない関係での立場の逆転がじっくり描かれていて艶めかしい。

そして行き着いた果てに主人公へ隷属してしまうのだが、この展開がどーにも好きになれない。写真撮影に野外露出はまだしも最後の命令は明らかにやり過ぎで不快だった。そんな主人公の増長がフツーなら許せないのだが、無邪気なモノローグがそれをギリギリで抑えてしまう巧みな演出である。

ここまでひどいことをされながらも主人公無しではいられなくなった夫人は、当初こそ主人公の若さに任せた迫りをいなしたりして自分も過度に溺れないよう努めていたのだが、結果だけを見ると残念ながら「ダメな女」と判断せざるを得ないだろう。適度に距離をとって男を振り向かせるのも女の甲斐性だと思うし、ここまで何でも言うことを聞かれると却って男はつまらなくなっちゃうんだけどなー、なんてどーでもいいことを考えてしまった。

最後はもう1人の32歳の夫人も瞬く間に虜にしてしまい、二股発覚の修羅場の末に2人まとめて可愛がる結末である。ストーリーがどうあれ、夫婦の寝室からソファにダイニング、果ては野外まで飛び出して、様々な(帆かけ舟まで繰り出す)体位で絡み合うシーンは大変多く、そのどれもが相当いやらしいために官能小説としての満足度は高い作品である。
『二人の熟夫人-狂った寝室』のレビュー掲載元


本作も凌辱路線から激甘な方向へと舵を切る過渡期の作品群の1つと勝手に位置付けていますから中盤以降が重苦しくなるのは、まぁ、致し方なしとは思いますが、つまりはレビューにある『どーにも許しがたいところ』にかつての凌辱色が残っている内容と言えるのかもしれません。

※ネタばれOKの方は ↓ の「続きを読む」をクリック!



にゃらさんのブログに投稿されている本作の紹介記事。
巽飛呂彦「二人の熟夫人 狂った寝室」(フランス書院文庫、2005年7月、表紙イラスト:新井田孝)ネタバレ有り。御注意下さい。作品紹介(公式ホームページ)【あらすじ】エアコンの修理で和季子の部屋を訪れた一樹は汚れた服を洗濯してもらっている内にシャワーを浴びていると、何と和季子の方から関係を求められ親密になっていく。しかし次第に自分を縛り付けようとする彼女に苛立ちを覚え、過激な要求を出すようになる。【登場...
巽飛呂彦「二人の熟夫人 狂った寝室」





でも、それだけに官能場面や描写がモーレツにエロい!と断言致しますw

見方によっては昨今の「いいなり系」の先駆けとも言えそうな調教のテイストが適度に盛り込まれているんですね。







【ネタばれ】

レビューにも記した野外露出で、ヒロインを全裸にひん剥いてからコンビニへ買い物に行かせる場面がありまして、しかも道路の向こう側にあるコンビニですから、全裸のまま歩道橋を渡らせてもいます。

この場面ががっつり描かれてまして、まぁ、ヒロインが不憫に思えてなりませんでしたわ。(^^;)

公園の片隅とか草むらとかで羞恥を煽るならならまだしも、こういう衆目に晒す類いの露出はちょっと苦手ですね。

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 巽飛呂彦

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

巽飛呂彦「二人の熟夫人 狂った寝室」

巽飛呂彦「二人の熟夫人 狂った寝室」 (フランス書院文庫、2005年7月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 【あらすじ】 エアコンの修理で和季子の部屋を訪れた一樹は汚れた服を洗濯してもらっている内にシャワーを浴びていると、何と和季子の方から関係を求められ親密になっていく。しかし次第に自分を縛り付けようとする彼女に苛...

コメント

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2