FC2ブログ

満員電車(著:霧原一輝、二見文庫)

2012/5/28 発売
Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。

修吾は定年退職から一年後、再就職の面接を受けた。その帰りの電車で息子の嫁・千香が痴漢されているのを目撃し、これまでにない興奮を覚える。無事就職も決まり、通勤途中の満員電車で股間が女の尻に触れてしまう。揺れに任せて感触を味わっていたそのとき、女に手首をつかまれ――。人気作家の書下し回春官能!


★★★★★ 霧原回春王道路線に加えられたエッセンスが刺激的, 2013/5/23
基本的には一連の霧原作品で描かれる義父と嫁との回春路線だが、これに散りばめられたエンセンスが刺激的な作品に仕上がっている。

まずは言うまでも無く電車痴漢。単に義父と嫁が車内で痴漢プレイをイタすだけでなく、話のきっかけにもなる官能的な前触れが冒頭に描かれている。そして、中盤から後半にかけての橋渡しとして挿み込まれる映画館での戯れ。これがまたいやらしい。普段は上品でお淑やかな嫁が外で見せる別の一面や、一旦昂ぶると抑えが利かなくなる淫らなギャップを描くものではあるが、ここには義父でも夫でもない、家の外ならではの要素が実に上手く、淫猥に用いられているのである。

嫁の他に行きずりの女性のような若いサブヒロインが官能面で彩りを加えており、同時に、淫らなオンナの本性のような部分で嫁との共通性を垣間見せつつ、何となくのやるせなさのようなものを醸し出す役割をも担わせていると思われる。ただ、これは果たして必要なファクターだったのかな?むしろ、ヒロインは嫁1人に絞り、その戯れや情交をもっと増やして、嫁だけで表現することもできたんじゃないかな?と感じる部分も無いではない。

スカッとしない幕引きもまた何とも言えない雰囲気を漂わせているが、これは、まぁ、あれだけ好き勝手にヤッてきたのだから致し方ないというか自業自得というか、身から出た錆ということか?
『満員電車』のレビュー掲載元


この嫁サンええわ~w

自室内ばかりな回春モノにはない良さがありました。(^^)

二見文庫 霧原一輝
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二見文庫 霧原一輝

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2