FC2ブログ

ママの美尻(著:藤堂慎太郎、マドンナメイト文庫)

2005/8/19 発売

ママの美尻

著:藤堂慎太郎マドンナメイト文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

豊満な身体をもつ未亡人・亜希とひとり息子の達也。ふたりの前に現われた青年・雅人の導きで、優秀な女医であり、貞淑な未亡人であった母が女としての痴態を晒していく。そんな母の姿に欲情した達也は、母のアナルを責めはじめ……(引用元:Amazon)


★★★★☆ お浣腸されるのね、今日も, 2008/12/14
お尻とお浣腸が今日も活躍する藤堂作品である。

本作の特徴は、未亡人女医のヒロインに対して息子とその先輩、男が2人出てくることである。しかも前半は息子より先輩の登場シーンが多く、見方によっては寝取られである。息子が嫉妬しないので強烈な破壊力こそ無いが、先輩に迫られ翻弄される母は何とも艶めかしい。

そして、その後は矛先がお尻へ向かう藤堂作品定番の流れだが、先輩が以前から関係していた別の女性から指南を受けた息子が母のお尻開発と調教を行なう展開が特徴的である。

当初は拒絶しながらも次第にお尻を開発された母はその後変貌を遂げていく。特に別の女性とお尻で交わったことを知って一気に変わる。息子のためにとお尻に化粧まで施すに至っては、最初の頃の面影がほとんど見られず「お母さん、どうしちゃったの?」という変わり振りである。

自信を深めた息子も次第に魔少年化していき、旅行先の海にボートで繰り出して母達に浣腸、その直後に入水させて何だかとんでもないことをさせている。お魚さんに餌やりって……。大爆笑ではあるが局地的な環境破壊では?との懸念も湧く変なシーンである。

最後は全員揃っての乱交じみた情交を迎えるのだが、できれば息子も母も想いの方向性をもう少しはっきりさせてくれた方が良かったかなという気がした。息子のご執心はなんだか母ではないように思えるし、別の女性と交わる息子を見ても嫉妬しなくなった母も、かといって先輩の方が良いのかというと必ずしもそう言い切れない曖昧さが残るのである。こうした要素により読後感がいまいちすっきりしないのが少し残念である。やはり男が2人出てきてこういう展開になるのは、読み手としてはあまり好きではないということか。
『ママの美尻』のレビュー掲載元


作中の台詞を用いたレビュータイトルの「今日も」に掛けてレビュー本文の書き出しに同じく「今日も」を入れているのですが…………ええ、自己満足です。(^^;)タラッ

しかし、お魚さんに餌やりって……もぅね、アンタ達、海中で一体何やってんの!(笑)と叫ばずにいられませんねwww

8月に出た作品で海ですからタイムリーですけどね。(^^;)

レビューではお固く「局地的な環境破壊」とか婉曲的に記しましたけど、もぅ、ホントとんだ浣腸脱糞男女ですよ!www

こんな素敵に大爆笑なシチュエーションが飛び出してくるから藤堂作品はクセになりますw





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 藤堂慎太郎

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2