FC2ブログ

叔母と三人の熟夫人-いたずらな午後(著:楠木悠、フランス書院文庫)

2003/9/25 発売

叔母と三人の熟夫人-いたずらな午後

著:楠木悠フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「買いたいのは宝石じゃない。あなたよ……」
かすれ声で囁く人妻が、男のチャックをさげる。
剛直をしごく手つきは、優しく、そして激しい。
芳美、和代、美弥子……青年は誘われるまま、
熟夫人たちの濡壺を舐め、裏穴へ肉茎を埋める。
だが彼の想う女性はただ一人、叔母だった……。
(引用元:Amazon)


★★★★★ 官能と愛情のバランスに優れた作品, 2008/12/4
実に上手い。読了後の第一印象である。官能小説はファンタジーだと、非現実な煩悩世界を表現するファンタジーだと時折言われるが、ある意味本作こそ官能とドラマのファンタジーを実現しているのではなかろうか。

タイトルから判断すると叔母と併せて4人のヒロインに見えるが実は5人、考えようには6人にもなる。叔母の存在が本作の根幹を示しており、主人公の思慕の源である。

そして官能部分の多くは意欲旺盛な熟夫人達が務める。3人とも大変に貪欲で、変わった性癖の持ち主も2人いる。やや残念なのは、この2人の嗜好が程度の差こそ随分あるが同じ方向性にあること。被虐性である。

1人は主人公との営みにより見られる快感を得ていく。痴漢プレイを所望し、他の男にも触られてしまうが本人は記憶が飛ぶほどの愉悦を覚える。普段が凛としたクール美女なだけにそのギャップは凄まじい。もう1人は完全なM熟女。思いっきり引っ叩かれて悦んでしまう。この2人との情交は少々やり過ぎに思えた。

後半ではこの熟夫人3人入り乱れての盛大な4Pに突入するのだが、これで終わらないのが本作の贅沢なところ。そもそもこの熟夫人達に主人公をけしかけたのが叔母であり、主人公が想いを寄せていた人の妹だからである。

叔父の後妻に入ったのがその実妹という複雑な関係なのだが、容姿の似た妹叔母に主人公は姉叔母の姿を見て淡い思いを募らせ、妹叔母も熟夫人達の相手をする主人公に嫉妬の炎を燃やし始める。ここで姉の気持ちを理解して自分も同じ道を歩むことを決意するのだが、主人公と妹叔母との情交中に双方があるものを見て間違いに気付き諭されるという、実にファンタジーな展開がクライマックスに用意されているのである。

最後に気持ちを整理した主人公が下した決断は、少々寂しく切ないながらも正しい選択だと思う。絡まるドラマと濃密な官能がバランス良く配された見事な作品である。ちなみに本作は2003年のフランス書院文庫年間No.1ヒット作とのこと。
『叔母と三人の熟夫人-いたずらな午後』のレビュー掲載元


年間 No.1 ヒット……「黒本」2003年のベストセラーってことですね。

長編としては3作目ですしデビュー2年目ですから快挙というか偉業というか、なかなか凄い実績ですよね。



本作は叔母が顛末の仕掛人でもあるのですが、最後の最後で自分の首を絞めることになるんです……この嫉妬が堪らん!でしたわwww

しかも、この叔母には姉がいまして、これが主人公の真の想い人でもあるのですが、この扱いが実にファンタジー。

緻密に練られた作品だったな~と感じました。





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 楠木悠

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楠木悠「叔母と三人の熟夫人 いたずらな午後」

楠木悠「叔母と三人の熟夫人」 (フランス書院文庫、2003年9月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 作品紹介(公式ホームページ) 【あらすじ】 恋人がいながらも亡くなった叔母の清子の面影を探し結婚に踏み切れずにいた俊弘は、ある日清子の妹の涼子から宝飾店の上客の接客係のアルバイトをして欲しいと頼まれ、何故かその上客たちが自分を誘惑するのに違和感を...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2