FC2ブログ

処女高校教師・紀子(著:鳳春紀、フランス書院文庫)

1996/1/24 発売

処女高校教師・紀子

著:鳳春紀フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍>

新任高校教師・一条紀子が処女だったとは!!……
清純な美貌以上に清らかで麗しき恥肉が晒された!
震撼する22歳の裸身、抗う紀子に襲いかかる、
教え子、同僚教師……欲望に狂った肉塊が今、
狭隘な体内へ強引に、蜜にまみれて入っていく。
そして紀子は初体験で肉悦に奮えはじめた……。


★★★★☆ 生娘の変貌, 2008/12/2
タイトルの通り22歳の美人生娘教師が教え子、同僚教師、学校警備員に狙われる話。学校という閉鎖的な場所ならではの出会いと行いがふんだんに描かれていてなかなか官能的である。

前半はあと一歩のところまで迫られながら何とか切り抜ける展開。しかし身体は愉悦を覚え恍惚とした反応を見せるためにむしろ好き者と誤解される。後退りして壁などが背中に当たりこれ以上逃げられないという演出が何度かあり、その切迫した感じにそそられる。

その後も、特に同僚教師のしつこく強引な誘惑があり、階段の下でまさぐられたりするのだが、表向きは拒否しながらも実はその中途半端さに物足りなさも感じたりしている。

未体験ながら外堀だけはしっかり埋められているのだが、この辺りまでは生娘らしい、あまりに無知な言動もある。

そして初めては教え子によって突然もたらされる。まさか初めてとは知らない教え子の激しい責めに悲鳴をあげ続ける先生が痛々しい。

その後は同僚教師の誘いに嫌悪しながらも従ってタクシー内で交わされて大いに感じて我を忘れ、運転手さんにも自らお口で奉仕したり、図書室では教え子からの求めに応じたりしてどんどん墜落していく。そして、この秘められた淫らで被虐的な魔性を見抜いた同僚教師が尊大に振る舞い始め、校長室での警備員を交えたクライマックスへと繋がる。ただ、これが最後のシーンなのにやや淡泊に纏めた感があって残念である。

あと本作の根幹に関わる疑問というか違和感なのだが、先生の乱れ方あるいは堕ち方の落差が激し過ぎるように感じる。そもそもの抵抗や拒絶も弱いため貞操観念に乏しい印象を受けるのである。清楚な先生の変貌を描く意図は汲み取れたが、その匙加減がちょっと違うなぁと感じて乗り切れなかったところもある。
『処女高校教師・紀子』のレビュー掲載元


全18作を数える鳳作品の7作目にあたるのが本作です。

基本的には凌辱作品と呼んで差し支えないと思いますが、迫られ、責められる中に潜む女の性というか業みたいなものを描こうとしているのでしょう。それを、全く以て無知な生娘の段階から次第に堕ちていく変わりっぷりで描こうとしているのでしょう。

そんな気がしますデス、ええ。

確かに「初めて」を過ぎてしまえば、それが2回目であれ12回目であれ経験の豊富さという違いはあるにせよ「経験者」に変わりありませんからね。

まぁ、あれだ。初めてのれんをくぐった飲食店なら2回目以降は常連気分なのと一緒だ。(^^;)チガウカ?





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鳳春紀

コメント

非公開コメント

No title

面白かったけど、俊一がおっさんっぽい感じがちょっと。
25歳位ですね、話し方や精神年齢が。
童貞っぽくないし。
でもそれがまたいいんですが。
俊一が履いてる下着がビキニブリーフなのも時代ですね。

主人公の印象年齢

DSKです。
コメントありがとうございます。

イマドキの作品でも若々しくない(笑)言葉遣いの主人公は時折出てきますけど、いくら主人公を少年にしても、あまりに幼い印象が出ると、それはそれで作者の意図したイメージにならないのかもしれず、本作のような若干ダークな内容だとそれは特に大事なのかもしれませんね。

しかし、それでも「まるでおっさんじゃん!」と思わずツッコんでしまいたくなる場合もある訳でして。(^^;)

ヒロインが女教師だと生徒もセットで登場させることが大半ですが、同僚教師と教頭先生、あるいは用務員とかでプラス警備員といった学内の大人オンリーというのでもアリだったかもしれませんね。

大体において童貞と処女って、そんな初っ端から上手くいかないことの方が多いというか現実的ですからねぇ。(笑)

No title

改めて読んで、やっぱり俊一は大人びてると思うw
ヒロインと同い年か年上っぽい。
雰囲気が末期にロマンポルノっぽいのがいいですね!
しかし俊一のちんこってどの位なんだろう?

鳳作品の魅力

DSKです。
コメントありがとうございます。

何とも言えない雰囲気を醸す鳳作品ですから
いずれは全作をレビューしたいと思っています。

No title

今読むと俊一って、『800 TWO LAP RUNNERS』の中沢龍二を
彷彿とさせますね。
こっちの勝手な推測ですがw
妙に大人びてる、幼稚園児の父親っぽいところとか。

>あと本作の根幹に関わる疑問というか違和感なのだが、
>先生の乱れ方あるいは堕ち方の落差が激し過ぎるように感じる。
>そもそもの抵抗や拒絶も弱いため貞操観念に乏しい印象を受けるのである。
似た様な例として、睦月影郎の『淫行時間割・わいせつ母』の真佐子先生を思い出しますね。
おっさんが乗り移った小学生に処女を奪われる役なんですが、
あっちも似た様な感じですね。
元からオナニーしてるならまだしも。
どうせだったら妊娠まで行ったら面白かったかも?
Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2