FC2ブログ

青い罪-継母と義姉妹と僕(著:宮園貴志、フランス書院文庫)

2007/03/23 発売

青い罪-継母と義姉妹と僕

著:宮園貴志フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
【honto】の電子書籍はコチラ。
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

「オナニーがしたくなったら、私の部屋でしていいわ」
「初めてだけど......私もお義兄ちゃんにご奉仕したい」
セーラー服姿の義姉と義妹が、両隣りの寝室から挑発。
美しい継母までが「性の防波堤」と称して僕の寝室へ。
「青い娘たちより、私が年上の魅力を教えてあげます」
18歳、16歳、38歳......少年を悩ます三人の危険な同居人!
(引用元:Amazon)


★★★★★ ふうん、みんなエッチだったんだ, 2008/11/19
本作を一言で表せる言葉が2つある。「ほぼ最高」あるいは「ほぼ完璧」。残念ながら「ほぼ」。所々で作者お得意の変態志向が炸裂するのだが、これだけがどーしても性に合わなかったからである。これがOKな誘惑系愛読者諸兄なら完全に最高完璧作となろう。

義母とその娘2人との生活。義姉と義妹である。この3人がみんな主人公に想いを寄せている。そして、この3人の想いの寄せ方が、それぞれの性格を表している。

あくまでも母としながら男としても意識し始める義母、従属的な愛を求める義姉、素直に想いをぶつける義妹。プロローグでは自慰で思わず主人公の名を呼んでしまう義母。それを主人公が知ってしまう演出がいかにも作者らしく、また秀逸なため、この先の展開が楽しみでワクワクしてくる。もぅ死語だが「つかみはOK」なのである。

まずは、義姉との秘密の関係が始まるのだが最後の一線は越えない。焦らしているのである。しかし、その焦らしが裏目に出て義母に主人公の初めてを奪われ、義妹にも先を越される。

主人公を母として女として、最初は拒みながらも最後には受け入れる義母。主人公に初めてを捧げる無知で無垢な義妹。双方のシーンが、その心情も踏まえ丁寧に描かれている。対して、主に前半でメインを占める義姉とのシーンは、M属性があればその変態性も含めて大いに楽しめるだろうが、そうでない場合は若干読み劣りするかもしれない。クライマックスでは覚悟を決めた義母が大奮起して暴走する。このクライマックスに義姉が参加していなくて大変残念である。

あと、本作では全編に渡ってヒロイン達の健気で一途な想いが無節操な方向に溢れるシーンが多く大変笑わせて貰った。例えば『拓哉さん』と『翔太君』。これは人の名前と同時にあるモノの名前でもある。名付け親は義母。これらの登場シーンでは「お母さん何やってんの」と呆れるのを通り越して心置きなく大爆笑していただきたい。
『青い罪-継母と義姉妹と僕』のレビュー掲載元


2作目にして宮園作品の爆笑要素が炸裂しましたねw

もぅね、プロローグから大爆笑させてくれるんですよぉーーー!ww

でもって、ヒロイン達が相姦の禁忌なんて何のそのとばかりに主人公へ愛情光線バリバリでしてねwww

ホント楽しくいやらしい作品を読ませていただきました。(^^)



にゃらさんのブログで紹介されている本作の記事です。
宮園貴志「青い罪 継母と義姉妹と僕」 - 誘惑官能小説レビュー





ただ、『拓哉さん』と『翔太君』が何だったか思い出せない。(滝汗)

腹抱えて大笑いしたんだけどなぁ~。(^^;)





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 宮園貴志

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宮園貴志「青い罪 継母と義姉妹と僕」

宮園貴志「青い罪 継母と義姉妹と僕」 (フランス書院文庫、2007年3月、表紙イラスト:新井田孝) ネタバレ有り。御注意下さい。 2016年11月19日レビュー再編集。 作品紹介(公式ホームページ) 青い罪 継母と義姉妹と僕 (フランス書院文庫) [Kindle版]宮園 貴志フランス書院2012-08-17 【あらすじ】 父親の再婚で自分と1つずつ上下の...

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2