FC2ブログ

私は罪深な看護婦-義母二十八歳(著:鳴海英介、フランス書院文庫)

1999/9/24 発売

私は罪深な看護婦-義母二十八歳

著:鳴海英介フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

三年前、病院で出会った時から憧れていた青い性──。
義母の唇が、熱く漲った義子の肉塊を咥えこむ。
艶やかな太腿、美麗な乳房、豊潤な双臀をさらすと、
魅入られた少年の指が、蜜液に濡れる淫裂に触れる。
看護婦の聖職意識をも拭い去る罪深き倒錯痴戯は、
義母をさらなる淫の深淵へと堕としていった……。


★★★★☆ 女の魔性が漂う, 2008/11/4
ヒロインの看護師が見初めた主人公(当時12歳)の美男子をゲットするためだけにその父と結婚、義母となってから3年も待ちに待って15歳に成長した主人公を誘惑して自分好みの男に仕立てていく話。この義母は完全なる重度のショタコンと言える。

ほぼ全編にわたって義母の視点で描かれており、主人公を想い慕う描写が続く。そして、かねてより計画していた主人公を誘惑するくだりでは、自分が淫らではないか、主人公に嫌われはしないかと葛藤するのだが、主人公も義母を美しい女性と見ていたことが分かり心の中で狂喜乱舞するのである。

病院の手術室に始まり、関係を結んでからは自宅を中心に、昼夜なくまるでおサルさんのごとく交わるいやらしい描写が続く。初めはオドオドしていた主人公も次第に自信をつけ、義母が全てを受け止めることから要求もエスカレートしていく。野菜プレイもある。

そんな中で事件が発生、この母子の関係を知った主人公の友人(主人公をイジめていた)が、この関係をもとに義母を脅迫する。ここで、いわゆる寝取られ展開になるかと思いきや、さすがにここは義母。少年などに主導権は渡さないとばかりに友人を逆に翻弄し、自分のペット状態にしてしまう。まさに罪深な義母である。

主人公の要求を受け入れ被虐性を開花させながら、友人には女王様のごとく振舞い嗜虐性も開花させる二重生活を謳歌する義母。元より持っていた、主人公を誘惑する禁忌の魔性に加えて、偶然ながら手に入れた友人との関係で新たな背徳の魔性をも自覚していく。

しかし、この生活を主人公が知ってか知らずか自宅にこの友人を招き入れ、友人の前で義母のいやらしい本性を暴いてく。最後は友人も加わった盛大な3Pで幕を閉じるが、ここでもこの新たな関係を謳歌していこうとする前向き(?)な義母の心情が吐露されており、どこまで淫らな義母なのか、という結末である。主に男性向けの官能小説ながら女性の視点で描かれる異色の作品だが存分に楽しめる。
『私は罪深な看護婦-義母二十八歳』のレビュー掲載元


凌辱系から挑発系とも言うべき独自の世界を築いてきた鳴海作品がほぼ完成形と言える粋まで達したのが本作ではないでしょうか……次作にして一応の最終作たる『私は兄嫁…-貴和子・二十四歳の独白』が集大成だと思いますので、これに繋がる路線としての確立が見られたと思いますね。

だって、ヒロインの初期設定がどう見たって官能小説的でしょw

28歳にして義母で、まだ幼さの残る15歳の義息を溺愛して、自らのカラダで性を目覚めさせるなんて背徳この上ないじゃありませんかww

しかも、義息の友人に秘密を知られても籠絡して、今度は女王様然と振る舞う魔女っぷりwww

最後の3Pにしたって通常パターンの「男(主人公)1人+ヒロイン2人」ではありませんからね。

少年2人を従えて侍らせるような3Pですからね。

これら全てを義母の視点で描いていく世界にゾクゾクします。





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 鳴海英介

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2