FC2ブログ

熟母と家庭教師(著:新堂麗太、フランス書院文庫)

2003/03/23 発売

熟母と家庭教師

著:新堂麗太フランス書院文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

先生、初めてなら、私が“個人授業”してあげる。
家庭教師を性のレッスンに誘うのは、麗しき熟母。
美少女の純心を裏切る、あまりに甘美な母の口唇奉仕に、
処女では望めない熟女ならではの媚肉の締めつけに、
明彦は身も心も、青く猛々しい肉茎も、蕩かされていく。
妖艶な母と愛らしき美少女、二人が競う誘惑の逆教授。
(引用元:Amazon)


★★★★★ ねえ、どうすれば私はママに勝てる?, 2008/10/10
新堂作品を読破していないので断言出来ないが、もしかしたら最高傑作ではなかろうか。シチュエーションは異なるが後の作品『二人の同居人-新任女教師と女子高生』(2006年)の萌芽がある。デビューして4作目。脂ののった活きの良さと勢いを感じる。思えばかの LED ZEPPELIN も "Stairway To Heaven"(天国への階段)を擁する4枚目が傑作だった。そう、本作は読み手とそのムスコを天国へと誘う魅惑の階段なのである。

始まりは、家庭教師である主人公への、生徒である娘の母からのあまりにもベタで露骨な誘惑。ベタ過ぎて苦笑するほどだがその理由は後に判明する。関係を結んだ2人は、この理由により急速にのめり込むことになる。この前半の時点で早くも官能小説としては定番のキッチンでのシーンが登場。なかなかいやらしい。出し惜しみしない作者の意気込みに拍手である。

そして、母に対抗するように迫ってくる娘とも(母との約束を反古にして)結ばれる。新堂作品に共通して出てくるテーマに『嫉妬』があるが、後半はこの『嫉妬』が動きだす。

まず主人公と娘との関係を看破した母が嫉妬とプライドから主人公との関係終了を宣言。そして、このテの作品には珍しく長期海外出張だった夫が一時帰国する(セリフもある)。夫婦の営みを知って主人公が大いに嫉妬、母を激しく求める。これに答える母とのガレージでのシーンは本作の白眉。立位で交わる2人はまさに獣。ああ、いやらしい。

こうして関係が復活した2人の様子から全てを察して今度は娘が嫉妬、主人公に母のような色気を醸し出す方策を乞うのである。嫉妬が嫉妬を呼ぶ嫉妬の連鎖である。最後は主人公が娘に伝授したあるアイテムが意外な効果と結果を引き寄せ、母娘の和解とハッピーでハーレムな結末へと向かう。読後感はすこぶる良い。

起伏に富んだ展開と様々な要素、じっくり描かれたいやらしいエッチシーンなど、誘惑系の基本素材を主菜に豊かな副菜が彩られて価格据え置きの贅沢弁当のようである。
『熟母と家庭教師』のレビュー掲載元


レビューで例えた『読み手とそのムスコを天国へと誘う魅惑の階段』は我ながら上手く思いついたなと。(^^;)ジマン?

この作品をDSK的新堂麗太作品初期の傑作に位置付けているのは、物語としての「嫉妬の応酬」に捻りがあるからです。

ヒロイン同士が主人公を巡って嫉妬の応酬を繰り広げるのは他の新堂作品でも多く見られますが、本作では帰国した夫と義母との営みを知って主人公も嫉妬するんです。主だった登場人物がみんな嫉妬w

これにより物語にさらなるうねりが出来たことと、あぁ、やっぱり夫婦だから義母もダンナさんとイタすんだな~という官能面での淫猥度が強化されていることが大きいですね。

あらすじにある『妖艶な母と愛らしき美少女』も的を射てまして、キャラ設定も抜群でした。



にゃらさんのブログでも本作が紹介されています。
誘惑官能小説レビュー 新堂麗太「熟母と家庭教師」





どーでもいい余談ですが、日本で言う「レッド・ツェッペリン」は、大体において『レッド・ゼッペリン』と発音されるのが英語圏での標準ですw

最初の「レ」と最後の「リ」は『L』ですから舌を上の歯裏に付けて~ww



◆レビューに出てきた作品
a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3089052&pid=882491647&vc_url=http%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2FB00A2RUMHC%2F%3Ftag%3Dvc-22%26linkCode%3Dure" target="_blank" >
Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
ロック史に輝く不朽の名作「天国への階段」を収録した4作目。
ハードな側面と美麗な側面が絶妙なバランスを見せたアルバム。
ビルボード・アルバム・チャート最高位:2位(1971年作品)



作中とは何ら関係なく、レビューに関連してのご紹介で恐縮です。(^^;)

一般的には「4枚目」とか「Ⅳ」と呼ばれる名作中の名作ですが、本来は「タイトルなし」が正しいので敢えて記しませんでしたw





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : フランス書院文庫 新堂麗太

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2