FC2ブログ

叔母-もっと奥まで(著:深草潤一、マドンナメイト-R文庫)

2004/11/18 発売

叔母-もっと奥まで

著:深草潤一マドンナメイト-R文庫


Amazonはコチラから。
Kindle版はコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉
ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉
総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。

三年ぶりに再会した憧れの叔母が、高校生の直樹の目の前で、大腿の付け根を見せつけるようにお尻を蠢かしていた。その光景に心を奪われた彼は自室で自らを爆発させる。その直後、部屋を訪れた彼女にマッサージを頼まれ、そのまま熟れた女の体を触れているうちに少年の陰茎はまた…。


★★★★☆ 前半と後半で立場が逆転, 2008/10/6
シンプルなタイトルだが意外にも様々な要素が盛り込まれた作品だった。始まりは誘惑系の極めてオーソドックスなスタイル。童貞クンの主人公が叔母の手ほどきで「男」になるのだが、叔母が相姦に対して無頓着過ぎるところと手ほどきがやけに丁寧なところに違和感を感じた。後の伏線か。

その後も逢瀬を重ねていたが、ある日突然関係の打ち切りを宣言されてしまう主人公。その矛先を叔母の娘(従妹)に向ける。従妹の初めてをいただいた後も関係を続け、叔母から教わったテクニックで従妹を開発していき、主人公も自信を深めていく。

そして、ある出来事から主人公は叔母に大きな憤りと嫉妬を募らせていくのだが、ここで叔母の、相姦に対する無頓着の理由も判明する展開が上手い。

後半は打って変わって主人公が叔母を辱める展開に変わる。叔母が丁寧に教え込んだ、そのテクニックに自身が翻弄される展開が皮肉。それでも前出の出来事のために叔母は主人公を拒む。あれだけ積極的だった叔母の変化に、主人公だけでなく読み手も戸惑い苛立つ。そして主人公がある人の身代わりだったことを知るに至り叔母に失望を感じてしまうのがちょっと哀しい。主人公も自分の欝憤を晴らす方向で叔母を弄ぶので、後半の2人のやりとりには愛が感じられないのである。

最後は主人公と叔母との、とある取引で(主人公から見て)元の鞘に納まる形の結末を迎える。最後の最後で叔母が愉悦に降参して主人公の軍門に下ったのでなんとか溜飲は下がるのだが、結局叔母は快楽を与えてくれるのなら主人公じゃなくてもいいのか、という疑問が残るため読後感がイマイチすっきりしなくて残念。前半の主人公を誘惑している時の叔母がめちゃくちゃ魅惑的というか蠱惑的な艶めかしさに溢れていただけに、後半もそのままいって欲しかった。
『叔母-もっと奥まで』のレビュー掲載元


ヒジョーにDSK好みな表紙カバーイラストで印象的なのですが(^^;)、本作は「マドンナメイト-R文庫」という派生レーベル(?)から出されていまして、二見文庫からは数多く出ている深草作品としては唯一のマドンナメイト文庫作品でもあります(Kindle版では「マドンナメイト文庫」からとなっています)。

それにしても深草潤一先生の、展開の運び方の上手さはこの頃から光ってますね。

本作では幕の引き方に多少ながら申したいことを感じましたが、全体としては面白く拝読しました。(^^)



◆再販本
2016/1/26 発売

叔母-もっと奥まで(二見文庫)


Amazonはコチラから。
ハイブリッド書店【honto】はコチラ。
「わたしでいいのかしら?」
再会した憧れの叔母が大胆に迫ってきて──熟れ熟れ官能エンターテインメント!
三年ぶりに再会した憧れの叔母・佳世子。ところが、彼女は直樹の目の前で、大腿の付け根を見せつけるようにお尻を蠢かすのだった。その光景に心を奪われ、彼は自室で自らを爆発させるが、彼女にマッサージを頼まれて……。佳世子も、女体のこと、セックスのことを教え込みつつ、さらなる性の深淵へと……人気作家による傑作官能!



2016年1月に二見文庫より再販本が出ています。

それなりに加筆・修正もされているように思いますが、底本が電子書籍で出てますから、これはもぅ、二見文庫購買層への提供という形をとりながら同時に旧作を刷新していくといった作戦なのでしょうかね。





※各作品のあらすじはAmazonより引用。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : マドンナメイト文庫 マドンナメイト-R文庫 深草潤一

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

◆官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

◆青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

◆成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

◆AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

◇リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

◇トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2