FC2ブログ

秘された情欲(著:庵乃音人、竹書房ラブロマン文庫)


秘された情欲 (竹書房ラブロマン文庫)秘された情欲 (竹書房ラブロマン文庫)
(2013/02/05)
庵乃 音人

商品詳細を見る

★★★★☆ 羞恥方面に寄った誘惑SM調教ロマンチカ第3弾, 2013/6/11
庵乃音人×竹書房ラブロマン文庫のタッグで人気を博す「誘惑SM調教ロマンチカ」シリーズも、『やさしく躾けて』から『とろける兄嫁』を経て本作で第3弾となる。作品間に関連性は無いので、どの作品からでも読み始められるが、この路線で3作目との意識が書き手側にはあると思われる。そのためか、何となく予定調和のような雰囲気もほんの僅かだが展開に漂っているため、せっかく読むのであれば本作は3番目にされることをおすすめする。ただし、この「ほんの僅かな、何となく予定調和」にネガティヴな印象は無く、むしろ、シンプルなアプローチに留めることで、その後の官能面に力点を置いているようにも見受けられる。

哀しい過去によって自身を卑下する恋人の姉と出会い、その(心身共の)相性の良さから恋人との現状を曲げてまで姉のココロとカラダを救済し、自らに芽生えた真の想いを成就させようと奮闘する男の物語の中で、その救済方法が「羞恥」の調教となっている本作。数々の羞恥プレイが登場してくる。合体こそ主人公とのみだが、様々な場面では他の男にも嬲られる(嬲らせる)淫猥さで姉の羞恥を煽り、その改心を迫っていく流れが読み手にも迫ってくる。興奮度の高い官能描写が続くが、妹思いで過去にも執着する姉はある意味で手強いのである。

このシリーズではお馴染みとなった、過去に調教を施されたサブヒロインや、もちろん恋人も登場するが、これらの人間関係が基本的に全てズレているために引き起こされ、醸成されていく、ある種の満たされないモノを皆がそれぞれ抱えているところに何とも言えない悲哀が全編に漂っており、好みによっては酷い仕打ちを受け続ける報われないヒロインもいるように写るであろう。また、それを解決に導くのが優しい思いやりと愛情というのも、これはこれで良くも悪くも都合の良い男の論理なのかな?とも思ってみたり。特に今回は主人公の恋慕の矛先が途中から変わるため、余計にそう感じたのかもしれない。
掲載元
------------------------------

庵乃先生の誘惑SM調教ロマンチカシリーズ第3弾。

DSKは調教ラヴストーリーと勝手に命名しています。(^^;)

……「カンチ~」とか叫ぶヒロインは出てきませんがw

竹書房ラブロマン文庫 庵乃音人
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 竹書房ラブロマン文庫 庵乃音人

コメントの投稿

非公開コメント

Send to Twitter and Facebook
プロフィール

官能レビュアーDSK

Author:官能レビュアーDSK
Amazonその他の書籍サイトで男の、というか男なら!という肉欲煩悩中枢刺激ジャンルに特化した、裏街道という名のスキマに徹する変わり者レビュアーDSKです。

官能小説
メニュー欄では発売年別にカテゴライズしています。作家別ご覧いただく際は最上段記事の索引より検索できます。

青年コミック
一部に桃色成分の高い一般コミックを含んでいます。また、複数巻となるシリーズ物は1つの記事に纏めています。

成年コミック
多岐に渡るジャンルに対してDSKの好みに偏ったセレクトかもしれません。(汗)

AV
主だった同一タイトル(シリーズ物)を1つの記事に纏めています。

リンク
リンク大歓迎です。(^^)
どこか適当な記事にコメントでご連絡していただけると当方からもリンクさせていただきます。※内容によってはご遠慮願う場合もあります。

トラックバック
TB大歓迎です。(^^)
当方からも「トラックバックの返信」をさせていただく場合があります。その際は何卒よろしくお願い申し上げます。※内容によっては拒否する場合もあります。

ブログ内検索
Amazon検索
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Thanks for coming!!
合計の閲覧者数:

現在の閲覧者数:
Twitter
ブクレポ
Public Relations 1





FC2コンテンツマーケット
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
Public Relations 2